■多摩川線 弐
今回から「散歩」のカテゴリは電車実物に関係ある時は「実物」、該当しないものは「電波」扱いになります。
その他諸々変更を施しています。mailは一応''暫定''ですが。
 
img20100616_032-.jpg
 
多摩川線、何故か続いております(笑)今回は、これもまた去る6月中旬頃の話です。
4月の終わり頃、しぶとく使い続けたオンボロは仏になったと見限り、中古ながら上位機種に手を出しました。
だがしかし、買ってからと言うもの、所有感でお腹いっぱいという感じで、被写体に萌えることも無くダラダラと過ごしていました。これではイカン。何所かに行こう・・・と近所をふらついてみました。
 
img20100609_004-.jpg
ズームも効くし、遠くまでよく見えるなぁ・・・。3000系はパンタ削減が行なわれていない上にモハが3ユニット連続なので、いい感じにパンタだらけです。奥に見えるのは御馴染みのラリー仕様です。(違わいッ・笑
 
img20100609_007-.jpg
263Fだなぁ・・・。
 
そういえば、多摩川線には真っ白の2編成目が行ったんだったな。折角だからまた多摩川線でも撮りに良くかのう。
 
*    *    *    *

img20100616_043-.jpg
で、その数日後。再び行って参りました多摩川線。よく見ると、随分と可愛らしい字体です。
 
いつぞやのRMだか何かで見た構図を求めて、今回は駅撮りではなく沿線から撮ってみよう・・・ということで、武蔵境から炎天下を歩くこと十分強。ポイントに着く頃にはカメラ片手に汗まみれです。アヤシイ肉だなぁ。( `A´; )
img20100616_006-.jpg
まさか西武電車よりも先に中央線を撮るハメになるとは・・・というか未だ走っていたのか。これが帰ってくる頃には武蔵境で待っててみようと思ったのですが、欲張っていたら間に合わず・・・(武蔵境に戻る途中で抜かれました。)
 
まぁ、201系は昔に腐るほど撮ったので、もういいや。
 
img20100616_019-.jpg
中央線と離れて、途上に降りてくるポイント。下りカーブの真正面から狙う。
 
img20100616_023-.jpg
後追い。少し横にずれて奥を狙ってみました。背後の工事用のクレーンが何とも''過渡''的な感じです。
 
img20100616_031-.jpg
更に折り返し。この日の一番気に入ってるショットです。
 
・・・そうです。ずーっとこの場所に執着してたんです。なかなかイイ画が撮れないぜぇ・・・とか思いながら。
img20100616_037-.jpg
その気になれば、新小金井まで歩いて行けた距離でしたし、この日は低運転台車が2編成とも動いていたのだから、離合(並び)を撮っておくべきでした。そう考えると、もう一月以上足の調子が悪い事になりますが、うぬぬ。
いや、足もそうですけど、201系が豊田から上がってくる等が気になっていた所為もあったんですが(笑 
 
で、

駅撮りでない本当の目的は、走行中のNrbサウンドごと動画が撮りたかったというのが一番だったり。
本当は踏切じゃない方が良かったんですけど、仕方なく。
 
 
*    *    *    *

 
img20100616_022-.jpg
 
拙い写真でも、練習台でも、今を記録することに意義があり、意味がある。
記憶はいつか風化するでしょう。こんなに好きなNrbのサウンドもいつかはかすれて記憶の闇に消えるのでしょう。
その世まで、再生する術さえ残っていれば、記憶の欠片を持って行ける。
 
今度こそ終わりますが、そのうちまたリベンジしに行きます・・・3編成目が仕上がらないうちに。
2010/07/19 02:22 | 実物 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 銀色い流星 | H o m e | 多摩川線 > > o l d
コメント
高架を降りてくるところ、いいっすね。まさに過渡期のような現在の記録にもなってるし。

きれいな写真を撮ると、どうしても余計なモノを捨象しようとするせいか、浮世離れしたのっぺりした絵柄になってしまうことが多いですが、そうすると臨場感も捨てることになってしまいがち。なので生の臨場感を残しつつきれいな写真を撮る、というのを意図的にできるようになりたいなーと思ってる今日この頃です。

ところで足傷めたのですか?お大事に。
by:45-50s | URL | #6i7h.Hd.【2010/07/20 22:00】 [ 編集] | page top↑
どもです。バタバタしとったもんで返信が遅くなりました。
>生の臨場感を残しつつきれいな写真
バランスが大事なんでしょうな・・・なんて、アーティスティックの欠片も微塵も無いオイラですけども。
読んで字の如く写るのは真実・・・というより撮影者の心かもしれませんが、物理的な意味での「腕」だけでどうにかなるわけでもないし、綺麗に撮ろうと思うと写真趣味ってディープですよね・・・。
>足
書くネタに詰まって余計なことを書いちまいまして(汗)心配さしてしまってゴメンなさい。
所謂怪我ではないのですが、元々悪いのが更にちょっと調子が悪かった・・・と言う感じですかね。多分疲労による''故障''(笑)だと思うのですが、今思うと意識が狂ってそう感じてただけかも知れません。
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2010/07/22 01:24】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック