■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑
■(TB3D) キハ58系地域色
一気に3種類いっちゃいますよ。

砂丘
キハ58砂丘
キロハ28砂丘
キハ65砂丘
キハ58(JR西/国鉄色)
砂丘廃止後は「つやま」としても活躍、つやまがキハ40系に変更された後は、廃車(海外譲渡)までの間も時折普通列車に混じっていました。急行時代より増結時に国鉄色のキハ58が入ることもあったようです。
キロハはキロ28最末期タイプからの改造による半室グリーン車で、雨樋位置が低くなっています。
 

みよし
キハ58-400みよし
キハ28-2300みよし
キハ28-3000みよし
みよしと言っても埼玉の三芳じゃなくて広島の三次です。普段はキハ58+28というコンパクトな模型みたいな編成。
TBの都合で側面帯はギザギザです。この色合だと、どうも「踊り子」に見えてしまう関東人です。
 

たかやま
キハ58-6000
キハ28-6000
キロ28-6000
アコモ改造で全て6000番台になっていますが、キハ58は400番台が、キハ28は3000番台(パノラミック窓)が、キロ28は2100番台と2300番台(末期タイプ)が種車になっていたようです。キロに関してはその内の末期タイプを選んでみました。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴(全て先頭車)
・ヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替
・前面貫通幌を着脱選択
・平窓車=複線スノープラウ着脱選択
・パノラミック窓車=スカート下単線スノープラウ着脱選択
・種別幕別テクスチャ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
tb3d_kiha65.jpg
キハ65はTB3Dでは砂丘のみ作成してます。
キハ65は山岳線区での出力増強のために、これまで2エンジンのキハ58に対し冷房電源艤装のために1エンジン削っていたキハ28の代わりもしくは増結用として投入されました。エンジン出力は1基でDMH17x2基の出力を凌駕するもので、艤装スペースに余裕があるのでキハ28同様に冷房用電源発電セットを後位側に搭載しています。
エンジン出力が増強したのにキハ28同様の駆動軸1つでは粘着力が吊り合わないということで、駆動軸は片台車分2軸となっています。模型で言うところのMPギアみたいな状態です。
これを実現するためにはドライヴシャフトを台車内部に貫通させる必要があり、従来の揺れ枕吊りタイプは勿論、インダイレクトマウント式の台車でも心皿部分が干渉してしまいます。そこで、空気バネを車体側に装備(ダイレクトマウント)し、リンクによる仮想心皿方式を採用して、台車横梁の上(中?)をシャフトが通るカタチになっています。
軸箱周りも面白い形になっていて、実はアルストムリンク(厳密には違うけど、上下にずれたリンク2対という条件は同じ)をウィングバネで支持しています。絶えず摺動する軸箱守(ペデスタル)に比べれば保守性では優れてるように思うのですが、残念ながら高速域では蛇行動など難があったようです。
車体デザインは12系客車をベースとしたものになっていて、顔以外はキハ58系の他の車両と大きく異る結果に。
東海、西日本、四国、九州の山岳部閑散線区に於いては、末期にはキハ58とキハ65の編成が多く見られました。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ここでキハ58系についてさらっと薀蓄をば。Wikipediaの記述では分かり難いように思うので、重要な事をサラッとです。
○キハ58とする場合に含まれる車両=キハ58、キハ28、キロ28、キハ65。
広義では碓氷峠向けのキハ57、キロ27、北海道向けのキハ56、キハ27、キロ26、後天的改造の両運転台キハ53もキハ58の一族と言えます。碓氷峠向けはキハ57系、北海道のものはキハ56系と呼ぶのが一般的です。
キハ53についてはキハ45系の一派である0番台と被っていますが、キハ58改造の寒地用200番台(東日本)、暖地用1000番台(西日本)、キハ56改造の極寒地仕様500番台(北海道)があり、200、1000番台はキハ58系に、500番台についてはキハ56系に数えて良いと思います。(旧国/旧客も含め、同じ形式だからと言って全て出元が同じとは限らなかったりするのが複雑さの原因ですね。)
 
気動車の形式では50番台は駆動2エンジンを示し、20番台は駆動1エンジンを示します。つまり、どの番台に於いてもキハ58は2エンジン車、キハ28は1エンジン車です。この際に発電エンジンは数えません。60番台は大出力エンジンを示し(基数関係なし)、キハ65は大出力エンジン搭載車、というわけ。
なお、80番台は特急車を示すもので、エンジン数は関係なし。キハ80は2エンジンですが、キハ82は駆動1エンジン、発電1エンジンです。
 
○番台区分
妙に数字の大きい車両が多いのが難易度を上げてるような気がします。番台はキハ58基準。
*0番台(全て非冷房)
 キハ58-1~312
 キハ28-1~203
 キロ28-1~85
冷房も搭載しないのにキハ28が存在するのは、何も全て山岳線に導入されるわけでもない=平坦線区では1エンジン車で十分という理由だと思われます。この辺りは前形式のキハ55系キハ26のコンセプトを踏襲しています。
 
*400番台(最大15編成対応車、基本的に非冷房)
 キハ58-400~799・1001~1052(800番台が先に存在したので数字が飛んでいます。)
 キハ28-301~494
 キロ28-101~204
 (この内キロ28-139以降は一部を除き、自車のみに給電できる発電機(4DQ)を持って新製冷房で登場。)
 キロ58-1~8 (当初は非冷房)
 キユ25-1・2 (郵便車。当初から冷房付き、発電機は自車分のみの4DQ)
駆動系への制御信号の電圧降下、自動ブレーキの反応鈍化を長編成で発生させないように改良したグループですが、後にこれ以前の0番台等も同様の改造を受けてるので、考え方としては0番台~400番台までを平窓車と括ってしまうことも出来ます。
(ブレーキは電磁給排弁が追加されたもので、要はある種の電気司令化がなされていますが、ブレーキ制御用のジャンパ栓を繋がなければ普通の自動空気ブレーキと同じ扱いで、よって従来車とも連結が可能だったワケです。)
 
*1100番台(末期製造分、車体デザイン変更車 やっぱり未だ非冷房)
 キハ58-1101~1143 / 1501~1534
 キハ28-1001~1024 / 501~504、1505~1510
 キロ28-301~308、2309~2314 / 501-507、2508~2518
 キユ25-3・4 (郵便車。当初から冷房付き、発電機は自車分のみの4DQ)
暖地仕様/寒地仕様で区分されていますが、主に日本の西側と東側(北海道は除く)で分かれていたようです。当初から冷房化を睨んだ設計で、屋根が少し低かったり、非冷房ながら予め冷改準備工事がなされていたり。車体は前面窓が東海型電車等と同じ様なパノラミックウィンドウになり、スカートも付いたため近代的な顔つきとなりました。キハ58グループを大別するところのパノラミック窓車となります。
キロ28-2309~2314、2508~2518は新製冷房で尚且つ後述する4VKを当初から搭載しており、デザインが更に変わって雨樋位置が下がっています。(これまでの車両は全て張上げ屋根です。)
キハ28-1505~1510は冷改したキロ58に給電するために、非冷房ながら当初より4VKを搭載しています。後に自分も冷改されたため、車番に1000を加算して他の車両に紛れ込みました。
 
*キハ28・キロ28
冷房化に当たり、電源を調達するための発電機をキハ28、キロ28に積むこととなりました。キハ58/キロ58には発電機を積むスペースがないからです。
優等車キロ28は一般車に先駆けて冷房化されていたので、多くは自車分のみの発電機(4DQ)を積んでいましたが、キハ28には自車含め他2両(計3両)に給電できる4VKを搭載します。
冷改とともに4VKを搭載した車両は元の車番に2000を加算したものに番台区分されました。キハ58等ただ単に冷房化されただけの車両は番号が変わりません。
キロ28も後に一部が同じく4VK搭載に改められて、元番号+2000になっています。
 
つまり、キハ28-2300番台の場合は、長大編成対応グループ(平窓車)で4VK発電セット搭載した車両ということになります。
キハ28-3000番台は、パノラミック窓車で4VK発電セット搭載した車両ということになります。
 
キハ65は、パノラミック車グループの最末期に属してるものと思ってください。
暖地(西日本)0番台=1~86 寒地(東日本)500番台=501~518
ともに当初より冷房化がなされており、冷房化したキハ58系長大編成では3両に1両(もしくは以上)の割合で1エンジン車が含まれるので、編成あたりの出力にブーストをかけるために登場したもの。
寒地用500番台は中央線のアルプス号等に使用された後、アルプスが165系電車に代わると東海地区に残ったもの以外は0番台同様に西日本およびそれ以西(南)に転用されていきます。
 
グリーン車は後にお役御免になり(気動車急行の衰退)、格下げして普通車になったり、足回りを流用してキニ28、キユニ28、更にキロ58からは2エンジンのままキニ58に改造さたりしました、これらに新たに取り付けられた車体はキハ40系のそれであり、何処にカテゴライズして良いのやら迷う車両です。
また、急行グリーン車に多用された大きな降下窓は、構造的に戸袋への浸水、腐食につながり、一部の車両は普通車格下げ以前からユニット窓化して対策したものもありましたが、見た目にはちょっとブサイクなのが玉に瑕でした。
(同じように降下窓のせいで短命だった例としては、10系軽量客車や日光型157系電車がありました。)
 
むむ、結局長くなってしまったぞ。(笑
とりあえずこの辺までが、mokoが理解してるキハ58についての話でした。
2014/06/18 02:14 | TB3D配布 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 踏切小道 | H o m e | 入間川橋梁(2) > > o l d
コメント
ご無沙汰して居ります!
たかやま色、好いですね~。電GO!の影響で大好きになった車両の一つです。当時は、キハ58なんて形式までは知りませんでしたが、惹かれました。今思うと「かまくら」や「秋田リレー」も好きだったので、愛称付きのピンク系統が好みだったのかもしれません^^;
by:まつでん | URL | #-【2014/06/18 16:24】 [ 編集] | page top↑
どもども。
電GOに「たかやま」なんて出てたんね?と思って調べてみたら、プロ1の東海道線でしたか。ゲームは買ってあるんだけど、まだ全然やりこんでないんだよね・・・。(要するに、未だそのダイヤが出てきてないのだ。ww)
秋田リレー号のキハ110-300は奥羽本線の秋田の時にチラッと映るんだっけ。実車登場当時の雑誌が家にあるもんで、何だかんだで印象は強いですなぁ。
もう10年以上前になるけど、GreenMaxからキハ110のキットが出てて、そのカラーバリエーションで陸羽東線と秋田リレー号(どっちもタイプモデルだけど)があったんだよなぁ。というのを思い出しました。完成品が出てくる以前のGMの商品写真にあった職人気質的な薄暗く重厚で機械油くさそうな雰囲気は妙に好きだったなぁ。
KATOのキハ110系もほぼ同期くらいだと思うけど、カプラー周りの寸法が狂ってるせいで上手く首を振らないのに対して、GMのはランプ類一切点灯しないけどTomixのTNカプラーだからスッキリ快調に首を振るんで、それなりに棲み分けはあったように思うです。まぁ、例によって欲しい時には無かったんだけど。
ちなみに「かまくら」って701系だったよね。調べても何故かホリデー快速「鎌倉」しか出てこないww色々と懐かしすぎる。90年代最高だわ。
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2014/06/19 02:34】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。