■(TB3D) 秩父1000系

■先頭車
■中間車
■先頭車パンタなし
 
祝!全線運転再開記念
 
今月中旬の大雪のせいで止まっていた影森~三峰口も運転が再開しました。除雪お疲れ様です。
特に影森以西は降雪量も多く、道も急峻で大変だったでしょう。
そんなワケで、ささやかながら再開を記念して、予定を前倒ししてCTK1000系を配布するのだよッ。
 
デハ1000型のコンプレッサはC1000としています。丁度オイラがこの電車にハマり込んでいた時代の仕様です。屋根上は若干アレンジしていますが、分散クーラーと2こパン、私鉄型の逆L字アンテナは抜かり無く(?)表現しています。モデルは基本的に'10年当時のままですが、前面テクスチャに影の描き込みを追加しました。
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替可能。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
続き
2014/02/28 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 113系0番台横須賀色

■先頭車
■中間車
■中間車パンタなし
 
TB3D国電シリーズ。113系0番台初期タイプの横須賀色です。
基本仕様は前回湘南色と同じです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替可能。
・先頭車方向幕別テクスチャ。(上の画像と違って、白地青文字の「普通」をセットしています。)
・先頭車の前位ホロを着脱選択できます。
・先頭車のコンプレッサを着脱選択できます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2014/02/27 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 113系0番台湘南色

■先頭車
■中間車
■中間車パンタなし
 
TB3D国電シリーズ。113系は0番台初期タイプ、グローブベンチレータで非冷房の車両です。
先頭車はコンプレッサの表示/非表示選択で偶数/奇数を表現できます。前位貫通ホロも表示非表示切り替えできますが、ホロ枠の表現は「一応」って感じなので、ホロ付けっぱなしの方がマシかもしれません。
今回は湘南色ですが、単なる色違いで横須賀色もあります。
 
TB3Dは201系、113系、103系で現行の作風に至っており、いわばコイツらは量産先行車みたいなポジションにあります。テクスチャのマッピング変更、113系についてはオデコの種別幕を別テクスチャ化したりして、量産化改造みたいなこともしています。前回のDE10も同じようなもんですが、後天的な改造をテキトーにゲリラ施工してるもので、何がなんだか思い出すまでに時間がかかっています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯を切替可能。
・先頭車方向幕別テクスチャ。(上の画像と違って、青地白文字の「普通」をセットしています。)
・先頭車の前位ホロを着脱選択できます。
・先頭車のコンプレッサを着脱選択できます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2014/02/26 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず作ってみる6
TB3Dを作る過程をざっくり紹介します。その6 Finalですじゃ。

前回までにこんな感じになっていると思うのですが・・・。
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 
前回の末尾で作ったコピーの方(要は、ここまでの状態で保存してあれば良いのですが)で作業を開始します。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/24 23:59 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず作ってみる5
TB3Dを作る過程をざっくり紹介します。その5
msq020.jpg
まだ動きはありません。
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 
前回は長くなってしまったので途中で切りましたが、今回はテクスチャを貼っていきます。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/23 23:59 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず作ってみる4
TB3Dを作る過程をざっくり紹介します。その4
msq020.jpg
前回まででここまで漕ぎ着けてると思います。漕ぎ着けてなかったらゴメンちゃい。
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 
今回はテクスチャの話です。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/22 23:59 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず作ってみる3
TB3Dを作る過程をざっくり紹介します。その3
msq020.jpg
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 
まだモデリング編です。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/19 23:59 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず作ってみる2
TB3Dを作る過程をざっくり紹介します。その2
msq020.jpg
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 
それでは張り切ってどうぞ。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/18 23:59 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず作ってみる1
TB3Dを作る過程をざっくり紹介します。
msq020.jpg
出来上がるとこうなる。ハズ。
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/17 23:59 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■メタセコイアの使い方・・・とりあえず見るだけ
TB3Dシリーズを閲覧するためのメタセコイア講座。的な。
 
*ご注意*
本稿は旧バージョンの画面で解説しています。現行最新版を使用してる方には、チュートリアルとしての意味が無いかもしれません。
 

関連記事
メタセコイア閲覧
メタセコイア作成編(1)
メタセコイア作成編(2)
メタセコイア作成編(3)
メタセコイア作成編(4)
メタセコイア作成編(5)
メタセコイア作成編(6)
続き
2014/02/15 20:00 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■バレンタインだかんね。
img20110228_023-.jpg
少し前に、MagicTrainにチロルチョコ積んだ写真があったよなー、と思って探していたんですが、そういえばこの頃(3年前)はまだ一眼レフ投入前でした。惜しいなぁ。
でっかい機関車に囲まれてた時期もありましたが、機関車は小さくても機関車です。人が入る人形は小さくし様がありません・・・スペース配分の話です。
 
ちなみに、何でこんなにチロルチョコがあるんだよ、って話ですけども。
でっかい台形の箱のチロルチョコがカワイイと思って、外箱だけ欲しくて買ってみたのですが、その中身です。
あ、勿論、撮影後にはスタッフが美味しく頂きました。(ぉぃw
続き
2014/02/14 14:44 | 模型 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) DE10''更改''

■DE10(更改)ver.3.1

'14/02/13 New Version UP Load
 
というわけで、DE10「更改」です。経緯は以下に示すリンクを上から全て辿ると何となく判るかも知れません。
(TB3D) DE10
DE10修正版
DE10''更改''
前回からの更なる変更点としては、
○ボンネットデザイン変更(ヘッドランプ間隔とオデコ接続位置)
○ブレーキ栓表現追加
○スノープラウ位置少し変更
○マッピング一部変更(車輪踏面他)
と、ヘッドランプ位置以外はホントに微細ですけども。
でも結局あんまり変わってないのであった。(笑
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・ヘッドランプ/テールランプの点灯/消灯および入替標識を切替可能。
・スノープラウを着脱選択できます。
・新規格車輪選択可能
・テクスチャサイズが少し小さめ。(と言っても512*256もありますから結構デカイです。)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
ちなみに、上書きなので旧版配布記事も残してはおきますが、配布物は最新版のみです。
2014/02/13 03:16 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■雪色電車
首都圏は十数年ぶりの規模と言われる大雪に見舞われまして。
img20140209_024-.jpg
悪天候だとテンションが上がるバカ犬みたいなmoko。デブ猫みたいにコタツで丸くなりたい気持ちと葛藤しつつも、エッツラホッツラ歩いて雪景色を眺めてきました。
 
img20140209_004-.jpg
東急のヒカリエ号。何だか最近よく見てる気がして、あまりレアに感じられませんww
 
img20140209_006-.jpg
笑いながら丘を登ってくる人面電車。引きつけようとしたら失敗しました。
 
img20140209_009-.jpg
雪!
img20140209_011-.jpg
お目当ての4000系直通電車。この電車は秩父鉄道の三峰口と長瀞駅を始発とする2編成が横瀬で併結して、山を超えてくるものです。ご覧のとおり、池袋よりの編成にはうっすら・・・じゃなくて、結構タップリと屋根上に雪が積もっています。三峰辺りは今頃雪国になってしまってるんでしょうなぁ。
*)追記→調べたら池袋よりに連結されるのは長瀞始発の電車でした。更にこの日、秩父鉄道は大雪で終日運休しており、横瀬以前はどういうダイヤで走っていたのかは不明です。
 
img20140209_026-.jpg
冬は暗くなるのが早いですが、雪の地面がレフ板の代わりをしてくれるので、暗くも明るい不思議な感じです。
写真が青いのは、特にテーマがあるわけではなく、ただ何となくです。
2014/02/10 00:50 | 実物 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■Nゲージディーゼル機関車
ちょっと古いものを集めてみたりして。
img20140123_006-.jpg
先ずはTomix。旧世代製品ではDD51(#2207)、DF50(#2204)、DD54(#2203)、DE10(#2208)がありました。DE15は、#2205初代DE10に組み合わせてDE15を再現するためにラッセルヘッドだけ(#2210)売っていた時期があったのですね。最終版は#2208と同等のプラナンバー仕様で機関車と同梱セットになっていました。
img20140123_017-.jpg
一方のKATO(関水金属)は、DD13(#7001)、DD51(#7002)、DE10(#7003)と少なめ。この3つは品番3ケタ時代からの製品です。2000年頃のカタログにはDF200もラインアップされてましたが、FW動力なのでコレクション対象から除外しています。
 
流石にDD51、DE10は有名なので競作になりますよね。ディーゼル機関車は量産形式が少ない(大量生産に至らなかった形式は結構あるけど)ので、模型化する題材も限られ、コレクションする方も楽だったかも知れませぬ。
 
これが両社とも2000年代後半から新動力化リニューアル版が登場すると、これまでシンプルな陣容だった反動かのごとく、細分化した製品網が形成されていきました。
DD51とDE10はふんだんに製品化される一方で、TomixはDE15、DD54、DF50を廃盤とし、逆にKATOはDF50、DD54を新たに製品化しました。マイクロエースも台頭してきて、ニッチなエリアを補完してきています。
続き
2014/02/09 02:38 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■DE10''更改''
前々回に修正版をUPしたDE10ですけど、緊急的な修正でしたので必要最低限だけヤパパ~と直しただけでした。
元々似てる似てないの次元ではないTB3Dではありますが、前回修正しながらヘッドランプの間隔が狭いかも・・・と感じていたので、手を入れてみました。

左は改(前回)、右は更改です。差は微細で、完全に自己満足の世界ですが・・・。
読み方は、キルラキル的な感じに「さらにあらため」です。念のため。
 
ちなみに上の画像は「ビードロ」というレンダリングソフトで描写しました。試し始めて間もないので、まだコツは掴みきれてないですが、段々と良い面も面倒な面も見えてきました。

DE10更改の配布はファイルを配布仕様に仕上げたら順次ということで。暫しお待ちください。
2014/02/07 23:25 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) タキ5450

■タキ5450

 
前回の記事でチラッと映っていましたが、毒々しく黄色いタキ5450です。
東日本では、工場地帯を走る鶴見線等でDE10に2~4両の短い編成でゴロゴロと牽かれていくシーンが有名でしょうか。オイラもイメージだけはあります。実物は見れてませんけど。
 

TB3DでもDE10のお供にと作成したものです。初代からの改良点はタンク直径の増加、テクスチャマッピングの変更、それに伴い可能になったタンクへの影描写追加(在っても無くても・・・)、新規格車輪同梱等です。
でも基本的には'10年当時と大差はありません。
2014/02/07 02:08 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■DE10修正版
旧版を確認したら中心がズレていた他、色々と酷かったので修正と、ついでにイジくってみました。
入手は以前の記事から
 
変更点
○ヘッドランプレンズ描写追加
○テールランプレンズ表現追加
○ヘッド/テールランプの点・消灯選択可能化
○キャブ扉窓エンジン側を小窓に修正(SG側は大窓)
○ボンネットSG側妻面をルーバーに修正(エンジン側は観音扉)
○ボンネットSG側の天面を少し上昇
○新規格車輪(F)を追加(太い旧タイプEも残置)
○車軸表現追加(E車輪には使わないほうが良いかも・・・お好みで選択)
○台車排障器表現(これはイマイチかも。)
 
くらいかな。
基本的にはあまり変わっていません。引き続き似てるようで似てない「微妙な感じ」をお楽しみくだされ(爆
 

中心がズレていた件は、非公式側の少し飛び出てる手摺の分でモデル全体がほんの少しアシンメトリになっていて、それを意識せずに回転させてしまったのが原因でした。
メタセコイアの回転コマンドは、選択したオブジェクトの全ての頂点座標の平均をとった位置を中心とするので、シンメトリなモデルなら特に意識せずとも勝手にド真中を中心に回転してくれるので良いのですが、アシンメトリなモデルの場合は「数値設定」で直接ド真中を指定しなければなりません。無論、あえて偏芯させて回転させたい時も同様に数値で指定すれば意図した回転を叶えることが出来ます。
2014/02/03 18:20 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑