■忘れる前に
ココのところ調子が悪くて何事も叶いません。
歯が痛いのです。医者が信用ならんのです。
患者の痛みは不安で構成されます。
医学的根拠の治療じゃなくて、
患者の痛みを取ってほしくて医者に掛かるんですけど、
何で解ってくれないんですかね。
 
…話を変えます。
歯医者の帰りに、珍しく電車に乗ったもので、寄り道して飯能まで行ってきました。
SN3V3788-.png
あの花に出てきたというベンチ。ほほう。
一体何年前の話だよ、とも思いましたが、
観光資源としては未だに現役なご様子。
SN3V3789-.png
此処に来ると、サインこそ変われど、秩父へゆく電車はmokoが初めて目にしたあの頃と何も変わっていないのです。電車が到着すれば非常制動の排気音がけたたましく鳴り響き、クーラーの重低音も、車内の鬱蒼としたような独特の臭いも、昔と何も変わらないのです。
時間は確実に流れている筈なのに、時折自分がいつの時代に居るのか判らなくなる程に。
 
しかし、時間は有限であり、mokoの希望の是非も問わずに、勝手にこの手からも絶えず流れ落ちてゆくのです。
後何度、後何度。後何度…
 
いろいろ考えて辛くなって、今日も夜が明けます。
SN3V3802-.png
2016/10/23 03:53 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < アルファコンチネンタルエクスプレス | H o m e | 生存報告 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック