■(TB3D) JR209系3000番台

■先頭車
■中間車
■中間車(パンタなし)
 
1996年(H8)、八高線電化に際して新規投入された209系の寒地仕様車。同時期に投入されていた常磐線E501系に倣ったのか、前面FRPマスクの側面の黒ラインがなくなりました。これは901系の幕板帯が当初黒色で、そこから連続するデザインの名残だったんですけども、幕板もラインカラーとなった量産型では単なるお飾りでした。
寒地仕様車と言っても、ドアの半自動装置が追加されたに過ぎません。4両編成と短いですが、同じく209系ベースの4両編成りんかい線70-000系のように高加減速ということはなく、10両編成と同じ雰囲気の走行音でしたが、都会派フェイスがちんまりと4両編成に仕立て上げられているのが可愛くて好きなのですよ。
八王子や拝島辺りはまだ平坦ですが、金子を過ぎると沿線は山っぽくなってきます。ハイライトは金子~東飯能の入間川橋梁、あるいは高麗川に向かうまでの山林風景でしょうかね。
京浜東北線で酷使された209系が引退して、車体こそ房総地区で再利用されてますけど、コイツだって登場から18年ほど経ってるわけで、車体は何とかなっても、いつまでも旧来のGTOインバータってワケにはいかないでしょう。更新のハナシがそろそろ聞こえてきそうではあります。(最近また疎い。)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○これらのモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替
・新規格車輪
--------------------------------------------------------------------------------------------------
103系と合わせるために新規格車輪を強引に用意しました。他の仕様は京浜東北線と同じです。
2014/08/31 03:52 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 次回(以降)予告 | H o m e | (TB3D) JR103系3000番台 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック