■最近の創作物から
trainswitch_bellswitch.jpg
↑発車ベルスイッチ風の何か
 
trainswitch_doorswitch.jpg
↑車掌スイッチ風の何か
 
trainswitch_speaker.jpg
↑ユニペックス小型スピーカ風の何か
 
…何やってんの、という感じでしょうが、これ等の3D作品は「ボタン」用の素材として作りました。
発車ベルのスイッチは首都近郊のJR駅で見られる春日電機製の防雨型動力開閉器…だったかと思いますが、スイッチがそれぞれ押された状態の画も作ってあります。同様に車掌スイッチも、上下スイッチが押された状態のコマを用意していて、ボタン付近をクリックするとjavascriptで画像が切り替わるぞ…というのを作っていました。素人が齧った程度なのでコーディングはクソですけど、一応動きました。加えて、HTML5に於けるAudio機能タグを絡めてjavascriptで制御してやると、ボタン押下のアニメーション(2コマですが)に連動して「音」が鳴るのですよ。コレは愉しい。
 
trainswitch_170409.jpg
組み合わせて、なんかカオスですけど、こういうのが作りたかったんですよ…。
音声はCD等から勝手に拝借してるので公開配布はできませんが、

↑こんな音が出てます。というサンプル。
(プレイヤーが出ない場合はコチラ)
背後にMG音が連続再生中、コンプレッサは手動で起動して30秒後に勝手に終了します。スピーカをクリックで接近放送、扉の開閉、発車メロディと戸閉放送です。これをNゲージの横でやります。(笑
 
ちょうど、Tomixから「TCSホーム用サウンドユニット」が発表され、加えて以前にあったKATOのポケットラインのサウンドバッテリーパックや、鉄道コレのサウンドユニットというようなアイテムが色々と頭を過り、自分に都合のいい内容のモノをデジタルで作れないかな…と、ぼんやり思っていた所にHTMLのAudio機能を見つけ、色々と試してる内にアレよソレよとJavascriptの泥沼に片足を突っ込んでしまいまして。今はマーキーの代わりにJavascriptを使ってTBを走らせる方向に脳味噌をコネコネしています。
あ、ちなみに、耳の良い人は判ったと思いますが、車両の音の正体は205系です。
 
img20170409_9002-.jpg
(特に意味はありませんが挿絵。)
 
以下のページはmokoの環境で動くかどうかテストしていたモノにちょっと手を加えました。他環境での動作を保証するものではありませんので、動いたらラッキー程度に思ってください。
 
JavaScriptで発車ベルスイッチごっこ-日向車両
 
JavaScriptで車掌スイッチごっこ-日向車両
 
「ファイル選択」の上下は、概ね判ると思いますけど、そのボタン付近をクリックした時にボタン押下アニメーションと連動して再生したいオーディオファイルを選択してください。
スライダは音量調節用です。デフォルトでは音量50%くらいになってるので、各々、適宜調節してください。
プルダウンメニューの内、車掌スイッチにある「車両型式」はmokoが用意したサウンド素材のプリセットです。基本はユーザ選択ファイルを参照するようになってますが、選択されてない場合は直前に選択されたプリセットを呼び出す仕組みです。初回は205系になっています。
「切替時間」はアニメーションのコマ切り替えまでの待機時間です。最大で0.6秒待機します。これはmokoのモバイル環境に於いては画像の表示が遅延したための措置です。マウス操作なら0.2秒(デフォルト選択)或いはそれ以下が気持ちいいと思います。
「ファイル形式切替」はデフォルトで用意してあるサウンドのファイル形式をwav、mp3、oggから選択するものです。先述のプリセット音源や、発車ベルで言えばスイッチのラッチ音(操作音)になります。ブラウザによって対応してる形式が違うんだそうで、デフォルトではwav形式を選択済みですが、再生されない場合は切り替えてみてください。それでもダメだった場合は残念ですね。
 
…そう、スイッチのラッチ音については少し周りを巻き込みましたけど、身近にあるものの中ではKATOユニトラックのポイントスイッチの音が一番ソレっぽいかな、という事に。あくまでmokoの主観ですけども。
AKAGI君からは「スイッチ自体は実物が売ってるから買ってきて録れば良いのでは?」と言われましたけども、ソレじゃデジタルで作る意味(場所を取らない、金が掛からない)が無くなってしまうので(笑
また、まつでん君からは「構造が近いんでは?」と、ラジカセのスイッチ音を厚意に甘えていくつか録って貰ったのですが、筐体の大きさ起因の反響具合の差であったり、録音機性能が良すぎて逆に誤魔化しが効かなかったりで、協力してもらっといて不採用というゲスの極みでした。まつでん君、本当ごめん。
2017/04/11 21:32 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑