■西武411系(II)、401系(II)
TrainBannerForum 08/11/08、11/18、10/02/14 UP
*例によって、File名と実物車番は関係ない時もあります。
seibu_411_1.gif
[7733]411系(II)
seibu_1453_1.gif
[8648]411系(II)vol.2
seibu_407_1.gif
[4013]401系(II)
411系(II)は、701系の増結用或いは支線の短編成用として製造されたクルマで、車体は701系をベースに、先頭部は451系似の切妻とされました。また、801系と同時期に製造された分は雨樋が801系と同じ高い位置に変更されています。名目上はカルダンドライヴ701系の増結用ですが、足回りは従来同様の旧性能とされ、クモハはTR14(≒DT10。後年はFS40に交換。)クハはTR11です。編成は2連のみで、クモハ411奇-クハ1451偶、クハ1451偶-クモハ411奇がありました。
その後、701系・801系は冷改・HSC化が行なわれて従来車との併結が出来なくなり、これ等の増結用である411系も同様に冷改・新性能化が行なわれました。クモハが奇数車の編成は方向転換して向きを揃え、元来1M1Tでしたが新性能化に際し全車電動化され、クモハ401奇-クモハ401偶となります。台車はFS342(=DT21)ではなくエアサスのFS372、モーターは冷却ファン改良型のHS-836-Krb(これもまたMT54とは違うサウンドで、高速域はMT55Aに近いかも。)クモハ偶数車にはパンタを増設し、奇数車には大型のMGを搭載。車体は種車である411系(II)ほぼそのまま、塗装は701系と同じく黄色となり、先頭部は腰部テールランプ周りにステンレスの飾り帯が追加されて、かなりアクの強い顔になりました。
ちなみに、新性能化で余ったFS40は551系に流用されています。
 
411系(II)、411系(II)vol.2、401系(II)共に、左から前期型(雨樋低)、初期型、後期型(雨樋高)です。
また、411系(II)は全てFS40仕様です。
 
 
おまけ : moko製TBの変移 西武401系編
seibu401Historic08.gif
上から順に、
初代  (2005/01)
2代目 (2005/12)
3代目 (2008/11 最新)

 
意外と古株なんです。初代は逆向きです。(同時期の701系も逆向きでした。)
2代目は701系や801系にもこの床下を流用してましたが、401系としては結構忠実です。
2010/03/29 00:00 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < 西武801系 | H o m e | あれ?? > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック