■ジェットタウルス
TrainBannerForum '12/3/4 UP
obb_Rh1116_1a_Railjet.gifobb_Railjet_Bw_2.gifobb_Railjet_R_2.gifobb_Railjet_At_2.gif
■[9614]Railjet機関車
■[9613]Railjet客車

*TBFの投稿は削除しました。リンク先は違う形式になっている場合があります。
 
何だか久々な欧州車。(ww オーストリア国鉄(OBB)の新しい国際特急その名も「Railjet」。以前にテストカラーリングのタウルスを描きましたが、その頃に既に言及している「正式版」が今回の絵です。
カラーリングの解釈についてはかなり個人的な趣向を込めています。写真によっては赤の濃淡だったりもするのですが、折角ならばと鮮やか目に色を設定しました。
客車では窓付近にかかってる「railjet」のロゴは正直見えづらいですが、頭の中にrailjetの文字を思い浮かべながらずーっと見ていると、段々ロゴが見えて来るようになります。たぶん。きっと。
 
Railjet-7R_2.gif
実車は7両編成+機関車で1編成。SBBのRe460/EW4と同じように機関車と同じ顔(つまりタウルス顔)の制御客車が逆端に連結されていて、ペンデルツーク方式になってます。
多客時には2編成併結することがありますが、SBBのように客車だけを増やすのではなく、機関車も一緒に増えます。2編成併結なら1端と中央に機関車が連結された状態と言うわけです。
また、まれに推進運転では危険と言う判断なのか、制御客車側に機回しして牽引することもあるようです。
あ、ちなみに↑の絵はTBFにUPしてある編成絵の逆向きver.ですよ。
 
制御客車はタウルス顔といっても、Rh1216のようなヒラメ顔の方が元になってるので、牽引機であるRh1116(元祖タウルスRh1016と同じ顔)とは若干雰囲気が違います。機関車は国際列車ということで多電源方式のRh1116ですが、客車デザインに合わせて腹部?台車間にカウルが取り付けられています。また、テストカラーではマヌケだった連結面側(帯が有る側)の塗装が若干見直されて、側面の帯びはランプケース上で終了して正面のブロックには回り込ませないようになりました。少しの差のように思えますが印象の上ではだいぶ変わりまして、マヌケさは消えてますし、前後のバランスも取れています。
 
どーでもいいことですが、作画工程の関係で機関車と客車の向きが逆(機関車が_1なら対応する客車が_2)に付番されてたりします。(TBFにある分は問題ないですが。)
 
 
ところで、レールジェットという名称、線路上でジェットコースターみたいに走らせるNゲージを想像してしまったのですが、アレはマジでやめて欲しいね。
楽しみ方は人それぞれだろ、って異議を唱える人は鉄道ファン界隈以外のどの界隈にも居るんだよね。自分がいざその立場になったときに他人にとやかく言われたくないからその予防線なのだろうけど、それがまかり通るのは他人や世の中に対して「実害」を与えない場合のみであって、鉄道の界隈ではそうは行かないケースの方が多いのですよ。
ジェットコースターのように高速走行させた結果、脱線による進路妨害、物理的な損害を近隣を走る他の人の大事な車両や、利用してるレイアウト設備等へ与えるなど、実害が発生してるから止めろと言われている事に何で気づかないのかなと。
 
この辺が理解出来てない内は、世の中に放ってはいけないと思うんだよね~。
と、ネタのついでに愚痴ってみました。世の中思い通りには行かないもんだね。。
2012/03/05 03:00 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < めんまと。 | H o m e | 月の民 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック