■モハ9204
久しぶりの音ネタ。だと言うのに絵無し!しかも去年の音です。
■MP3モハ9204
9000系で御座い。当初の足回りは101系の主要機器を流用したもので、末期に残った9003Fはかなり良い音を奏でていました。本線で走らせるなら発電ブレーキでは勿体無いということで、9006Fを皮切りにIGBT-VVVFに換装されて現在に至ります。日立製2レベルIGBTで、同社20000系とは同じIGBTでもサウンドが異なります。VVVF化に際して台車はFS372のままでWNドライヴになっています。所沢工場の遺作であるこの系列は動力車の床に点検蓋があり、車両によっては惰行時にはWNドライヴ特有の音と共にビリビリと鳴ります。
 
区間は小手指(始発)→西所沢です。起動時に「カッキン」という音が聞こえますが、恐らくVVVF装置か何かのスイッチングの音です。折り返しや運転士交代などの操作のあとはほぼ必ず鳴る様で、同社20000系も同じです。
2010/04/24 02:46 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 春。 | H o m e | Trainz - FS372製作中 - Fin (6.1) > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック