■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑
■西武2000系 弐
TrainBannerForum 10/26UP
2000系の弐です。今回は2000N系('88以降製造分)を。

seibu_2501_1.gif
[3769]vol.1 ('88)
4連登場当時の姿。(スカート装備以前。足回りのトーンを明るくしています。)
seibu_2505_1.gif
[3770]vol.2 (~'03 ~'08,2 '08,3~)
[7594]~[7599]等と併用して4連を作るための差分です。
seibu_2051_1.gif
[7594]vol.3 (~'03)
6連 検査標記移動前
seibu_2053_1.gif
[7595]vol.4 (~'08,2)
6連 検査標記移動後
seibu_2051_1.gif
[7596]vol.5 (~'03)
8連 検査標記移動前
seibu_2055_1.gif
[7597]vol.6 ('08,3~)
[7598]vol.7 ('08,3~)
新社紋貼り付け 6連/8連
seibu_2451_1.gif
[7599]vol.8 (~'03 ~'08,2 '08,3~)
2連 検査標記移動以前、後、新社紋貼り付け
seibu_2047_1.gif
[7500]vol.9 ('08~)
[7601]vol.10 ('08~)
体質改善車 2047F(6連)/2081F(8連)
 
TrainBannerForum 09/12/09UP 追加)
seibu_2197_1.gif
[6141]モハ2197(~'03,'03~)
VVVF試験搭載車
'88年以降製造の2000系は外観を大きく変えており、一見別形式かと見間違えてしまう程です。単に後期製造分というだけであって、東武の8000系などのように「更新」により姿を変えたという訳ではなく、また西武9000系がほぼ同形状の車体を持つため、見分けられない人も結構いるようで何となく不運なクルマです。
ロールアウトして数年は、研修施設が対応できなかったらしくスカートが取り付けられていませんでした。当時の西武電車はまだ床下を今に比べて明るいグレーで塗っていたため、vol.1ではその辺も再現しています。スカート取り付け以降の4連は、vol.2の差分と他のタイトルを組み合わせることで全時代に対応します。
以下編成例。


スカート装備後:
vol.8の1両目 + vol.2の中間車2両 + vol.3 or 4の最後尾

母線引き通し後(パンタ削減):
vol.2の3両目 + vol.2の中間車2両 + vol.3 or 4の最後尾

検査標記移動後:
vol.2の4両目 + vol.2の1両目 + vol.3 or 4 or 6の2両目 + vol.3 or 4の最後尾

新社紋貼り付け:
vol.2の5両目 + vol.2の1両目 + vol.3 or 4 or 6の2両目 + vol.6の最後尾


ちなみに、8連の検査標記移動後とする場合は
vol.4の先頭車 + vol.7の中間車6両 + vol.5の最後尾
というように組む事で対応します。
現在、西武電車で最も多い電車であり、製造次数等によりバリエーションも多岐にわたっています(TBでは小さすぎて再現できさない差もあります。)08年には戸袋を廃止した、まるでJR西日本の体質改善工事施工車のような出で立ちの更新車が登場しており、さらにバリエーションが増えました。(vol.9~10)
(10/01/29追記↓)
また、車号の上ではラストナンバーとなっている2097Fのモハ2197-モハ2198はVVVF制御方式を試験的に採用しています。パンタの削減は行なわれていません。
編成を組むには少々厄介ですが、検査標記移動前とする場合はvol.5をベース、検査標記移動後とする場合は先頭車のみvol.4から持ってきてvol.7をベースとし、奇数モハをパンタ非削減車(vol.3,4,6等)に替え、2~3号車にそれぞれ適合するモハ2197-モハ2198を入れます。新社紋貼付後とする場合はvol.7をベースに先頭車を変えずに同様の入換をすれば再現できます。
(↑ここ迄)



おまけ : moko製TBの変移 西武2000N系編
seibu2000NHistoric08.gif
上から順に、
初代  (2004/10)
2代目 (2005/06)
3代目 (2005/11)
4代目 (2008/10 最新)


2000系はmokoがTBFにデビューする以前に描いた車両の一つでしたが、TBFでは3番手でした。
その中でも2000系は後期に描いたものだったので既に初代と変わらない画風であり、TBFにUPするに際して連結器の表現を弄った程度だった記憶があります。スンマセン如何でも良いですね。
2008/12/21 00:36 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < リmokoボン | H o m e | Rail jet > > o l d
コメント
コメントの投稿














トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。