■小田急にゃんにゃん
TrainBannerForum '12/02/22 UP
 
今日2/22は 2 を (='ω'=)にゃぁ でネコの日なんだそうで。
oer_2201-2202_1.gif
■[9596] 小田急 2200系
鉄道でネコといったらコイツでしょうw
って言うネタ、実はかなり前から描こうと思って下地準備だけしてあったんですが、今までずーっと放ってたものでした。最終更新が07年・・・そんなに放ってたっけw
いつぞやの2/22はTGV描いてたよなぁというのは覚えてるんですが、そもそも新潟交通の2220系を描こうと思ったのがそのくらいの頃で、ネコの日に合わせようと思ったのはもう少し後かも。どーでもいいですが。
 
床下の資料は主に鉄コレ。ネット上の写真と比べてみてもかなり的確にモデリングしてあるようなので、ほぼ鵜呑みしてます。第3弾だか4弾くらいのモデルだったと思います。青帯がデカール?なのか、場所によっては剥がれやすくて萎えたものですが、塗装以外は凄く良く出来ているのにこんな安価で良いのかよ、と驚いたものです。
車長17.5mという微妙な長さですが、窓割りの関係でとんでもなく短くなってしまいました。。17m級の西武351系が115dotに対するこれは117dotと2dotしか違いがありません。
でもでも、雰囲気は割りと出てるかなーと。自己評価激甘スイーツ級(爆
 
この2200系から2300系辺りまでをABFM車と言うそうですが、小田急って~車っていうの多いね。HE車とか。
西武でも101系の事をAllroundServiceCer=AS車っていうマイナーな呼び名があるらしいですが、小田急みたいには定着してないですな。
ABFMってのは自動進段+バッテリー等低電圧電源での制御指令(同車はMGから給電)+発電ブレーキ常用+多段制御の意味だそうで、ウェスチングハウス風な呼び方をしてる三菱製の制御装置形式名から来てます。本家ウェスチングハウスのABFMってのは単位スイッチ(空気で動く)の事を指してるらしいですが、コレは電動カム軸で進段するもの。ちなみにバッテリーの代わりにMGで制御用電力を給電してるので、サービス電源とは別に小さなMGが各先頭車に搭載されてます。(やたらMGの搭載数が多いのはこの為だと思われます。)
このウェスウチングハウス風のネーミングで、他に有名なのは「HL」ってのがありますね。Hは手動進段、Lは架線電源を制御用電源に使うの意だそうで。HL車で有名なのは名鉄ですが、晩年HL車と呼称されていた車両たちは厳密には手動進段なだけでHLじゃないらしいですネ。小田急のABFM車以前の車両はHB制御=手動進段バッテリー電源だったようで、やっぱり制御方式から「HB車」と言うそうです。
 
鉄道業界が新性能電車に移行し始める黎明期に登場した車両で、東急5000系なんかと同級生かな?駆動方式は2200系では直角カルダンドライヴだったのが2220系では平行カルダンドライヴ(WN駆動)になってます。ブレーキはHSC-D。台車はアルストムリンク軸支持が特徴的なFS203。ブレーキワークは各台車にシリンダを2つ持ちリンクにより連動する片押し式、車体支持は揺れ枕にコイルサスであっさりした感じの印象です。これ以降小田急の通勤型にはアルストムリンク支持が常連となって、HE車の台車はブレーキ両抱き、ダイレクトマウント式エアサスで、GM風に言うところの「小田急FS」の御馴染みのカタチになってます。
 
ところで、2200''系''って言っちゃってますけど、正確には奇数偶数の差はあれどデハ2200型しか存在しないので2200''型''と呼ぶべき・・・なんですが、京急800の時と同じく「奇数と偶数で2車種描いたので感覚的には2形式」って事で2200''系''が日向車両的には正しいです。(爆
2012/02/22 22:22 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 「のんある気分」のCM - 2 | H o m e | ちょこれいと・ついんてーる > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック