■灼熱の青
8月の最終週、世の中的には夏休みの終わり。
45-50sさんとゆきもよくんとオイラとで色々遊んできましただ。(´∀`*)
 
img20120819_059-.jpg
 
あ、この写真は別の日に撮ったやつなんですが、タイトル画にするにはちょーどいいかなーと。
DPP(CANONのRAW画像を弄るソフト)で思いっきりドギツイ色にしてあります。
本稿は8/27の秩父編で御座いあす。
img20120827_029.jpg
おなじみの御花畑です。
  
img20120827_035.jpg
これももう何度目だよ!って構図ですが、そう解っていても毎回ワクワクしてしまう魅力。
 
img20120827_050.jpg
お次は飛んでもう武川。武川までは非冷房の元JNRモハ101型に1時間近く揺られるという、現代ではよほどの事が無い限り味わえないであろう灼熱世界を堪能しました。実に素晴らしいw
 
img20120827_056.jpg img20120827_071.jpg
陽炎に揺れる1000系の黄色にデキの青、草生す緑に線路の赤茶色。世界は色に満ち溢れているよ。
右の写真は、2年前のくるりたび#なかの横田駅を思い出させるような、どちらも単線で草生してるだけですね。
 
img20120827_072.jpg
情熱の赤いデキ。赤ベコじゃねぇですよ?
 
img20120827_084.jpg
オレは茶釜なんだよ。干しぶどう色でもマルーンでもないんだよ。信じてくれってば。
 
img20120827_131.jpg
秩父鉄道といえばやっぱりオイラにとってはこの色の1000系です。
 
img20120827_150.jpg img20120827_165.jpg 
img20120827_168.jpg img20120827_182.jpg
貨物4景。
三ヶ尻方面には多くの列車が設定されているので、のんびりしてるようで頻繁に列車の往来があるような印象。
如何にも「貨物列車」な光景が広がっていました。
 
img20120827_214.jpg
熊谷にて、
羽生発熊谷止まりのワンマン列車1000系から、熊谷始発のツーマン列車5000系に乗り換える乗客。
 
img20120827_218.jpg img20120827_245.jpg
折り返し発車までの間にじろじろと撮影できましただ。

img20120827_255.jpg
この後昼食で。
 
img20120827_259.jpg
ゆきちゃんが運用を読んでくれたので、熊谷から三峰口までコイツに揺られて行きます。
 
img20120827_312.jpg
当然、非冷房車にて(w わがまま言ってMT46サウンドを堪能させて頂いたんで御座います。
 
img20120827_321.jpg
影森辺りを過ぎると、風の匂いが変ります。
 
img20120827_328.jpg img20120827_331.jpg
窓は開いたり開かなかったり、冬は隙間風。ガタガタボロボロなんですよね。
 
img20120827_333.jpg
本当はもっともっと走ってて欲しいけど。
 
img20120827_342.jpg
三峰口で並んだ2色。
 
img20120827_357.jpg
鈍く光るレール。
 
img20120827_371.jpg img20120827_376.jpg
三峰口構内の引込み線の終端。夏に来るとやはり緑に飲み込まれていた。
 
img20120827_375.jpg
架線は張られていないが架線柱が残っていて、埋もれてるけどレールもある。
この撮影してる橋にだって、線路を通す穴が開いてるくらいです。
調べたら、かつてこの先に鉄鉱石の積み込み設備があったらしいですし、
その先の線路も、旧大滝村辺りまで延ばす計画もあったそうな。
駅に側線が併設されてるところは、かつて何かしらあった名残ですからね。秩父とかね。
参考:
http://www.geocities.jp/red50kei/titibu/titibu-main.html
http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/100130mitumineguchi.html
 
img20120827_380.jpg
ブレーキホースいじったり、
 
img20120827_390.jpg
連結器いじったり、
 
img20120827_393.jpg
狭い所に入って行ったり。楽しい時間はあっというまで、もうお月様タイム。
 
img20120827_395.jpg img20120827_399.jpg
夜が更けていきます。
 
img20120827_404.jpg
となりには西武線から直通してきた4000系が。このあと朝に池袋飯能行きとして折り返していきます。(間違えたw)
平日と休日では運転パターンが逆になるのであります。
 
秩父編は終わりですが、続くのです。
2012/09/03 19:19 | オフ会 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
n e w < < 浜風の赤 | H o m e | 更新備忘録:'12/05 - '12/08 > > o l d
コメント
ども。お疲れです。

三峰口の線路、鉱石の積み込み設備でしたか。
索道まであったとなるとなんだかワクワクしてきますね、というかまあ、何十年前になくなった設備に今更我々が興味を向けるとゆー構図にはむしろ薄ら寂しさもちょっと感じます。
時代が合わなかったんだからどうしようもないもんなあ。

写真のほう、最近現像時の色合いをどうしたものか迷ってるんで、参考になります。

武川の4枚の右下、構図や目線の高さと相まっていい感じです。
今までなるべくナチュラルな色合いに固執していたのですが、自分もこういう現像をもっとしてみるべきかもしれないな。

1000形車内の縦構図写真も印象的ですね。
これは光が当たっているところと暗いところの切り分け方が鮮やかで。幾何的な美しさがあると思います。

京急のほうの北品川の斜め800形も好きです。自分も似たような構図を試したけどいまいちでしたw

次は鶴見線ですかのうwデハデハ。
by:45-50s | URL | #6i7h.Hd.【2012/09/06 16:59】 [ 編集] | page top↑
どもども~ありがとう御座います。
三峰の先っちょは、雑草が立派過ぎてあんまり見えませんでしたねー。もし積み込み設備の廃屋でも残ってたら、影森の先の三輪採石所よりももっとアヤシイ雰囲気だったんでしょうねぇ。流石に行くのはちょっと躊躇いますが・・・蚊に刺されまくってやばいですよね。行くなら冬がよさげです。
何もないところに「過去」を探しに行くのは、確かに虚しいものがあるかもですが、一種の現実逃避ですかね(笑 現代には魅力がねぇ。みたいな。自分でも何がそうさせるのか、あんまり考えた事はなかったんですが、考えてみても解んなかったりして。(ただのバカです・汗)
 
現像の色は、個人の趣味なのでなんともいえませんが、Canonのカメラがそもそも色濃いめ、コントラスト強めなイメージで、いつの間にかオイラもそれに染まっちゃった感じかもです。写真って言うよりも、「絵」っぽくしちゃうのが好きみたいです。
世界を「ありのまま」に写す(ニュートラル)のか、それとも自分の好みを重ね合わせて・・・事実を歪曲してしまうか、というと大げさですけど、写真として本来あるべき姿ではないのかもです。言うなれば、プリクラのデカ目機能とかデコレーション機能に等しいとか・・・今スゴイ大人数を敵にまわした様な音がしたぞ。
絵としてのインパクトは、いじった方が出るのかなとも思うのですが、どっちが良くてどっちが悪いという事よりも、結局は作者の感性に従う・・・って所ではないでしょうか。試してみて違うなーと思ったらいつも通りに戻すというのもアリかと思います。
ちなみにオイラは、好みが変っても現像し直せるようにRaw画像は全部とってあります。。HDD容量喰っちゃって堪んないですけどね。
 
1000系の車内の写真は、元々暗めに写っちゃってたものを、強引に調整したものです。(汗 
光って難しいですよね。。元々の写真が明るい=露光時間が長いと、光はぼんやりしてしまいますし。(その写真の前2つがそんな感じです。)国電のデザインは至高の機能美ですよネ。(´∀`*)
一方で、車内の写真は、窓が光ってるのを狙ってました。窓越しではない外の風景がピュアに映って、そこに窓がない事を主張したつもりでしたが、言うほど差が生まれなくてイマイチでした。(笑
 
京急のはほんの出来心だったのですが、自分でもちょっとお気に入りです。ありがとう御座います(´∀`*)
あのロケーション(曲線、背後に勾配)だったから、絵として成り立ってるのかもしれません。なんちて(笑
 
冬は鶴見線ですねーw貨物いっぱい見ましょう。
またよろしくお願いしますモハクモハ(ぉ
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2012/09/06 19:50】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック
夏の写真だらけ(1)
<夏の品川>  今年の夏はmokoさん、ゆきもよさんに連れられて京急に秩父にと出かけたのですが、それで久しぶりにちょっと鉄道写真熱が復帰して、色々なところで撮影をしました。  ... such a cool【2012/09/30 19:52】