■(TB3D) HK100
予定を前倒しして配布しちゃいます。

DownLoad!! TB3D HK100
'14/07/20 New Version UP Load
 
電車でGOでお馴染み?のHK100です。登場当時、「ほくほく線」という頓狂な路線名と、単行で走る電車の可愛らしさに心躍ったのを今先思い出しました。
開業から数年後の頃、越後湯沢まで行った時に実物をチラッと見たことがありましたが、今となっては更新されて車体塗装が変わってしまい、当時の仕様の車両としては再訪することが叶いませんでした。
 
TB3Dは車体側面等についてはTBの雰囲気を濃く残すポリシーなんですが、今回は寸法だけ抽出して解像度4倍(一部除く)で描いています。最早TBである意味がありませんが・・・。
更に今回は窓をアルファ抜きで表現、室内(簡易表現だけど)付き、LED表示を別テクスチャ扱いにする等、かなりゲーム転用を考慮したイヤラシイ内容になっています。
まぁ、程度としては非常に拙いですけども。
 
台車は本来、主台枠が湾曲している上に軸支持周りが内外同一形状の面白い形をしているんですが、かつて発売されていたNゲージの金属キットの指定動力がTomixの207系=WDT55だったので、そのイメージでDT50系台車を流用しています。
そーいえば、そのキットを出していたのは悪名高い某東○堂モデルカンパニだったんですけど、その当時は勿論、今に至るまで塗装済み完成品が発売されていない同車。スノーラビットは絶版ですけどKATOから発売されていましたし、かつて横で一緒に走っていた485系3000番台も最近TOMIXから発売されてますし、要望する声は結構あると思うんですがねぇ。
 
当時から想っていたこととしては、単行で走るコンパクトな電車、軽快なカラーリングで、水田のど真ん中を通る高架線路の上を滑るように走るイメージ、模型でも90cm四方位あれば十分楽しめそうな感じ、中学の頃にやりたかったテーマのひとつでした。リアルでは暫く先の事になるでしょうけども、ヴァーチャルで再現してみようかな・・・。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・ヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替 各エンド毎に対応
・前面貫通幌を各エンド毎に着脱選択可能
・パンタグラフの上下を選択可能
・新規格車輪専用
・室内表現
・LED、車番を別テクスチャにて表現
・台車内部パーツ(モーター、牽引リンク)着脱選択。→無駄を削りたい人向け
新バージョン追記リニューアル詳細
・ランプシェードを着脱選択可能。(新製時は付いていなかった。)
・バックミラー着脱可能。→無駄を削りたい人向け
・カプラーカバーをエンド毎に着脱選択可能。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
というわけで、改めてリンクをご案内
DownLoad!! TB3D HK100
'14/07/20 New Version UP Load
 
ところで、
これまで公開したTB3Dオブジェクトデータですが、ブログの過去記事を辿るよりも、一覧でズラっと見れた方が楽かなと思いまして、というか、随分前から在ったんですけどね。
まだブログで紹介してないものもありますし、用意出来てないモノ(リンク切れ/リンク間違い)もあります。
リンクが切れてるモノについては「予定品」ということでひとつ。
2014/06/01 01:39 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 単行モデル | H o m e | 完璧なんて無かったんだ。 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック