■(TB3D) 国鉄キハ03レールバス
tb3d_kiha03a.jpg
■Download
言わずと知れたレールバス。と言っても、レールバス=南部縦貫鉄道のイメージが強いと思うのですけど(地域にもよるかな…個人的にはLE-Carの方が真っ先に浮かびますが。)、それよりも早い時期に登場していた国鉄版のソレ。そもそもの起源は西ドイツのSchienenbus…VT95、VT98にありますが、丸っこい車体に愛嬌ある顔は、どちらかと言えば南部縦貫レールバスの方が似てる気がします。
車体高さは通常のバス並みで鉄道車両としては低く、それでいて国鉄のレールバスは通常車両と同じ幅となっていますから、正面から見るとかなり扁平です。(TB3Dではイマイチ表現しきれてません。)この点はドイツ版も同じなんですが、丸みの有無で印象がかなり変わります。
実車は活躍期間が極端に短かかったので、だからこそ現役当時のイメージよりも、史実にとらわれずに自由に遊ぶ題材にはうってつけなのかなぁと思います。ヘロヘロの線路をユサユサと揺れながらやってくる姿は、想像するとなんだか可愛いですよね。
実物の保存例は北海道に集中していて、キハ03の静態保存が2件あるとのことです。
小樽の博物館にキハ03が静態保存されているのが現在では唯一の保存例で、昔は九州地区にキハ02も在ったそうですが、保存から何年もしないで荒廃したという…勿体無いハナシですねぇ。
そもそも、レールバス自体が稀有な例であり、それでも尚現在でも営業運転を行っている紀州鉄道はバケモノか何かですかね。(ぉぃ
 
さて、TB3D作るの随分久々なんですが、今までとちょっと異なるものがあります。ソレは車輪です。
これまでは16角形、輪芯というかタイヤのフチ部分をポリゴンで表現していましたが、今回は12角形のテクスチャ輪芯です。ポリゴン数を削減していますが、実はその分車体のポリゴン数が倍増してます。(しかも、倍増させても尚イマイチ。意味ねぇ。)
車体はTB等倍の解像度としていますので思いっきりドット絵感です。細い線や曲線の表現が苦手なので、同車には不適だったかもしれませんが、ポリシーなのです。窓をアルファ抜きしているのでウラ抜け防止に簡易的ながら内装付きです。
足回りは貨車モデルからそのまま流用しているので平軸受け+ブレーキシュウです。エンジン部分も単純にカバーで覆っただけ。非常に手抜きです。何だかね、チカラが入りませんのよ。
本当はこっそりお誘い頂いてたVRMユーザOFF会で、「嬉しくないサプライズ発表」でもしたろかな…とか思ってたんですけど、事情あって不参加なので今のうちに出してしまいます。
tb3d_kiha03b.jpg
テールランプ周りの「反射板」は開き/閉じを選択できます。開くとただ赤いだけではなくてフチが白色です。'60年代頃の客車/貨車/気動車や、機関車なんかにも付いていたアイテムです。また、大きな単線型スノープラウは一応取り外し可能で、似非キハ02(暖地向け)に仕立てることも出来ます。
自覚するほど不出来ですが、よかったら可愛がってあげてください。
2015/09/28 17:42 | TB3D配布 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 夜汽車の世界を | H o m e | 省型電機50番台 > > o l d
コメント
かわいいすなぁ(っ´ω`c)
いま、可愛がり方を考えてます。

>キハ03の静態保存が2件
小樽のほかにもあるのですか?
by:ゆきもよ | URL | #lOb9yI2E【2015/09/28 22:36】 [ 編集] | page top↑
どもども。
>>小樽
ご指摘多謝ですみょん。
青函連絡船の中に車両が保存してある内にキハ03もあったような気がしたんですが、気のせいでしたわい。(´・ω・`)
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2015/09/29 01:39】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック