■秩父行脚*2
前回の続きでさぁ。
img20101231_194-.jpg
前回は好評価頂いた写真がいくつかありましたけど、今回は多分全部イマイチだと思います。緩く御覧下されり。
横瀬で撮影の後はお花畑で天ぷら食べて目指すは上長瀞。
 
img20101231_153-.jpg
親鼻橋梁・・・正式には荒川橋梁って言うらしいですが、その横(だいぶ遠い)に架かる車道橋がたしか''親鼻橋''だったと思うので、こっちもそれで良いのではないかと思ってしまいたい訳ですが、如何考えても親鼻より上長瀞からの方が近い訳で。そして赤いガーダー橋であり、超有名な撮影ポイントである。
 
img20101231_156-.jpg
5000系(←元都営6000系)
img20101231_163-.jpg
デキ300+ヲキ100系
img20101231_168-.jpg
ヲキフアップ
img20101231_171-.jpg
1000系(←元国鉄101系)
 
有名であるからといって誰もが上手く撮れる訳ではない・・・マニュアルフォーカスでは大体奥の山にピントが合ってしまいます。ズームして1両だけ切り取る勇気もない。更には雲が影を作り、山を暗くしたり列車を暗くしたりするもので、結局微妙な写真に終わりましただ。3枚目のレトロ風(1000系以前の車両が纏っていた秩父鉄道色)でAKAGIくんは前面展望で両手にヲキでウハウハだったとの事(ぉw)残念ながら時間の都合でここで別れました。
 
img20101231_175-.jpg
この後、影森に向かうのであります。
 
img20101231_177-.jpg
だがしかし、来たのは西武線直通の池袋行き。あと一歩のところで影森には行かない列車。御花畑で待つよりも、秩父の構内にデキがいる筈だからそれを撮りながら後続を待つことにしませう・・・。
 
img20101231_179-.jpg
だがしかし、構内には長瀞始発の4000系が幅を利かせて退避しているではありませんか・・・。そう、朝に気づいてれば良かったのに。というか、上長瀞までの往路の時点で気付けよオイラ。
だがしかし、(いい加減ウザイ)ここで漸くテーマでもあった''武甲山''と''西武電車''が揃ったのであった・・・面目躍如?(ぉ
 
img20101231_185-.jpg
ホームの端まで行くと、デキ502の顔がちょっと拝めました。ピカピカに整備された精悍な顔立ち。
 
img20101231_182-.jpg
デキと4000系の並び。
 
デキは撮れませんけど、手前の4000系は始発の長瀞まで回送される手前、起動試験等を行なっていました。
次の電車が来るまでかなりあったので、一通りディテール観察・・・。
 
img20101231_198-.jpg
光が見えた。この日初めて見れた1000系CTK標準色。
 
img20101231_200-.jpg
そうそう、この顔です・・・デハ1003は、2年位前に親鼻→皆野で収録したクルマです。
これで影森に行きますが、それはまた次回のお話ということに。
 
       つづくべべんっ。
 
秩父行脚:*1*2*3 
2011/01/16 02:55 | オフ会 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 秩父行脚 *3 | H o m e | 秩父行脚 *1 > > o l d
コメント
>6枚目(1000系復刻カラー@親鼻)

あ、いたいたオレ!ほらそこそこ!

・・・実は、1000系乗車時は常に前にかぶりついていて、それが全部羽生方面の電車だったのでMT46の御音を拝んでいないのであります。
by:AKAGI | URL | #7IiVxrGs【2011/01/16 09:20】 [ 編集] | page top↑
あ、ホントだ!1ピクセルだけ写ってる!ほらそこそこ!

ちなみに1000系の写真、自分はうっかり直前の貨物と同じ露出で撮って失敗でございました。
by:45-50s | URL | #6i7h.Hd.【2011/01/16 15:28】 [ 編集] | page top↑
どもどもお二方。
>ほらそこ
>1ピクセル
んなアホな事あるワケ・・・ホンマやないか。(笑
 
>>AKAGIくん
>MT46の御音を拝んでいない
うぬぬ、それは残念ですに( ´・ω・` ) 走行音というとモーター駆動音が主役になっちゃうけど、クハの純粋な''走行音''もなかなか味があるんですぜ。
 
>>45-50s兄ぃ
>直前の貨物と同じ露出で
マジですかぃ・・・マニュアルで撮ってるとそれが怖いんですよネ。
因みにオイラのはピントが山に行ってたり、絞りすぎてブレてたり、傾げてたり(汗
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2011/01/16 23:25】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック