■12月の新作他
TrainBannerForum '15/12/1~12/12 UP
 
今回もほぼ列挙するだけになります。

■[5229] JNR EF30
■[4471] JNR EF30-1 (Type) (New)
量産先行の1号機はコルゲーションがない平滑な車体が特徴で、車体長も量産機より長いのです。赤帯を巻いていた頃をイメージしています。屋根上が量産機の流用なのでタイプ扱いです。
既存の量産機も含め車高を改めた他、屋根上配線の絶縁グリス色を止めました。
 
■[5588] 南海 8000系(II)
屋根上を12000系からそのままコピーしていたため、ズレてしまっていたクーラーの位置を直しました。
 
■[4888] JNR 151系 vol.1
■[4896] JNR 151系 vol.2
■[6660] JNR 151系 vol.3
■[7456] JNR 151系 vol.6
先月のサヤ420、今月のEF30で九州乗り入れ運用を表現するために足りてなかった絵を追加しただけです。
(つまり、絵自体は昔のまま。)少し見劣りしてきたので描き直そうかとは思ってるんですが、とりあえず。
 
■[5147] JR E231系常磐線'02vol.1(New)
■[8969] JR E231系常磐線'02vol.2
常磐線快速E231系の登場時(デビュー前)を描き直して裏側を追加。尚、E217系東海道線を上書きしました。
 
■[5198] JNR ヨ8000
■[4098] JNR ヨ9000
■[3836] JNR ヨ6000
■[3867] JNR ヨ3500
■[3866] JNR ヨ5000淡緑
■[3865] JNR ヨ5000
後述する2軸貨車にあわせて解釈を変更、全長を2px縮めています。ヨ8000のグレー屋根は終了。
ヨ9000は今年9月の作品ですが言及するのは初めて。10000系特急貨物用の独立した車掌車として高速運転を模索した試作車で2両のみ製造。車体寸法はヨ6000に準ずるもトイレ付きで塗色は10000系車掌室と同じ青色。1軸台車は新幹線0系と同じISミンデン式を採用するも、結果が振るわずに晩年は低速限定(黄帯)となって九州内に封じ込められていました。今回はその頃のイメージで描いてます。
 
■[3945] JNR ワフ35000(New)
■[5475] JNR ワフ29500(New)
■[5330] JNR ワム23000(New)
久々復活の黒貨車。ワフは近代的な新造車ワフ29500と、旧ワフ25000からの改造であるワフ35000を用意。車体は一新されるもリベットが目立つ他、窓割り、軸配置が微妙に違います。尚、ワフ形式は数トン積載する貨物室と多くて2人くらいしか乗らない車掌室では荷重に差があり、バランスをとるために車軸の位置が貨物室側に寄っています。
一方、1段リンクのワム23000は2段リンク化するとワム90000へと改番される…と言えば判りますね?黒いワムとしては最もオーソドックスな貨車だと思うのですが。こちらもよく見るとリベットだらけです。これらはTomixの香港製貨車のイメージを表現しています。
黒背景で描いていると、どうもコントラストが低くなりがちで、一見すると単なる黒い塊ですが。(汗
 
■[5211] JNR タム500日石カルテックス(New)
■[5214] JNR タム500日本石油輸送(New)
小口輸送用として重宝されていたようで最期は2000年まで残っていました。所属会社違いで2タイトルです。模型では長らくタム6000という謎の形式が使われていましたが(起源はエンドウにあるっぽい。)近年漸く「タイプ」ではない、ちゃんとした模型がプラ完成品で登場しましたネ。
 
■[3817] JNR レム5000(New)
レサ10000またはレサ5000を小さくしたような冷蔵車(関係上は逆)。白い車体を引き締める青帯が特徴です。
 
 
他、既存の国鉄貨車も紹介しておきますよ。思い出した順に並べただけで順番に意味はありません。
 
■[3835]ワム280000
■[6024]トラ70000
■[4681]トキ25000
■[9470]ワキ5000
■[4991]コキ5500(空)
■[5003]コキ5500(淡緑)
■[5196]コキ5500(黄緑)
■[5197]コキ5500(R10)
■[7887]タキ5450
■[8725]タキ25000
■[10078]タキ3000
■[3933]タキ43000
■[8756]タキ44000
■[3855]タキ50000
■[4785]ホキ2200
■[6025]ホキ10000
■[9383]レサ5000
 
10000系特急貨物
■[10056]コキ10000系
■[4138]ワキ10000
■[4142]レサ10000系
10000系は空気バネ台車、CLEブレーキのため専用扱いで、高速運転は10000系のみで編成した時のみ可能で、尚且つ牽引機関車は特急牽引機に限定されます。
一般貨車と混成する場合はブレーキ管の減圧(空気バネで消費してしまうため)に注意しつつ、機関車次位に6両迄という決まりがあったようです。
 
…これだけあれば大抵の貨物列車は表現できそうですけど、未だ足りないんだろうなぁ。
2015/12/12 04:26 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 2015年まとめ | H o m e | 横田トンネル > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック