■アルファコンチネンタルエクスプレス
TrainBannerForum '17/1/1 UP
dmc59-1x4_1.gif
■[10963]JNR ALPHA CONTINENTAL EXPRESS vol.1
■[10962]JNR ALPHA CONTINENTAL EXPRESS vol.2
■[10961]JNR ALPHA CONTINENTAL EXPRESS vol.3
半年ぶりにTB描きました。(汗
アルコン…個人的には図鑑で見た程度、フラノEXPと同じく正面がちな写真程度しか知識がなかったものの、タネ車の雰囲気など微塵も感じさせない風貌は凄まじく、ゴールドラインをあしらった角ばったフロントデザインに丸目のランプ、そしてハイデッキ展望の窓には6基のワイパーがズラリと並ぶという…色々と衝撃的です。その図鑑でさえ古本屋で入手したものであり、図鑑入手当時で既に実物は引退済みだったのでした。
実車は国鉄時代末期の'85年に登場しています。冬季のリゾート客を輸送するのにホテルが列車を借り切って運転していたもの。だからホテル名が入った列車名「アルファコンチネンタルエクスプレス」なのです。ホテル名義なのは冬季のみで、夏になると違うスポンサーを掲げて運転されていたそうです。
登場当時は3連、増結用に色だけ塗り替えたキロ26-202が用意されましたが、客室設備の違いからあまり芳しくなく、利用客が増えると増結4連が状態化したため、新たにキハ59-101が追加され、それでもキロ26-202を含んだ5連による運転、更にはキハ56をもう1両繋いだ6連にまで発展していた例もあった様子。この好評っぷりが、フラノEXPやトマムサホロEXPへと発展していくキッカケにもなっていたワケです。
その後スキー客はブームが去って減少傾向になり、'90年代頃には4連での運用に落ち着いていきます。増結車は最初の僅かな期間だけだったようで、関連情報は極端に少ないです…。
タネ車は急行形キハ56系、フラノEXP等は元特急形であり、比べれば最高速度が若干劣る上、足回りもコイルバネで乗り心地でも劣るものです。高速化するダイヤに於いてネックになり始め、またタネ車時代からの経年による老朽化もあって、'95年に引退となっています。
 
dmc59-1_1.gif
キハ59-1,2はキハ56をタネ車に大変身。前面のハイデッキ展望窓部分は苗穂工場の自信作。続くゆうトピア和倉やゴールデンExpアストル等も同デザインを取り入れており、苗穂工場が監修しているんだそうで。
車体のロゴは後述するキロ26-202とキハ59-2が「SAHORO」、他は「TOMAMU」だったみたいです。夏季には「リゾートExp」等に差し替えられていました。絵は登場初期の、連結器カバーが取り付けられる以前をイメージしています。
 
dm29-1_1.gif
キハ29-1はキロ26をタネ車にしています。キハ59にも冷房を搭載することから発電セットは自車分の4DQから4VKへと載せ替えていますが、北海道向けキハ56系一族では初めての4VK搭載車だったとか。(普通車は全て非冷房だったため、電源供給の必要が無い。) 登場時はこの3両がレギュラーです。
 
dm59-101_1.gif
キハ59-101は2エンジン車であるキハ56から改造していますが、冷房電源をキハ29-1の4VKから受電するには過負荷であり、床上に廃車発生品の4DQを載せて自車分の電源を調達しています。元は運転台側の車体を切り継いで半分機械室としており、機械室側にはルーバーが並びます。
 
dms26-202_1.gif
キロ26-202は先述の通り単なる色違いで済まされていますが、当然コイツは4DQにより冷房電源を自分で調達しています。ロゴは鮮明に映ってるものがなく、写真から推測するに「SAHORO」かなぁと。窓割りは割り切れなかったので、かなり中央に寄っていますが…。(汗
 
dmc56-213_1.gif
キハ56-213は苦肉の増結車という感じで、非冷房、車内もボクスシートのままです。残念ながらコイツがアルコン編成として運用している写真はweb上には見つけられませんでした。ちなみに、上記5両に加えて急行色のキハ56-200番代が編成されている写真はありました。TBでは非冷房のキハ58-1100で代用してネ。→■[4534]
 
…本来、北海道向けキハ56系は2重窓で、本州以南向けキハ58系等に比べると窓サイズが一回り小さいのですが、TBに於ける0.4px分くらいかと。1px小さくするとオーバーな気がするので、バランス優先でサイズ差を再現しないことにしています。
続き
2017/01/01 05:30 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■忘れる前に
ココのところ調子が悪くて何事も叶いません。
歯が痛いのです。医者が信用ならんのです。
患者の痛みは不安で構成されます。
医学的根拠の治療じゃなくて、
患者の痛みを取ってほしくて医者に掛かるんですけど、
何で解ってくれないんですかね。
 
…話を変えます。
歯医者の帰りに、珍しく電車に乗ったもので、寄り道して飯能まで行ってきました。
SN3V3788-.png
あの花に出てきたというベンチ。ほほう。
一体何年前の話だよ、とも思いましたが、
観光資源としては未だに現役なご様子。
SN3V3789-.png
此処に来ると、サインこそ変われど、秩父へゆく電車はmokoが初めて目にしたあの頃と何も変わっていないのです。電車が到着すれば非常制動の排気音がけたたましく鳴り響き、クーラーの重低音も、車内の鬱蒼としたような独特の臭いも、昔と何も変わらないのです。
時間は確実に流れている筈なのに、時折自分がいつの時代に居るのか判らなくなる程に。
 
しかし、時間は有限であり、mokoの希望の是非も問わずに、勝手にこの手からも絶えず流れ落ちてゆくのです。
後何度、後何度。後何度…
 
いろいろ考えて辛くなって、今日も夜が明けます。
SN3V3802-.png
2016/10/23 03:53 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■生存報告
更新が滞りました。ツイッタに魂が持って行かれています。
tarumi-haimo180-UV-A03-EDITs.png
■Pixivで見る
▲ニコニ立体で見る
●BOOTSで買う(¥500)
 
コレ最近の新作デス。樽見ハイモ180。この夏は樽見が熱い?
(気温の話ではないぞ…実際大垣は今月初旬頃には猛暑だったみたいですが・汗)
今夏は電車でGOが約10年ぶりにゲーセンに帰ってくる!なんて話題(情報発表だけで稼働は来年以降)もありまして、まぁソレもほぼ関係ないのですが、TB3Dシリーズ通しても最も室内を作り込んでいます。吊革とか運賃箱とか。ただ、一部は再現を見送って違う形状で済ましたりしてます。
電車でGOの影響があるとすれば、全体的に簡単に済ます予定だったものを車体の解像度を2倍化、窓が大きいぶん見えてしまう室内のパーツ作りこみ増加といったところです。(感化されまくっとるww)いやぁ、新電GOのスクショは漸くハイスペックな時代を取り入れたスゴイ出来だったもので(相変わらずバランスが何処か悪いが。)前時代的表現方法しか無いけどmokoも頑張ってみようかと思ったんですよ。3Dは久々なのでリハビリのつもりでしたが、作り終わったら何だか燃え尽きてしまってマス…意味ねぇ。
実車の解説はもう何度も繰り返していますので、過去記事(■1■2)を参照くだされ。
同じLE-Carの成れの果てであるキテツ1を作ろうかと思ってたんですが、共通点が在るようで無いので結構面倒でした。カタチが同じ有田ハイモは色違いとしてならテクスチャを弄れば済むのですが、車番見てもらえば分かる通り200番台=ロングシート車なのです。一方有田に譲渡されたのはクロスシートの100番台なので、そういうのを抜きにしてしまえば楽なんですが、コチラも何だかなぁという感じです。続編は気が向いたらやります。
 
データは有料ダウンロードとします。500円に見合う内容か?と言われると…そういう意見は御尤もなんですが、
カンパということで、買ってやってもいいぞという人は是非…。
2016/08/19 05:08 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D規格の送電鉄塔
TB3D特別企画として、送電鉄塔を作りましたゾ。
まぁ、前回2D化してあったワケですから、自然な流れ(?)ですかね。
 
水野線旧29号
Tower-Mizuno29-.jpg
Pixivで見る
ニコニ立体で見る

水野線旧30号
Tower-Mizuno30-.jpg
Pixivで見る
ニコニ立体で見る

蘊蓄は前回を参照。データがほしい人は日向車両(仮本家)のTB3Dページの一番下からGetしてね。
3D化に際してはディテールの省略や、そもそもテクスチャ解像度が低い=ドット感が強いため「実感的」とは対局にあるのは毎度のことですが、メタセコなりニコニ立体では、作業者や巡視員でない限りは普段見上げるだけの鉄塔を、全く別の視線から観察できるのでちょっと愉しいかもしれません。
 
…あぁ、間違っても実物を同じように観察しようなんて思わないように(笑)
非常に危ないので無闇に近づいてはいけません。高電圧ゆえ、触らなくても感電するので。
2016/07/19 21:19 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB縮尺の送電鉄塔
何を思ったか、ほぼTrainBanner縮尺の送電鉄塔です。(厳密には極僅かに小さくしています。)
最初は何の気なしに、特にモデルも設定せずにテキトーに描いた角錐2回線鉄塔が、意外と様になってるじゃん…と自画自賛。調子に乗って紅白鉄塔(グレースケールからRGB度合い調整という暴挙)、更にドラキュラタイプと描いてみたものの、折角なら実在する鉄塔をスケールモノとして描いてみたいねぇ、なんて思いつつ、過去に撮った写真を参考にして、mokoにとって鉄塔興味の原点で思い入れのある水野線の旧鉄塔を描いてしまった、という訳です。
 
以下、実物との対比。
 
 mizuno29.jpg mizuno29a.jpg
水野線旧29号(23m・147px・昭和43.1)
所謂ミニドラキュラ型と言われるものです。1、2段目の腕金に装架されていた導線を3段目腕金にジャンパ線で降ろして、上流の縦並びから下流は横並びに変換しています。自衛隊入間基地アプローチコースの関係で30m程しかない狭山線をアンダーパスしており、下をくぐる水野線の導線はかなりの低空を走っていたのでした。そのため、「昆虫採集時 送電線注意」という珍しい(らしい)看板が付いていました。
■参考:http://members2.jcom.home.ne.jp/tettou-mama/page079.html(ページ中盤)
特に意識せずとも、moko家のスグ前に突っ立っていたもので、見ながら育ったと言って過言ではないです。ほぼ直上を電線が通っていたせいもあってか、ラジオやテレビの電波の入りが極端に悪かったのでした。
 
 mizuno30.jpg mizuno30a.jpg
水野線旧30号(25m・161px・昭和43.1)
丘を降りた先にある、29号と対を成していたドラキュラ型鉄塔。高低差が大きいのでダイナミックな佇まいです。路地の奥に鎮座しており、季節によっては夕刻の光線が真正面に当たり、すごく幻想的だったのですよネ…。
mokoが鉄塔にのめり込んだキッカケがこの鉄塔でした。
 
 mizuno35.jpg mizuno34.jpg
水野線旧35号(15m・97px・昭和43.1)
2回線ながら腕金が2段しかないドナウ型と呼ばれるスタイルの鉄塔です。意識して撮影した最初の鉄塔でした。高さは15mしかなく、実物を見上げると腕金が眼前に迫っていて、迫力というよりも感電の恐怖を覚えるレベルです。何故そんなに低いのかといえば、自衛隊入間基地のアプローチコースの真下にあり、滑走路も目前(1km手前)に迫る位置にあり、飛行機が低く飛んでゆくためです。流石に鉄塔スレスレを飛んで行くということではありませんが、完全真下となる34号(写真右)の前後に低いドナウ型が茶畑の中に連なっており、水野線の名物風景の1つとされているようです。
 
…説明が過去形なので判ると思いますが、これらは全て建て替えられてしまって現存しません。現30号は基礎及び角錐部分は旧鉄塔の流用ですが腕金は新調されて原型を留めません。また、どれも淡い水色に塗装されていました。
不思議なタイミングで、mokoが鉄塔に興味を覚えた年の冬頃から撤去及び建て替えが始まったもので、旧鉄塔をギリギリで拝めたのでした。欲を言えば、もう少し色々観察しておきたかったですがネ。
 
キミ達が想い出になる前に、ただもう一度、会いたかった。
TBで過去の時代への再会を果たせるなら、それは多分、少しだけ幸せなコトです。
2016/06/28 18:16 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑