■TB縮尺の送電鉄塔
何を思ったか、ほぼTrainBanner縮尺の送電鉄塔です。(厳密には極僅かに小さくしています。)
最初は何の気なしに、特にモデルも設定せずにテキトーに描いた角錐2回線鉄塔が、意外と様になってるじゃん…と自画自賛。調子に乗って紅白鉄塔(グレースケールからRGB度合い調整という暴挙)、更にドラキュラタイプと描いてみたものの、折角なら実在する鉄塔をスケールモノとして描いてみたいねぇ、なんて思いつつ、過去に撮った写真を参考にして、mokoにとって鉄塔興味の原点で思い入れのある水野線の旧鉄塔を描いてしまった、という訳です。
 
以下、実物との対比。
 
 mizuno29.jpg mizuno29a.jpg
水野線旧29号(23m・147px・昭和43.1)
所謂ミニドラキュラ型と言われるものです。1、2段目の腕金に装架されていた導線を3段目腕金にジャンパ線で降ろして、上流の縦並びから下流は横並びに変換しています。自衛隊入間基地アプローチコースの関係で30m程しかない狭山線をアンダーパスしており、下をくぐる水野線の導線はかなりの低空を走っていたのでした。そのため、「昆虫採集時 送電線注意」という珍しい(らしい)看板が付いていました。
■参考:http://members2.jcom.home.ne.jp/tettou-mama/page079.html(ページ中盤)
特に意識せずとも、moko家のスグ前に突っ立っていたもので、見ながら育ったと言って過言ではないです。ほぼ直上を電線が通っていたせいもあってか、ラジオやテレビの電波の入りが極端に悪かったのでした。
 
 mizuno30.jpg mizuno30a.jpg
水野線旧30号(25m・161px・昭和43.1)
丘を降りた先にある、29号と対を成していたドラキュラ型鉄塔。高低差が大きいのでダイナミックな佇まいです。路地の奥に鎮座しており、季節によっては夕刻の光線が真正面に当たり、すごく幻想的だったのですよネ…。
mokoが鉄塔にのめり込んだキッカケがこの鉄塔でした。
 
 mizuno35.jpg mizuno34.jpg
水野線旧35号(15m・97px・昭和43.1)
2回線ながら腕金が2段しかないドナウ型と呼ばれるスタイルの鉄塔です。意識して撮影した最初の鉄塔でした。高さは15mしかなく、実物を見上げると腕金が眼前に迫っていて、迫力というよりも感電の恐怖を覚えるレベルです。何故そんなに低いのかといえば、自衛隊入間基地のアプローチコースの真下にあり、滑走路も目前(1km手前)に迫る位置にあり、飛行機が低く飛んでゆくためです。流石に鉄塔スレスレを飛んで行くということではありませんが、完全真下となる34号(写真右)の前後に低いドナウ型が茶畑の中に連なっており、水野線の名物風景の1つとされているようです。
 
…説明が過去形なので判ると思いますが、これらは全て建て替えられてしまって現存しません。現30号は基礎及び角錐部分は旧鉄塔の流用ですが腕金は新調されて原型を留めません。また、どれも淡い水色に塗装されていました。
不思議なタイミングで、mokoが鉄塔に興味を覚えた年の冬頃から撤去及び建て替えが始まったもので、旧鉄塔をギリギリで拝めたのでした。欲を言えば、もう少し色々観察しておきたかったですがネ。
 
キミ達が想い出になる前に、ただもう一度、会いたかった。
TBで過去の時代への再会を果たせるなら、それは多分、少しだけ幸せなコトです。
2016/06/28 18:16 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < TB3D規格の送電鉄塔 | H o m e | キハ40系 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック