■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑
■(TB3D) JR207系1000番代
tb3d_jrw207-1000.jpg
Download(5形式8車両セット)*配布中止*
○Pixivで見る
△ニコニ立体で見る
前回485系と同じコンセプト(1両あたりのポリゴン数3桁以内)で作ったJR207系です。前回記事で存在自体は述べておりましたが、去年から手付かず…というか、一旦は全てTB等倍の簡素スタイルを以って完成のつもりだったんですが、それでは流石にチョットねぇ、と言うことで今回ソレを前作485系並にブラッシュアップしたのであります。前面形状、コレでも苦労して作ったんですけど、似てるような似てないような相変わらずですな。
 
207系、尚且つ旧塗装というと、一部では未だに福知山線脱線事故のイメージが付いて回るのかも知れませんが、ソレよりも遥か以前(は、大袈裟かww)、初めて目にしたスクエアでスタイリッシュなフォルムは相当に格好良く映り、そしてRF誌'96年4月号のタイトルよろしく、東の209系と共に次世代の通勤型車両として期待に胸踊らせていたのですよ。まぁ、mokoは情報に疎く、初めて存在を認識した当時に既に東ではE231系登場前夜、西ではとっくに片福連絡が完遂されていた頃だったんですけどね。
 
今回のモデルも初めて存在を知った当時の仕様…京阪神緩行線の1000番代、片福連絡以前の姿としています。運行番号など含めて、Tomix製品のパクリだったりしてますが。
テクスチャには一応室内表現を見越してスペースを空けておいたのですが、恐らく中途半端で足りなさそうだったので方針を変え、車番や方向幕のスペースに転用しました。文字がちゃんと読めるでしょ?(爆)方向幕は西明石行きが標準ですが、差し替え用にいくつか入れてあるので、マテリアル設定から変更してみて下さい。
車番は小さく潰れてますが、当時の京スタ(吹田工場高槻派出所)T1編成(トップナンバー基本編成)+S1編成(先頭車1015番増結編成)をテキトーに選んでいます。
元ネタになったTBを描いた時の記事でRF誌'96年4月号の編成表を転記しましたが、あの表は1000番代2次車増備までの状態であり、その直後から片福連絡を見越した3次、4次増備が行われていて、京阪神緩行、福知山線の他に、片町線にも1000番代が登場していたようですが、当時の様子、古本を探して調べてみたいものです。
 
そのうち0番代も作れたら、とは思っていますが、例によって未定です。折角ならこの作風で通勤型の東vs西をやりたいわなー、とも思っていますが。…作る元気は無いのに、作りたい車両は色々浮かぶので、気ばっかり焦ってしまって、なんだか駄目ですね。
続き
スポンサーサイト
2017/09/26 05:05 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 485系「エル特急」
tb3d_485-1000_0.jpg
■Download(6車両セット)*配布中止*
○Pixivで見る
△ニコニ立体で見る
TB3Dに漸く特急電車の代名詞、485系(エル特急)が登場です。しかし今作、これまでと大幅に異なる点があります。ダンロードしてモデルの足回りをご覧いただければ、何のことだかスグに判ると思いますが。
…そうです。薄っぺらなのです。まぁ、上の画像でもよく見れば判っちゃいますよね。(汗
 
というのも、これまでのモデルは車体のローポリ、テクスチャ低解像度の「ドット絵」作風に対して、足回りは殆どフルポリゴンでした。例えば車体だけなら3桁に収まっていても、足回りを含めた途端に5000ポリゴン近くに達するのですよ。ローポリ作風なんて名乗っといてソレではチョット。そこで今回、名の通りローポリ路線に切り替えてみたのです。
img_jrw_Mc207-1000_nuv_160821_004.jpg
まぁ、そのキッカケは去年試作した段階で停まったままの207系だったりするのですけども。本当にTBをそのまま立体に起こしただけで、結果として初期の電車でGO!とかVRM2~3の頃を思い出させるような、何だがすごく懐かしい作風になってるのですが、形状的にポリゴンを喰いがちな先頭車(912△)や、パンタ付き中間車(914△)も、ギリギリで3桁に収めました。ちなみにこの試作版207系は250ポリゴンしかありませんが、流石に手抜き過ぎですね…。
 
今時、技術水準も向上してPCのパワーも昔ほど非力でなく、しっかり室内まで表現された数万ポリゴン以上のモデルでさえも容易くリアルタイムレンダリング出来てしまう時世に於いて、こんな前々時代的な作風は決して万人受けしないものでしょう。古きと嘲笑う者もあれば、或いは当時を知らない世代からは珍妙キテレツの目で見られるやもしれませんが。
しかし一方で時代はモバイル端末に流れ、ゲーム展開が未だに盛んな様子です。ここでも、超美麗だの圧倒的グラフィックだのという宣伝文句が近年散見されるようになってきましたが、昔のPCの時と同じで、端末の性能を要求されるワケです。まだ軽量モデル(豆腐モデル、なんて言い方をすることもあるようですが。)の余地はあると思いますが、まぁその辺はよく解りません。モバイル端末に限った話ではなく、エンドユーザが気軽にモデリング出来る環境が広まったことで、そういう点に配慮できない素人作品(リアルタイムレンダリングするには重すぎる)が増えて、PCユーザでさえ悲鳴を上げてるシーンは未だに目にしますがね…。
 
絶えず変わっていく世の中で、変わらないものがあっても良いでしょう。そのうち、「デジタルアンティーク」なんて呼ばれ方をするやも知れません。(んなワケが無い。)
続き
2017/09/03 01:12 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。