■診断メーカー
いや、実はこの3ヶ月ほどツイッタに魂を持っていかれつつあるもんでコッチが疎かになってたワケですが、ツイッタで未だにやや流行ってる「診断メーカー」を利用してちょっとしたネタをシコシコと仕込んでいました。
 

意味もなく貨物列車が通りますよっと。
 
診断メーカーというのは、名前欄に打ち込まれた文字列に反応して結果を示す面白系アプリであり、作り手側が予め用意した選択肢をランダムに並べてヘンテコな文章を作ったりして笑いを誘っているものです。
当初、診断結果は文字のみでしたが、何時頃からなのか正確には知らんのですが、反応を見るからに機能実装から間もないようですが、近頃は診断結果に画像を埋め込むことが可能になったようで。
かく言うmokoもドット絵ガチャうにガチャを見てから画像対応してることに気づいたもので。
で、それを見てたら「TBでも似たようなの出来んじゃね?」と思い立って、よく見る「連ガチャ」スタイルとして作ったのが1作目E233系5連続ガチャでした。要はパクリです(笑
mokoが把握してる範囲で、画像の仕様は大雑把に述べると、
 1、画像は5個まで埋込できる。2個まではオリジナル状態を保つが、3個以上は画像を並べて1枚のJPEG画像に合成する。
 2、各画像の解像度に差がある場合、1枚目の画像サイズが適用される。
→縦並びの場合、車体長方向のサイズが1両目の長さで適応されるので、車体長が違う車両では伸縮された上で合成されていました。
 3、合成後の画像の上限は899pxで超過すると縮小。大幅に上限を超える場合は途中で処理を投げるっぽい。
と言った感じです。
画像のサイズ違いに関しては、大きい方に合わせて小さい方は余白を追加して対処しています。とってもアナログですけど、これ以外に方法はないでしょう…。
画像の並び方向は縦と横が選べるので、2作目(貨物列車版)以降では画像を横並びとして、診断結果ではあたかも編成を組んだような表示としています。画像の上限が5個なので機関車含めた5両編成とボリュームには欠けるんですが、如何にもNゲージの基本セットみたいで可愛い…と、一部にはヤヤウケして頂いてた様子です。
 
まぁ、そんなワケで。
TrainBanner 5連続ガチャ E233系ver.
TrainBanner 5連ガチャ 貨物列車ver.
TrainBanner 5連ガチャ キハ58系ver.
TrainBanner 5連ガチャ 20系寝台ver.
TrainBanner 5連ガチャ キハ80系ver.
 
お暇な時にでも遊んでみてください。ツイッタユーザじゃなくても参加は可能です。
(ツイッタと提携して診断結果をボタン2つで呟ける、という程度のアドバンテージでしかありません。)
ガチャと言ってもただ回すごとに結果が毎回違うのではなく、名前欄の文字列を毎回変える必要はありますが、名前に限らず毎回ユニークなワードを適当に打ち込み続ければ無限にガチャを回すことが出来ますぞ。
 
まぁ、IDの桁数から察するに、生まれては飽きられ退れの繰り返しなのだろうなぁと思うので、一過性でもいいですヨ。
以下、ネタバレ含む解説。(これからチャレンジする人は見ないでね。)
E233系5連続ガチャ(Not編成)では、E233系先頭車8種類に加えてレアキャラをいくつか加えているんですが、追加に次ぐ追加で結局レアキャラ(R、SR、UR)を合計した数がレギュラーであるE233系よりも多くなってしまうという本末転倒状態に。
全長違いの問題に気づいたのはレアキャラに901系とE331系を選んだ辺りからでしたが、余白追加の際に2倍に拡大して見栄えを向上させてみました。
ちなみに、5列あるスロットの内、1・2行目はE233系8種だけが出ます。(E233系はレギュラーですから、全スロットで出ます。)3行目以降でレア車がテーブルに追加されています。SR(スーパーレア)は4行目以降、UR(ウルトラレア)は4行目だけに出ます。まぁ、実は出現率を絞ってるように見えてレア系の出現率が高いので、むしろ全5行ともE233系で揃う方が稀かもしれません。尚、1度の結果ではカブりは発生しません。全行同じものになることはないのです。
 
貨物列車版は今のところ一番ウケが良いです。貨車30種類、機関車30種類の中から出ます。(今後増やすかも。)
TBForumの慣例で左が先頭です。1両目は当初、テーブルに機関車を含む程度だったので、貨車および車掌車が出現する可能性もありましたが、そうすると牽引役が居なくて面白くないね、ってことで1両目は機関車出現スロットとして固定してます。まぁ、機関車が1両目だけに出るとは限らんのですけどね。
2両目以降は貨車が出現します。2両目と5両目には車掌車も出現します。特に5両目は緩急車(コキフ等)も出現する設定です。ただ、可能性論であって毎回緩急車や車掌車に当たるということはないです。また、困ったことにワフは自由な子なので、2両目以降の貨車と同じ出現率です。
レアリティは★の数で示してますが、今となっては特に意味を持ちません。機関車のレアリティが総じて高いのは先述の理由(出てきたらラッキー)からです。それでも一応、レアリティが高いモノは出現スロットが絞られていたり、実物の希少性や特殊性をイメージしたものです。
 
20系編成版は貨車の応用編で、ブレーキ改造時期を跨いで20系牽引経験のある機関車から選出しています。機関車は1両目に固定。2両目は電源車限定、5両目も緩急車限定として、一応は編成のカタチになるように配慮してます。ただ、中間車は完全にランダムです。本当はもう少し長くできれば、1度に色んな選択肢が生まれて面白いんだろうにな、とは思うのですが、コレ以上編成が長くなるとTB画像が単なる棒にしか見えなくなるのでダメですね。。。
ちなみに、左上に表示される列車名も診断結果ごとに変わっています。地味なんですけどね。
 
キハ58系、キハ80系とも似たような感じですけど、両端は相応しい先頭車が出るようになってますが、中間車がランダムです。キハ80系はちゃんとした編成になる確率がかなり低いです。あと、何故かハズレ(故障)が存在していますが、これはちゃんと狙って実装したものです。さぁ、シークレットのフラノエクスプレスを1編成揃えられるかな?(mokoは成功した事無いです。)
 
と言った感じです。
2016/03/03 03:03 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 三陸36型プチリニューアル | H o m e | キハ80系 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック