■スクリプトウィザードの良し悪し
*飽くまで個人的な解釈であり、戯言ですのであまり真に受けないで下さい。
スクリプトウィザードの使い勝手が悪いという話がこちらで噴出(大袈裟)しております。ヲフ会の折にもチラホラ耳にしましたけども。
使い勝手が悪いのは書く側にとっても同じだったりします。・・・僕の場合は、偶にそう思うときもありましたが、普段はその使い勝手の悪い仕様の中に納まりきる程度のことしかやってませんでしたので、極偶にです。
 
使い勝手云々について、もう少し詳しく聞いておけば良かったなぁ・・・と、ちょっと後悔しているんですが、とりあえず個人的に考えられる原因をいくつか挙げてみます。
 
■設定項目が多い
これは、複雑なギミックを組み込ませるにあたって、利用する側の広範囲のニーズに答えようとした場合、こうなり易いかもしれません。
つーか、パラメータセクションで規定値の設定が出来るんだから、「簡易ウィザード」選択時にパスする項目くらいこっち側で決めさせろっての。
 
■オブジェクトの選択がやりづらい
センサーや車両を選択する際に「部品名」が羅列されるだけなので直感的に判り難い。
配置座標が出ていたり、選択された部品にレイアウターの画面が移動したりはしますけど、もうちょっと判り易い方法は無いものか・・・。部品名を予め決めておけば良いと言えばそれまでですが、正直面倒くさいとか。
 
■エラーが出る
スクロール(I.MAGIC的に言えば「魔法の書」)単体でエラーが出ると言うのはこの場合論外。それはただ単に製作者が悪い。
複数のスクロールを組み合わせた場合に割と有り得そうなのは、1.変数名/メソッド名が被る 2.タイマー系のイベントがかみ合わない(厳密にはエラーではない) 3.部品名、または変数/メソッド参照の空振り 等。
1は、対処策がありますから、それさえ怠らなければ良い。・・・というか、メソッドの名前もヴァリアブルセクションで宣言すれば被り回避できるワケ?マニュアルにそういう記載は無かったけど・・・あとで検証してみます。
2はエラーと言うかミスですが、これは使う側が頭を使わなければならず、スクリプトウィザード経由でなく直接パラメータをいじった方が直感的なのかなぁ・・・とも思うんですけど。それでは本末転倒だわな。
3は書く側、使う側双方で配慮しなければいけないのですが、スクリプトの中に部品名を固定的に参照する命令がある場合、その部品名が存在しなくなる(名前変更または部品削除)と「空振り」状態になり、ビュアーは立ち上がりません。また、部品をコピーで増やした場合には部品名もコピーされますから、そのままでは部品名が被ります。固定的に部品名を参照して且つ、同一部品名複数の部品に異なるスクリプトが記述されている場合は、ほぼ間違いなくエラーが起きます。
書く側は、出来るだけ動的に参照する等の配慮をするようにすれば良いのでしょうが、僕の場合は腕が無いので上手く書けません(笑)
 

■数が多すぎて何所にあるか判らなくなる
これまで発表されてきたスクロールを全部VRMに読み込ませると恐ろしい量になりますよね・・・。
wizardフォルダの中身をカスタマイズして自分好みのスクロールだけにしてしまえばスッキリしますけど、現存するか分かりませんが製品状態で入ってるファイルを改編(移動等)してアクセスできなくするとレイアウターがショートカットから起動できなくなるバグなんだか仕様なんだか判りませんが、ちょっと困った現象が起こるっぽいのであまりオススメではないです。
 
エラく長くなってしまいましたが(笑)
勿論、欠点だけではなく、利点もあるワケですが。
 
(上手くやれば)変数名/メソッド名が被らずに済む
■部品を固定参照の場合に部品名を間違え難い
要は、タイプミスは減りますよね。という点です。
 
・・・あれ?これだけかよ。
 
 
因みに、過去にghostさんが提起していたプルダウン式の選択項目とか、先述の「簡易ウィザード選択時にパスする項目」の決定権辺りが個人的には欲しいですね。使う側は数値を直接入力する手間が省けるし、書く側としても手間をかけさせなくて済むと言う点で精神衛生上良いと思います。パスのそれも同じく、書く側が定めたデフォルトの設定のままで良いという人は文字通り一発組み込みが出来ますし、細かい設定をしたい人は詳細ウィザードで地道に。両極端化してしまいますが、個人的にはそれでも良いと思います。


全てが良いワケではないですが、かといって全てが悪いワケでもありませんからネ。
時と場合に応じて、都合の良いように使えば良いんではないかと思いますよ。>スクリプトウィザード
 
 
以上。とっても長い戯言でした。
2009/02/16 02:00 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < デハ1108 (1) | H o m e | デハ6101 > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック