■KATOのDT21が全くの別モンだった件。
やっとの思いで漸く手に入れたぜ!KATOのDT21(動力台車)なんですけど、
img20100517_088-.jpg
左:在来品 右:今回品
高さが違うんですね。ただ単に細工しただけかと思ったら、動力ユニット接続部のツメの高さは変わってないんです。そんで、よく見たらモールドも違います。要するに別物。新仕様。
元々、関水のDT21は少し上にズレていて、下からは車輪の輪芯部分まで見えてしまっていたので、特に銀色車輪では異様に目立ってしまい、軸周りが同じ形状のTR62と並べると少しチャチな印象でした。
長年放ってきたそれを、前回113系湘南色4Rセット生産の際にリニューアルしたのでしょうけど、最近のKATOはこういう仕様変更を一切宣伝しませんよね・・・車輪も規格が変わってるみたいですし、何だかシマウラ気分です。
最近は115系のバリ展が予告されていますが、金型が新しくなったおかげでこの台車も生産し易くなったんでしょうな。昨今は客の目もすっかり肥えてしまって、昔のままではプロポーション云々と文句を言うヤカラも居るでんしょう・・・。因みに、個人的には以前の彫が深かったDT21の方が好きです。ウチでは銀車輪の側面は黒で塗るのが通例なんで、チャチさとも無縁ですし。(笑
2010/05/18 01:52 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 必殺!ドローバー | H o m e | 試運転中 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック