■(TB3D) 205系鶴見川崎界隈

クモハ205-1000番台 南武支線
クモハ204-1000番台 南武支線

クハ205-1100番台 鶴見線
モハ205 鶴見線
クモハ204-1100番台 鶴見線
 
鶴見線、南武支線は、鶴見の工場地帯、臨港地区のトワイライトな雰囲気が漂う路線として、また南武支線は民営化後も20世紀末時点では唯一本家本元101系が残っていた路線として有名かと思います。まぁ、101系自体は唯一譲渡された秩父鉄道で最近まで残っていましたが。
101系の後継には総武緩行線、山手線から捻出された205系の中間車を先頭車に化けさせた205系1000番台が活躍しています。ちなみに、1000番台という番台区分はJR西日本で先に登場していたのですが、そちらにはクモハ形式がなく、というか、1000番台で初めて205系に「クモハ」形式が登場したので、車番のカブりはありません。
次いで、103系が幅を利かせていた鶴見線にも205系が投入されています。コチラは+100された1100番台ですが、面白いことにクハは大窓、クモハは小窓(モハ共に小窓)という編成で全て統一されています。
 
中間車から改造された先頭車は、205系の雰囲気を完全に払拭した、ロボコップみたいなツルンとした顔になってしまいました。クラッシャブルゾーンをほんのちょっと確保したのか、その分種車より全長が伸びているらしいです。モハやサハなどからクモハ、クハに化けています。
同じ顔は南武支線、鶴見線の他に、3000番台八高線・川越線、3100番台仙石線、先頭車のみ1200番台南武線が存在します。これは11両と長かった山手線等の編成から、短い編成を複数抽出するための策だったのですが、途中で計画が少々変更になった部分があり、一時期武蔵野線にもこの顔の編成が出てくるのではないかと囁かれたものですが、結局実現せずに、無理クリ拵えた部分もあるように思います。
この顔になったと同時に、コントローラは当時の新型電車(E231系)と同じようにワンハンドル方式となっています。元々205系は電機指令ブレーキだったので、このへんは無理なく改造できていますが、運転時のフィーリングは原型(ツーハンドル)と比べれば変わるものと思います。
武蔵野線に先頭車改造車が現れなかったのは、コレまで生え抜きだった205系、新たに転属してきた元総武・山手の205系共に原型先頭車で2ハンドルだったため、たった1編成導入するためにハンドル訓練をするよりは・・・という事だったんでしょうかね。まぁ結局、京葉線から流れてきた209系500番台は1ハンドルだった訳ですけど、こちらは営業投入前に綿密なハンドル訓練が行われていましたっけ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴(全て先頭車)
・ヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替 ただしスゲー手抜き。
・ちょっとだけ長い車体長を表現。
・床下SIVを新規製作。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2014/06/26 00:03 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < (TB3D) 205系'90s | H o m e | Tomix Cタイプディーゼル > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック