■つるこん#1
年の瀬も迫る28日。謂わば最後の平日。
45-50s兄とゆきもよくんと3人で鶴見線周辺に出没です。(笑
 
img20121228_274.jpg
 
先にバラしますと、天気が少々良くなかったのです。
だがしかし、光線をあまり考えなくて良い曇天も悪くありません。ちょっと暗いけどね。
というか、個人的には現像時のレタッチの結果、工場地帯のミステリアスな雰囲気には、むしろ曇天で正解だったのでは、とさえ思いましたが、自画自賛する割りに大した写真はございませんが、見てやってくだせぇ。
 
今回はちょっと青めのテイストの写真が幾つかあります。My Little Loverの「New Adventure」ジャケットの感じを何となく意識してみました。現像時に聴いてたとかではなくて、偶々浮かんだだけです。(笑
img20121228_011.jpg
国道に向って駆け上がる。
 
img20121228_022.jpg
見送り。鶴見で折り返してくると、本来我々が乗るつもりだった扇町行きになる。
 
国道駅は独特の雰囲気で有名な駅です。折角なら色々と観察・撮影したい所ですが、電車を逃すと後が無いので、早め早めに駆け足で巡る感じになってしまいました。申し訳ないです。(´ω`;)
 
img20121228_152.jpg
鶴見線にいくつかある終点のうちのひとつ、扇町。旅客ホームはオマケといった感じ。
近年ダイヤが変り、平日の日中は2時間に1本しか電車が来なくなった。かと言って扇町に長時間停まってるわけではなく、すぐに鶴見方面に折り返して行ってしまい、鶴見と浜川崎との間を行ったり来たり。
 
img20121228_054-.jpg
お目当てがキター。思ってたよりも早く着いたので2倍見れるぜ。
つい数年前(/)までは遅い目の時間に設定されていた、去年夏に行った秩父とも縁の深い「石炭専用」の貨物列車。武蔵野線内の通過時間が早朝になってしまったのですが、終点付近ではまぁまぁ優しい時間になってます。
 
img20121228_133.jpg img20121228_088-.jpg
埠頭側に押し込むため、牽引から推進に。機回しして準備完了バッチコイだぜ。
 
img20121228_150.jpg
埠頭側の引込み線はカーブしていて、踏切からは積込設備など構内の様子は伺えない。
 
img20121228_163.jpg img20121228_186.jpg
今度は石炭満載の編成を引っ張り出す。
 
img20121228_195.jpg

img20121228_208.jpg
踏切に零れ落ちた黒い宝石。
 
img20121228_203-.jpg
この後は浜川崎に向けて出発する石炭列車を昭和で迎え撃つべく移動んぬ。
 
img20121228_218-.jpg
大型クレーンたちがアップを始めたようです。(違
ちなみにメルセデスマークにFAUNの文字を掲げたタイヤいっぱいの巨大なクレーン車は、Faun製の車体にメルセデスのエンジンを搭載してるためのようです。どちらもドイツのメーカーです。
これに日本のタダノのクレーン機を荷台に備え付ければ写真のようなクレーン車になるし、荷台がフラットなので超重量級の「何か」を運んだりもできるのです。
 
img20121228_226-.jpg
前回・・・約5年前に来た時は円筒型のガスタンクのような設備がどーんと広がっていた敷地。今はがらんどう。
遠く塀越しに機関車が見えます。
 
続きます。
2013/01/03 21:55 | オフ会 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < つるこん#2 | H o m e | the Royal 2013 > > o l d
コメント
おぉ、いいねぇ
石炭貨物、いいねぇ!
そんな感じで、あけおめで御座る。
by:ghost | URL | #EBUSheBA【2013/01/04 07:43】 [ 編集] | page top↑
あけおめっす(ぉぃw 
今年もよろしくお願いしますッ。
 
>石炭貨物
ありがとうございます。(´∀`*)
どうも自分は「秩父」の呪縛から逃れられません。
否、逃れようともしてませんが。(笑
 
以前はこの貨車の所属先である武州原谷まで秩父鉄道線内を走る事もありましたが、最近はちょっと不明です。太平洋セメントが不振で、原谷の工場を止めちゃってるというのを風の噂で聞きましたので(w
そうなると三ヶ尻(本線から離れてる貨物駅)までしか来ないのかな?と思ってたのですが、去年夏に武川で見れましたので、駅から少し歩けば間近で見れますですよ。
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2013/01/04 12:34】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック