■ビートレイン
懐かしいものをご覧に入れませう。

って言っても、映りが悪くて興醒めですよネ…。
知ってる人がどれだけ居るか判りませんが、ショーティじゃない方の先代B-Trainです。
 
家の奥からごっそり発掘した古いVHSに録画されていたもので、思わず再生画面をケータイのカメラで撮影したものです。DVDはおろかBD全盛の時代にVHS、更にモニタもブラウン管です…どんだけ前時代的なの。
このCMは恐らく発売開始当初のもので、1993年頃だと思われます。ちなみにこのVHSにセーラームーンとかマイトガイン(何故か最終回だけですが)が録画されていました。
全部完売してますが、アクアキャッスルの宝箱というサイトに外箱が載っています。
発売開始は1993年。1996年頃に電動中間車とかトーマスシリーズが追加されていたようです。流石にもう無いと思いますが、数年前に見た時にオカノホビーにトーマスシリーズの何か(は失念しましたが・汗)が棚に残っていたような気がします。'97年頃(?)にはミニサイズのものがありましたが、その後は判りません。
で、
'02年秋頃に現行品であるショーティの方が登場しました。あの深緑色の箱は妙に印象深いです。同年のJAMで参考出品されていた103系の造形が異様にハイクヲリティで、足回りのポケットライン客車動力も可愛くて「こりゃスゲェ」と思ったものでしたが、実はそのデモンストレーション用のモデルはTomixの103系(エメラルド色)を切り継いで短縮したモノだった、という事実を知るのはその少し後のハナシです。(汗
(時期的に品番#92099だと思いますが不明。写真があれば屋根の色で判別できますが。)
'02年といえば山手線には新車(E231系の方)が登場し始めた頃で、山手線205系、京浜東北線の209系は0番台に混じって500番台も居た、最も賑やかな時代です。文字通り''日の暮れた''西日暮里のホーム先端で電車を眺めていました。そんな中二の夏の日の記憶…。
 
初代ビートレインは金属製ボディでスケールは1/100くらいのように見えます。ミニサイズはNゲージより小さかったような記憶が。(mokoはミニサイズだけ1つ持っていたことがあります。) 現行Bトレインショーティは御存知の通り「断面」のスケールはNゲージ相当、長さは半分くらいです。
同じ名前を冠する割に全くの別物なんですが、唯一共通点は連結器が磁石式だったという点くらいでしょう。
最早先代は闇に葬られた黒歴史であり、調べても情報にヒットすることはまずありません…。ショーティの方はマスコット的可愛さがウケているようで爆発的に製品数が増えて現在に至っています。ただの手押し玩具だったらここまでの人気は得られていないはずで、Nゲージ走行可能というポイントはデカかったと思います。
 
…時折、無性に無駄遣いしたくなる衝動に駆られるのですが、都合よく単行でサマになる車体が売っていないお陰で、今のところ踏み止まれています。(笑
2015/10/17 04:44 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < Tomix キ100 | H o m e | Tomix ハイモ180 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック