■ゴホンと言ったら龍角散
季節の変わり目その他諸々、しょっちゅう風引いてしまうヒヨワなmokoは近年、龍角散のヘビーユーザだったりします。あ、用法用量は守ってますよ。ピンポン。
 
SN3V1767-.jpg
工作台の上に載ってる時点で、嫌な予感しかしませんかそうですか。
 
蓋を開けてみませう。
SN3V1769-.jpg
 
じゃんっ!!
 
中身はミニチュアの世界なのですよ。ゲフンゲフン。
 
SN3V1795-.jpg
缶の内径に合わせたので、ジオラマ本体の直径は約60mm程。レールに載せられる車両は極小さな車両に限られます。小さい筈のTomixのCタイプディーゼルでさえ全長約70mmなので、はみ出てしまいます。
 
SN3V1785-.jpg
Tomix初期の香港製キハ02レールバス('02復刻版)を載せてみると、これって意外と大きいんだね・・・。持ってないけど、現行品のレールバス(南部キハ10とか)だったらもう少し収まりが良いのかな。
 
~レシピ~
SN3V1759-.jpg
レールはKATOのフレキシブルレール。厚紙でφ60mmの円を作り、発泡スチロールにあてがってニクロムカッターで切り出します・・・フリーハンドでテキトウにやります。上段は築堤にするので、斜面をニクロムカッターでざっくり溶かして、仕上げはヤスリ。レールの下にバルサ板を挟んでますが、無くても良かったかもしれないです。
 
SN3V1760-.jpg
色をぬりぬり。100均一の水性アクリル塗料缶(100ml入り100円税抜とリーズナブル)ですが、艶アリなのでタミヤのフラットベースを混ぜて半艶くらいにしてます。
 
SN3V1762-.jpg
塗料が乾き始めたら、レール頭頂の塗料を剥がします。楊枝で擦ったり、爪で引っ掻いたり、目の細かいヤスリ等で愉しく剥がしましょう。
バラストをザッと撒いて、ボンド水を垂らして整形しつつ、緑のパウダーをペペッと撒きます。撒く場所には予めボンド水を筆塗りしておきます。パウダーにはボンド水をスポイトで直接投下するのではなく、今回みたいに狭い場合は隣接するバラスト経由でボンド水を滴らせれば十分。パウダーは背の低い緑、少し茂った緑はフォーリッジ。コイツは筆だけでは滴らないので指で押し付ける。スポンジなので絞れば吸うのですよ。
個人的にはバラストの成形を先にやるほうが楽だと思ってる(いつぞやのブックケースパイクでは逆手順で失敗した。)ので、この順番でやることが多いですけど、実物の施工順番から考えると地面よりも道床の方が後になりますね。手入れが行き届いていない線路なら、道床よりも後に新しく緑が芽吹いていたりしますから、一概には言えないと思いますけど。
 
SN3V1763-.jpg
乾いたら小物を作って付けます。勾配標は0.5mmプラバンで本体、0.3mmプラバンで腕を作ります。下段には拙作にしては珍しく化粧板を付けてみました。グレーに塗った紙を巻いてみましたが切断面が見えてしまって失敗です・・・。白い紙に塗るのではなく、初めから色紙を使うのが確実なのかも。
 
SN3V1764-.jpg
仕上がったら龍角散の缶の中に入れて完成です。
・・・別に龍角散にこだわる必要は無いのですが、こういう物をただ闇雲に作るのではなくて、保管や収納方法について予め考えておくのが大切なんよ。ということが言いたかった。
製作期間は3日でした。
 
SN3V1776-.jpg
なんとなく盆栽のような癒しアイテムになりそうかなぁ。なんて、何番煎じかも分からないような、ありきたりなテーマでした。ちゃんちゃん。
2014/07/23 19:00 | 模型 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 6ドア車にまつわる話。 | H o m e | (TB3D) 秩父路Express > > o l d
コメント
どもども。いいですねコレ。
俺も定期的にこういうの作りたくなるんですけど、作ったことはないデース(ぉぃ
ライト点灯できるようにしたら暗い部屋でも映えるかもね、
って余計なギミックを考え出すからいつも面倒になって投げ出しちゃうんですけどw
眼福でありました。
by:45-50s | URL | #6i7h.Hd.【2014/07/25 15:12】 [ 編集] | page top↑
どもども。お久しぶりでございまそ。(ぉ
この前は誘ってもらったのに行けなくてゴメンなさいです。
お褒めいただき有り難やですだ。
 
>>定期的にこういうの作りたくなる
だよねー(´∀`*)
オイラは欲のままに動きすぎなのかもしれないけど、定期的に作りたい欲と、定期的に作らないと感覚を忘れる恐怖、みたいな。(言い訳ですスンマセン
 
>>ライト点灯
方法はいくつかありそうですな。
・レールに通電させてパルスコントローラで常点灯させる。
・下からLEDを照射して浮かび上がらせる。
 
・・・このサイズで室内灯付きの車両は難しいかもだけど、周りから照らすだけならできるかな。
LED灯すのに、どれくらいの抵抗を挟んだらいいのかとか、未だによく分らんのですけどね・・・(汗
 
せめて普通の車両が載るサイズで作らないと意味ないな、というのが、今回一番の成果だったかもしれませぬ。(笑
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2014/07/25 20:14】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック