■(TB3D) JNRキハ58系

■キハ58-400
■キハ28-2300
■キロ28-2100
 
電車でGOの初代初級編、Tomixの初HGモデル、気動車といえばキハ58。鉄道ファンならずとも知ってるんじゃないでしょうか・・・ってくらい、ドがつくメジャー級車両ですね。今更説明不要でしょう。
 
キハ58系という場合、多くの場合はキハ58とキハ28、キロ28、キハ65を一纏めにして言いますが、数字にまとまりがありません。これ等気動車の形態というのは新性能国電のグループ的ナンバリングではなく、旧国のそれと近いです。
キハ58は走行エンジンを2つ搭載する強力機ですが、走行エンジンだけで床下艤装スペースはパンパンであり、屋根上(連結面側)に載っかっている四角いハコは水タンクです。冷房装置を屋根上に搭載してはいますが、キハ58単独では電源が得られませんので、外部に頼る必要があります。
キハ28は走行エンジンを1つとし、空いたスペースに発電セットを搭載しています。走行出力は削られますが、冷房を動かすための電源を得られました。この発電機では自車含め3両の冷房電源を供給可能で、つまりキハ58系3両編成ならキハ58x2両とキハ28の組み合わせがベストです。
キロ28はキハ28と同様に、走行エンジンと発電セットを搭載しています。が、優等車は一般車よりも冷房化時期が早く、キロについては自車の冷房を動かすだけの発電能力しかない車両も居るため、必ずしもキハ28と同じルールで運用できるとも限りませんが、キハ28、キロ28の原番号+2000番台というのは3両分の発電機能を持った車両です。例えば4両編成なら、キハ58で前後を固めてキハ28とキロ28を編成すると可愛くまとまります。
キハ65はキハ58系列の中にあって異色の車両ですが、12系客車と設計を共にした近代化版と言った感じ。キハ58+28の計3エンジンでは辛い勾配区間向けに、1エンジンでもキハ58(2エンジン)同等かそれ以上のパワーを発揮しつつ冷房電源も得られるお得な車両です。これについては国鉄色を作っていないので今回は配布しません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴(すべて先頭車)
・ヘッドランプ/テールランプを選択できます。
・複線スノープラウを着脱選択できます。
・運転台側のホロを着脱選択可能・・・ですが、ホロ枠の描写がテキトーなのでオススメはしません。
・種別幕は別テクスチャで表現、テクスチャファイルは「普通」と「急行」を同梱。
・JR無線アンテナをオマケで収録。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2014/04/12 01:24 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < (TB3D) JR205系 山手線 | H o m e | (TB3D) JR103系 カナリア色 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック