■ここ数日の写真
img20140318_9071-.jpg
西武多摩川線 武蔵境~新小金井
白編成が登場して以来、側面に「子供の絵」がラッピングされていましたが、その契約が切れたらしく、同じ位置に広告を貼っていたり、何も貼り付けていない真っ白な編成も走っていました。
黄色でいいじゃん、と思うんだけど・・・。登場以来そろそろ5年経つけど、一向に見慣れない。現場からも汚れが目立つと不評らしいし、誰が得してるんかな?と。
 
img20140325_9044-.jpg
米軍横田基地貨物線 拝島~横田基地
所謂「米タン」ジェット燃料輸送列車。DE11-2000番台は初めて見たような気がします。
踏切脇に膝立ちで構えてましたが、70t近い機関車の重量感、腰で感じました。
ちなみにこの日は本来の目的が不発だったので、目立った収穫はこれくらいでした。
 
img20140318_9258-.jpg
小金井公園
静態保存の機関車ですが、後ろには客車(スハフ32)まで御誂え。同公園内にある「江戸東京たてもの園」には都電の旧7500型もあるらしいのですが、この日はもう閉まっていたので撮れず。残念。
今度はもう少し明るい時間に撮りに行きたいなぁ。と。
 
img20140328_9052-.jpg
大宮工場
大栄橋の上から入替え機関車(DE10)を眺望。こんなアングルはなかなか撮る機会がありません。
高架の狭間で反響するエンジン音に包まれながら、DE10のスメル(排気ガス)を愉しむ。(爆
 
img20140328_9073-.jpg
大宮工場
DE10の砂箱に入れるための砂を保管しておくための砂箱・・・お揃いの塗色とは、お戯れですなぁ。
 
img20140328_9033-.jpg
大宮工場敷地端
少し離れた高架下の、知る人ぞ知る廃墟スポット。キヤ391等が転がっています。高架側奥には旧客も居たようなのですが、撮り損ねました。
状態は悪くとも、壊されていないだけで希望があります。
 
img20140328_9044-.jpg
大宮工場敷地端
踏切渡って逆側から。高崎線車窓にも見える無造作に置かれた209系、側面には訓練車の文字があったんだね。
 
img20140328_9038-.jpg
大宮工場敷地端
ED62の相変わらずの褪色っぷり。状態は悪くとも、壊されていないだけ希望があります。
大事なことだから二度言いました。
 
img20140328_9021-.jpg
トミックスワールド大宮
 
二度と行かねぇ。
2014/03/31 15:39 | 実物 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D in VRM!?
 
なんてこったwww
 
敬愛なるゆきもよくんが、オイラのTB3DVRMに入れてしまったぞ。入手はこの記事から。

あ、この画像はイメージ用にレンダリングしたものでVRMの画像じゃないです(爆
奥に写ってるのは現在調整中の101N系です。
 
ネットVRM界隈ではmokoは最早死人であるため、折角作ってもらったけど楽しむ環境が無いわけだけど、コレを機に少しでも盛り上がってくれたらいいなぁと、蚊帳の外から思っています。
 
外見こそ全く実物らしさのないモノだけど、ゆきちゃんのところで言及されてる通り、サウンドは実物のサウンドからサンプリングしています。モーター音、警笛音、今じゃ滅多に聞けないAK-3サウンドも搭載(しているハズです。)
これでモデルがちゃんとしてれば言うこと無いのでしょうが、それはオイラじゃなくて他の誰かに期待します。
だって、スゴイ人も有望な人もいっぱい居るもんね・・・。
 
ちなみに、次に4000系も移植予定と表明してくれています。(´w`*)
続き
2014/03/14 19:19 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) JR201系 バーミリオン中央線

■先頭車
■中間車
■中間車(パンタなし)
 
中央線の201系、登場以来中央線一筋、という印象です。車両の移り変わりがハイペースな首都圏の主要路線の中にあって、登場以来ほぼ廃車まで中央線の顔で在り続けていました。
そんな201系も置き換えの話が当然出てくるわけですが、外に出れない時期にどんどん廃車されてしまった103系に苦い思いをしたので、欲求の全てを201系にぶつけていました。遅れてきた青春、一番楽しい筈の時期を苦悩した腹いせって感じです。
末期のフィーバーっぷりは毎度ながらアホみたいでしたが、俯瞰して冷静に見れたのは、その一歩手前、騒がれ始める前に、満足出来るだけの触れ合いが持てたからです。
趣味に目覚めた時、初めて覚えた中央線の電車。実物がいなくなっても記憶の中では永遠に走り続けるのです。
あのジェット異音も高らかにネ。(笑
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴(全て先頭車)
・ヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替。
・保安車上子各種選択。
・電連の有無を選択。
・JR東タイプスカート奇数/偶数、電連欠取の有無を選択。
・種別電照器の内容を選択(中央特快/無地オレンジ)
--------------------------------------------------------------------------------------------------

種別電照器(が正しい名称かどうかは判らないけど)があってこそ中央線、と思います。
モデルでは電照掲出前提なので、外すと不自然な影描写だけが残ります。非掲出にしたい場合は、201系総武線のテクスチャを参考に各自改修して下さい。作業はWimdows付属のペイントソフトで十分です。
分割編成の連結先頭車は、電照化以前の差込式が残っていましたが、面倒なので作っておりません(ぉぃw
 
晩年の少し前の頃をイメージしています。当時、何故か電連が付いていないのに欠取りのあるスカートを装備していた車両がありました。奇数と偶数に1両ずつ居たと思いますが、それぞれ別の編成に紛れていました。運用など知る由しもありませんでしたが、総武線ホームの発車メロディを聞きながら、折り返してくるのを待ったものです。
2014/03/12 00:00 | TB3D配布 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) JR201系 カナリヤ総武線

■先頭車
■中間車
■中間車(パンタなし)
 
総武線の201系、どうも、この電車を頭のなかに浮かべても、流れるサウンドは両国駅にこだまする103系のボーボーコーラス(ブロア音)だったりしますが、そんな感じで記憶が定かじゃない程古くに出会った車両の1つでした。
今となっては201系はJR東地区では走っていませんが、この総武線201系はその中でも最も早くに見られなくなりました。このスカート付きの姿は末期の姿ですが、その頃は総武線と疎遠だったためオイラはあんまり馴染みがありません。その後久々に総武線を訪れる機会があり、カナリア色の電車を期待していざ秋葉原のホームに立ってみたら、見事に綺麗さっぱり電車が置き換わっていました・・・2002年頃の話です。
 
高架の両国駅、地上から見上げたら外壁越しに煌々と光るオデコのヘッドランプ、その脇でぼんやりと灯る行先表示には見慣れない文字が踊る・・・。
幼心に''なんて格好良いのだろう''と、JRに憧れた田舎っぺのお話でした。
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴(全て先頭車)
・ヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替。
・保安車上子各種選択。
・電連の有無を選択。
・JR東タイプスカート奇数/偶数、電連欠取の有無を選択。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

多めに設定した選択パーツでバリエーションを賄います。クハ201/200はスカート形状で表現します。
「栓」は103系タイプですが、スカート非装備時に選択すると少し引き締まります。
2014/03/11 02:38 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■moko3D変遷
オイラが3DCGを目指したのは、以前少し触れたように「電車でGO」や「VRM」の存在もありますが、もう一つ「ペーパークラフト」がありました。と言っても型紙を作るためのツールとしてではなくて、紙を組み立てるのが段々しんどく感じていたのです。
201pc07.jpg 103pc07.jpg
中学くらいの頃はただ単なる箱型に電車のイラストを貼り付けていただけでしたが、高校時代に漸く屋根カーブを表現するようになるのでした。中学~高校初期頃まで入退院の繰り返しだったので、外泊時に型紙を大量に刷って、入院中に組み上げて、退院時には可燃ゴミにブチ込む、という事をよくやっていました。
元来、手先が器用じゃないからだとは思いますが、複雑な形を紙で作るのはキツイと思いましたし、印刷機がヘボだったのか、意図した色合いにならなかったのです。このへんから徐々に3DCGへの欲が出てきていたと思います。
 
re420cg0805.jpg
08年の中頃、メタセコイヤに出会うのです。複雑で紙で作るのがしんどい形状のもの・・・Re420に着手しました。
実物と比べたら破綻してますけど、それでも当時は大満足。車輪は輪芯を抜いてスポーク表現していたりする辺り、今と比べても技量に差が無いような気がします・・・。
 
201cg08.jpg
満を持して、という訳ではなかったけど、ペーパークラフトで使っていたイラストを元に、デジタルで組み上げてみたもの。足回りのハコにTrainBannerの床下部分が貼られているのは後天的改造だったかもしれないけど。
ただ、何故か後が続かずに、暫し空白期間に入ります。
 
re485cg0810.jpg
同年下期に復帰作はこれまた何故かBLSのRe485でした。ポリゴンモデリングだけでディテールを表現しようとした結果、何だか退化してますね。他にSBBCargoカラーもありました。
 
re485cgb.jpg
サイズは今と違ってかなり大きく、寸法もデタラメです。あ、それは今もかww
対比としてTB3Dの209系を置いてみました。
 
EF65cg0811.jpg
201系以降の空白期間で思いついたのが、TrainBannerを元に3DCG作ったら面白いんじゃね?という、今につながるTB3D。これがその試作第1号です。
当時、スポーツマンキャラメルのオマケみたいだと評されちゃってましたが、ある意味狙っていたのはそういうポジションなんですよね。見た目の可愛らしさと、作成の手間省きと(笑
でも、あそこまで酷くねぇよww
 
EF65-500とJR103系
103系はデジタルペーパークラフトでは作らなかったけど、TB3Dの3作目でお目見え。この頃は妙に京葉線のスカート付き103系がお気に入りでした。
 
1sts
TB3D初期の頃の作品群(08年末~09年作)。この頃は未だ連結器は「TB的な表現」として、ただのハコでした。
 
2nds
そのリメイク群(09年後半~10年前半作)。連結器が立体になり、パンタグラフが細密化されていますが、元になっているTBは変わっていません。
205系は前面部分があんまり変わっていないので、大きな変化は感じられないかもしれません。
 
JR201系 (2)
前後しますが09年中頃作の201系と、この少し前のDE10初代辺りから連結器をちゃんと拵えて、段々垢抜けていきます。
 
[妄想][鉄道]
実物とは似て非なる世界を描く妄想電車シリーズ、これも同じく09年の中頃なので、上のRe420から約1年ということになります。
大した進歩は無いのですが、(そもそも進歩しようとしていない・笑)これが大体今に至るまでの軌跡です。
一朝一夕にしてならず!とかエラソーなこと言いたかったんですが、処女作のRe420が今と大差ない点では、ほぼ一朝一夕で作れちゃってるじゃねぇかwwみたいな。説得力がなくて意味が無い。
 
ただ、オイラの作風の根源がペーパークラフトであることだけは、これで判明しましたね。(爆
2014/03/08 15:22 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 西武4000系ワンマン車

■先頭車(奇数)→'14/3/3 Update
■中間車(奇数)
■中間車(偶数・パンタ無し)
■先頭車(偶数・トイレ無し)
 
秩父と来ればやっぱりコイツ?秩父鉄道との直通運転にも活躍する西武4000系です。
秩父鉄道の公式サイトによれば、今もなお直通運転は中止しているとのこと。影森より奥は山の陰になってしまうので、なかなか雪が溶けないのですよね。いつぞや、麓では雪の気配すらなかった時に、浦山口やら武州荒木中川辺りで微妙な残雪を見つけて驚いたものです。ある意味で近場の「雪国」なのです。
モデルはラフに作ったので、雰囲気だけって感じです。一応、ワンマン対応化改造の過渡期に見られた青電連カバーを表現しています。ワンマン化に伴い、トイレと逆側に小窓が出来たのですが、そこにはかつて自販機とゴミ箱が設置されており、幼心にも普通の電車とは違う観光列車ならではのリッチさ?に心ときめいたものでしたが、この自販機も末期には売り切ればかりで補充されず、無駄に煌々とディスプレイが光っていたのを覚えています。
ワンマン化改造後は先の自販機撤去に加え、車端のボックスシートをロングシート化しています。その流れで余った物だったか定かではないですが、移行過渡期の頃のイベントで買ったと思わしき「網棚」の部品がこの前自室から出てきました・・・当時は嬉しかったのでしょうが、今となっては何にも使う宛のないただの砲金の塊です。
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替可能。
・先頭車の電連カバーは青色、グレーを選択できます。
・中間車(奇数)のパンタグラフは菱型とシングルアーム型を選択可能。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
続き
2014/03/01 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑