■R.A.C.!
数日前です。
○カラオケの後、電車無くなっちゃってみんな帰っちゃって一人寂しくAllした翌日(悲壮感以外の何も無い・爆)
人の居ない西武球場行きの狭山線でTK-4DとNrbを堪能した後、戻って西所沢で電車を待ってたら、目の前をスゴいものが通り過ぎたので、帰った後に300mmを持って再度出撃。
 
とりあえず車庫に入ってしまっても大丈夫なようにと、チャリで20分強、小手指で狙ってみる。

ホームの影からそいつは現れた。


Red Arrow Classicです。全く何て事してくれたんだ西武よ。
 
クラッシックと名が付く由縁は、現行のレッドアローがNRA(ニューレッドアロー)という愛称である事から想像付くかもしれないが、現行の紫色の10000系レッドアローは2代目なのである。

↑これね。
この2代目レッドアローに、先代の5000系レッドアローの塗装まとわせたので、NewではなくOldでもなくClassicなのです。
 

今度は場所を変えて、武蔵藤沢~稲荷山公園の豊岡カーブにて。ピント甘ぇ(汗
 

意外にも側面だけ見てると、5000系レッドアローを髣髴とさせるものがある。
実はこの前日に、小手指車庫にて電車の窓越し(手前に30000系が居た)にこいつの存在を確認した時、本当に5000系が復活したんじゃないかとさえ思えたくらい。
といっても最近のmokoの目は誤魔化されやすいのですよ。伊豆箱根の元701系が赤電に復活したというニュース、塗り別け線の違いに気づけなかったし。。
 
流石に全面はデザインが違いすぎるのでは、と思ったけど、5000系でいう窓下の飾り帯部分が、10000系でも窓と連なった意匠であるため、ステンレスリブにような塗装にしたら意外とカッコイイではないかっ。
ただ、5000系ではランプケースがあった部分は単なる曲面であり、かと言って腰部の赤帯を巻いてしまうとダサいからだろう、乗務員扉のあたりでカットされている。無理に再現しなくて正解だと思う。
 
正直、紫というか暗色系で見慣れてしまった目には、鮮やかに映りすぎる感は否めないんだけど、でもE31が居なくなっちゃった今、再びこの塗装をまとってくれてるという事実。嬉いよね。
 
 
おまけ。
 
 

ひぃ、ふぅ、みっつっごっ!。。。10000系は西武の電車じゃないけど。
 
小手指で狙おうって思ったときに、飯能方から回送で来られたらアウトじゃね?とか思って最初はこっちに居たんですよ。
でも長玉しか持って来ないというアホをしてしまった。手前は無理だわ。。。という訳でコイツをとってそそくさと退散したのです。
 

何の変哲も無い6000系です。本当はこっち側で特急が撮れたら良かったんですが。
 

すのーまんっ。今年は雪は降るのかな。
2011/11/30 11:45 | 実物 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 去年の12月1日 | H o m e | vrm4ビュアーのカメラ挙動 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック