■ハイスピード・モーターカー
TrainBannerForum '16/5/13 UP
何だか腰の重たさが定例化してしまってるかの如く、まぁソレは冗談ですが、今回も約1年掛かりの難産でした。
大体いつも、攻略方法を探してる時間が長くて、見つけたら一気に進むんですけどねぇ。
 
 (←神海・樽見 / 大垣→)
■[6000]樽見鉄道 ハイモ180
国鉄末期の赤字ローカル線切りによって放棄された路線を継承した三セク鉄道は、三陸鉄道を皮切りに相次いで開業しました。国鉄樽見線を引き継いだ樽見鉄道では、富士重工製の新型レールバスLE-CarIIを開業時に導入しています。形式名「ハイモ180」…何だか芋っぽい名前ですが、ハイスピード・ーターカーの略にエンジン出力をあわせたものです。バス部品の多様、車体長12mにも及ぶ割に2軸構造という、原初レールバスのイズムを汲んでいますが、所謂台枠に直接くっついてる「単台車」ではなく、独立した1軸台車を軸バネ(軸梁式+緩衝ゴム)、枕バネ(空気バネ)によって支持する構造とした上で、更に牽引リンクにL字クランクを介して台車の旋回を許容、レール横圧を軽減することで2軸車としては長い軸距を実現しており、乗り心地も改善されていたようです。
クロスシートのハイモ180-101、ロングシートのハイモ180-201、202が導入されましたが、結局は輸送力が足りず、絶えず重連運転となっては不経済と判断されたため、その後の増備は一回り大きなボギー車に切り替わっています。
 
 (←神海・樽見 / 大垣→)
■[5791]樽見鉄道 オハフ500
元々国鉄時代から樽見線本巣のセメント工場までは貨物列車の往来があり、樽見鉄道移行後は大垣~本巣間に乗り入れてくる貨物列車は樽見鉄道の管轄となり、牽引機として国鉄DE10と同型機を所有していました。ハイモ180の輸送力ではラッシュ時間帯の乗客を捌けないため、機関車の運用間合いを利用する形で客車列車が用意されていたのでした…開業直後は、とりあえずの急拵えといった感じで、旧客オハフ33の後期型(キノコ折妻)をベースに、ハイモ180と同じスカイブルーに側面中央でTモチーフとなる紅白ラインをあしらった派手な外観に大変身。何気にベンチレータもスカイブルー色に塗り分けられていました。(絵では判り難いですね…。)
車掌室を両端に向けて、大垣方からオハフ501(原型扉)+オハフ502(Hゴム扉)という編成が組まれていたようです。
尚、樽見版の機関車は描いてないので国鉄DE10で代用してネ。コチラも末期こそ派手な専用カラーリングが増えたものの、開業時はキャブ横の白帯が消えて社紋が入った程度で、殆ど国鉄機と変わらない出で立ちでしたので。
 
  (←藤並 / 金屋口→)
■[5974]有田鉄道 ハイモ180 キハ58003
先述の通り、樽見鉄道では輸送力不足で持て余していたハイモ180ですが、そのうちクロスシートのハイモ180-101は有田鉄道に譲渡されました。塗り分けパターンが樽見鉄道時代と同じなので、色違いの兄弟車みたいな雰囲気です。
元々有田鉄道は三セクではないものの所謂地方の小私鉄であり、元富士急行キハ58系を譲受して細々と走っていました。ハイモ180が来る頃には片運転台の001,002はとっくに廃車されており、両運転台の003が片方のエンジンを撤去した上で行ったり来たり。ハイモ180譲受後はキハ58003は予備車として残っていましたが、まるで放置廃車の如く錆び々々な外観は、個人的にはかなりインパクトを受けました。(実物を見たワケではない。) よって、絵でもシンガフィニッシュ風として、グラデーションで錆汚れを表現していますが、色数増加を避けて画一的(手抜き)にしてしまったので、何だかイマイチですね(汗) 実車はもっと棘々しい感じだったのですけど。
藤並~金屋口間、駅数も少なく距離も短く、線路も駅も草生してディープな雰囲気を漂わせていたようですが、最終的には'02年末で廃止になったそうです。
ちなみにキハ58003には「まるみちゃん」という愛称があったようですが、一見可愛いように見せかけて、ネーミングの由来は車番の003からだそうで。
 
 - * - * - * - * - * - * - * - * -
  
ハイモ180の存在を知ったのはNゲージがキッカケでした…と言っても初代の完成品(樽見ハイモ等)ではなくて、未塗装キット形式となった有田ハイモの方です。カタログの挿絵だったか、キロポスト紹介部分に載っていた、金屋口風?のジオラマがとても印象的で、可愛いレールバスと背後の車庫内で朽ちているキハ58という構図が完全に刷り込まれてしまったのでした。
img20150806_008-.jpg
当時、キット版は入手できなかったのですが、(入手しても上手く作れなかったと思います。) 完成品だった頃の樽見鉄道ハイモ180を中古で入手できました。(写真はT車。) 動力ユニットの手入れは少し難しいですが、小さい割にとてもよく走る車両です。以前にも似たようなことを書いてますが…。
実物は樽見鉄道では完全に引退、有田鉄道はそもそも廃止ですが、廃線跡利用の鉄道公園でキハ58003と共にピカピカに化粧直しされて動態保存、同型のレールバスとしては北条鉄道フラワ1985→紀州鉄道キテツ型が唯一残るのみで、完全に風前の灯です。元々鉄道車両にしては耐年数が低く設計されていて(ゆえに車重が軽かったり初期投資が安かったりしていたのですが)登場から30年を超えて、最早老朽化も待ったなしというワケです。考えて見れば、同年代製と思わしき古いタイプのバスなんて、もう見かけることは滅多に無いですからネ。
とはいえ、そのフォルムからインパクトも大きく、2軸動力で急曲線にも割と強いので、模型としてはこの上なく重宝できそうなのですけど、CタイプDL同様、再販すればいいのにねぇ、Tomixさん。
 
おまけ:有田ハイモ180シンガフィニッシュver. (TBF未公開)
 
キハ58程ではないにしろ、現役末期の頃のハイモ180もそこそこ汚れてクタビレた雰囲気だったように思うので、グラデーションにて汚し表現を入れてみました。元の色が明るいので、こっちの方が落ち着いて見える・・・かな?
2016/05/13 17:15 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < コキ祭りじゃー。 | H o m e | 12系&14系座席車 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック