■(TB3D)AlphaContinentalExpress
アルコン6R
■Download
本当はTB描いた翌々日にモックアップ着手、そんで翌々月くらいには3D画像は世に放っていたのですけども。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=61872565
その時点では4連、キロ26迄は仕上げてありましたが、キハ56タイプが一向に作る気になれずに放置していました。臨時増結6両分が出来たら公開しようと思っていたので、こんなイミングです。地味に旧作キハ58とは足回りと連結器くらいしか共通点はなく、完全に別物です。
あくまで、TBをベースに3D化するとこんな感じ、という強烈デフォルメなので、実物との差なんて知らぬ。例によって似顔絵の世界です。解像度はTB等倍ですが、灯具やヘッドサインは解像度が低いと顔にならないので、メリハリはつけているつもりです。また、各車連結器下にはブレーキホース等表現をアルファチャネルで透過して表現しました。コレこそ解像度低めですが(TB2倍相当)テクスチャに余裕が無いので妥協且つ作風維持も兼ねています。ポリゴン数は概ね先頭車△4000弱~中間車△3000ほど。実は台車周りだけで△2500超なんですけどね。(笑
 
今回は6両セットでアーカイブしています。オブジェクトファイルとテクスチャファイル名はリンクしています。テクスチャはTGAファイルです。GinpなりPictBearなりで開けばPngやBitmapに変換することも可能です。
 
AlphaContinentalExpress6R_S.jpg
…結局、キハ56-213が増結された6連の情報にはありつけなかったので、キハ56増結6連は国鉄色の増結編成を参考に繋げてレンダリングしてます。基本的に車両向き、連結位置はあまり変わっておらず、5連はキハ56を抜き、4連ではキハ56、キロ26を抜くか、キハ59-100登場前の増結4連でもキロ26の連結位置は同じ側になります。この画像でテールランプを灯してるのはキハ59-2です。
 
以下、'17/7/6追記。
RF誌'87年5月号にキハ56-213登場に関する投稿記事が載っとりました。
写真では当該車にフォーカスしすぎて前後の車両は殆ど写っていないものの、運転台側の連結相手はデッキステップ跡が残存するキハ29-1であることは判別できました。後位側の連結相手とはデッキ扉が向かい合ってる事以外は判別不可能ですが、まぁキロ26-202を差し置いてキハ56を増結するとは考え難いので、おそらくキロ26と連結してると考えられます。つまり、上に示した編成例で正解なんじゃないかなーと。結局、全体像を垣間見れる写真には出会えていないので、推測の域を未だに出ていないのですけどね。
ちなみに、記事には'87年1月初旬に苗穂にて塗り替えられたとありました。また、この車両はエンブレムの掲出を行っていなかったようです。(キロ26は「サホロ」エンブレムを掲出することがあった様子。)
2017/06/17 13:31 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < HANAVI '17 | H o m e | 超虹 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック