■鉄道模景#5-RailBus
たまには鉄道模型の写真でも・・・その5です。(笑
 
今回はとっても小さいヤツを。
img20130113_078-.jpg
Tomixのレールバスというと、最近では2006年前後の南部縦貫や国鉄のレールバス、もしくは80年代後半のハイモ180あたりが馴染み深いと思いますが、これはトミーナインスケール時代の初代キハ02・・・を2001年に復刻生産したヤツです。今更ながら手に入りました。
img20130123_004-.jpg img20130123_033-.jpg
また同じレイアウトで申し訳ないですが。。。次回以降ももう少し続くのです。
デスクトップの狭小なレイアウトでも、車両が小さいとその分、広大な風景の中にあるように錯覚できましょう。
img20130123_019-.jpg
外見の印象に反してとても安定した走りで、全長も重量も同じくらいの鉄コレ12m動力(ボギー4軸)が不安定すぎて悲しくなるほど。スローの効く/効かないはモーター個体差が大きいのですが、当たればかなり良好です。
2軸のうち動輪は1軸だけなので牽引力はほぼゼロに等しいですが(笑)仮に同一重量である場合、4軸の鉄コレ動力よりも2軸のキハ02の方が単純計算で軸重が2倍であり、またもう一方の非動輪が若干ティルトする(軸受けにガタがある)ので、簡易的ながら3点支持となり、集電が安定しているのでしょう。ガタがあるが故に、蛇行動することはありますが、実物さながらって事でよいではないですか。(ww
同じ2軸でも関水のポケットライン動力は、2軸とも動輪でピボット軸支持であり、ガタがほぼ無いのでギア回転は安定するでしょうが、集電はちょっと危なっかしいです。これは16番(HO)のパワートラックでも同じ事が言えるのですが、単純に「大きい(重い)から良い」という訳ではないのです。天賞堂パワトラの場合は、集電シューを車輪ウラから当てるのではなく、踏面もしくはフランジ部分に上方から当てて、軸受けを下方に拡大してガタを生じさせると、3点支持になり追従性がちょっとだけ増します。エンドウのパワトラは手放し運転派向け専用って感じですが、集電にはコイルスプリングが使われています。スプリングレートさえ適切に設定すれば路面に車軸が追従するはずです。
 
ちなみに、最初の写真には2両映ってますが、2両セットで片方はトレーラ車なのです。要するに動力車に連結させるワケですけど、立派な錘も入ってるし、フレーム自体は動力車と変らず車輪の回転抵抗が若干大きめなので、ただでさえ牽引力の無い動力車では、レールの段差に躓いて空転してしまうくらいです。
・・・意味有るのかね。。
2013/01/28 03:39 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < のるるん(ドヤァ | H o m e | 日本製鋼 室蘭工場 1号機風 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック