■(TB3D) コキ50000

■コキ50000 国鉄C20積載
■コキ50000 JR貨物18D積載
■コキ50000 JRF19D積載
 
現代貨物列車の王道といえばコンテナですが、現在にも通じる規格を確立したのがコキ50000系です。
moko的には、青や灰色の筈のコキ100系列・・・コキ104やコキ107でも汚れて茶色くなっていることが多い気がするので、茶色いコキ50000で代用できるわな。なんて事を考えていたりします。我ながら短絡的です。
 
国鉄時代の雰囲気でC20を5つ搭載したもの、JR化後間もないイメージで18Dを搭載したもの、2000年代以降主流の紫色19Dを搭載した3種類を用意。それぞれコンテナは1個ずつ消したり現したりできますし、マテリアルごとコピーすれば上の画像みたいに混載も出来ます。
 
タキ5450同様に旧版からの変更点はテクスチャ貼り直し(影描写なし)、反射板構成変更(統一化)、新規格車輪を追加したものの、殆ど変わっていません。
尚、この記事が公開される以前にUPしてあったものは暫定版で、車体長が奇数になっていました。
移動時に数値移動で+/-1ずつ動かせる方が個人的には楽なので(笑)TBの全長(基本的には奇数、一部例外あり)とは違って、TB3Dではなるべく偶数になるように調整しています。
2014/08/24 03:14 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < (TB3D) E231系 | H o m e | (TB3D) JR101系南武支線 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック