■4年目の正直
TrainBannerForum '16/2/29 UP
TB_FuranoExp.gif
■[9595]フラノEXPvol.1
■[9659]フラノEXPvol.2
初回作品も発表日が2/29でした。4年に1回だけの日付なので、何か特別なものを、という意味を込めて描いていました。それが前回の閏年2/29だったワケです。つまり、もう4年経ったってコトなんですよ。死にたいね。
その4年の間で変わったことと言えば、Hゴム表現に丸みを求めて以前の単純な色使いじゃなくなり、作画に苦労するようになったとか、4年前の今頃は、4年後までにはキハ183系を描いていて、次回の閏年の更新時にはフラノ中間増結車を追加できるであろう…とか思っていたんですが結局実現せず。トマサホとかアルコンとか描きたいと思うのにすぐ忘れるしで、なかなか実行に移せないんですよね。この悪癖は4年前から変わりませんし、多分悪化しています。
と言っても4年ぶりの変更ってワケではなく、ちょうど中間頃である'14年には全長の奇数px化(1px短縮)を行っています。当時はちょうどキハ52を発表した頃で、ソレにつられて更新したものでした。今回は種車のキハ80系も10年ぶりに描き直しているので、その一環なのですけど、床下の表現は今月アタマのキハ58系と同レベルとし、車体はHゴム表現色増加と前面の傾斜角度、種車由来の窓割りをイジっただけで、実は前回と大きくは変わっていません。ちなみにそのキハ52も同じ仕様に統一して、先日一足早くUPしてあります。
作画に苦労すると言っても、下準備(色づくり)が面倒なのであって、その先は作業量こそ多いけどピクセルと睨めっこしながらあーでもないこーでもないしてるのが愉しいんですよ。多分。何だかもうよく分かんないけど。
 
ちなみに実車は引退後も苗穂工場に放っぽられていましたが、残念ながら去年('15)末頃に解体されてしまったという悲報が飛び交ったのも記憶に新しいです。勿体無いですが、余力のないJR北海道にはどうしようもなかったのでしょう。JR東のキハ391もそうでしたが、せめて解体前に知らせるなりしていれば、拾う神が居たかもしれないのに。
 
ところで、実車はデビュー年がJR移行直前の'86年末だったワケですが、mokoの絵に於いて国鉄時代に車籍があったものは概ねタイトルにはJNRを冠するのですが、フラノはJRにしています。まぁ、実は気がついたのつい先程だったんですけど。(爆
ミスである一方で、国鉄時代はキハ80-501を除く3連=落成時の姿だったワケです。キハ80-501を含む4両編成の姿はJR移行のモノということになります。JR車籍で正しいといえば正しい。
まぁ、ですから今後描くかもしれないアルコンも増結状態で描いてJR仕様ってことにするでしょうし、トマサホなんて当初よりJR車籍ですし。統一感があってもいいかなと思っています。
 
もはや実物の整備保存は在り得なくなりました。これからは記憶と模型と、そしてデジタル作品で遺していくしか道はありません。その一端をTBが担えたらいいなぁ。と、無責任なことを思っています。
2016/02/29 01:02 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < キハ80系 | H o m e | (TB3D) 三陸36型 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック