■(TB3D) JNR157系

■クモハ157

■モハ156
■サハ157
■サロ157

■クロ157貴賓車

(00:09 デッドリンク修正しました。)
 
JNR157系は、モハ90系(101系)に始まる新性能国電黎明期の一員。当初は準急日光に投入されたことから「日光型」の愛称がありました。結局、日光方面へは東武鉄道との集客競争に負け、その後は東海道線、伊東線伊豆方面の「あまぎ」、高崎線、吾妻線の「白根」として運用されていたのが有名です。この頃になると既に冷房化改造を施されて「特急電車」の仲間入りを果たしますが、非冷房の準急行時代はデラックスだった客室設備も、特急電車としては若干足りない感じだったようです。何より、特急電車では唯一窓が開いてしまう仕様で、流線型とは程遠い顔つき等、ある意味でゲテモノ的な異彩を放つことになる訳です。そんなゲテモノっぷりが個人的には大好きだったりするわけですが。
 
この電車のゲテモノっぷりの最骨頂は、貴賓車クロ157型の存在でしょう。前面こそ貫通式であるため153系東海顔と同じデザインを採用していますが、クモハ157と共通のゴツいスカートを装備したことで重厚な顔つきに。車体の中央付近貴賓室には大きな窓、菊の紋章。出入口には4枚の折戸がひしめき合い、荘厳な雰囲気です。
このクロ157だけは157系一般車(供奉車として最後まで残ったトップ・セカンドナンバ車含む)が引退した後も連結相手を183系1000番代、185系と変えてゆき、民営化後も数度運用される機会があったそうですが、93年を最後に御召列車としての運用はなく、最近では落成以来配置されていた田町車両センターから旧大井工場に移送され、歴代の御召車両とともに眠っているとのことです。
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプを選択できます。
・クモハ157は「あまぎ」ヘッドサイン着脱可能。クロ157の前面方向幕と共に、別テクスチャで表現。
・中間車(モハ156)はパンタグラフの上げ下げを選択できます。
・各車両オマケ設定つき。
(*全車共通=DT24台車/GreenMax製Nゲージのオマージュ)
(*先頭車のみ=開口部大スカート&電連/KATO製Nゲージのオマージュ)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
活躍期間も短く、運用範囲も狭かった割には、各社から模型製品化されていますが、残念ながらどれも決定版とは言いがたい感じで、なんとも可哀想な形式でもあります。
2014/01/26 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 西武6000系

■先頭車
■中間車
■中間車(パンタなし)
 
TB3D電車シリーズ 西武6000系です。
ここまでの流れは、TWR70-000系で話題に上げたビックサイトからの帰りに乗る順番になってる・・・ように見えますが、厳密に言うと当時復路はどういうルートを通ったのか同日撮影の山手線(E231系がピカピカの新車です)の写真が残っていたので、この順番では無かったようです。ただし逆転させると往路の順番になります。いや、ホントどうでもいい話です。
西武線本線車で初めてVVVFインバータを採用した電車でした。これまで一辺倒に上がって下がるだけの走行音が一気に華やぎ、幼心に衝撃を受けた・・・気づいた時にはこの電車の「音」の大ファンだった訳ですが、それがもう20年前の話とか死にたくなります。
 
営団地下鉄有楽町線への直通が念頭に置かれており、90年代前半当時流行っていた左右非対称な前面デザインを採用。走行系も発熱する抵抗器の使用は避け、エレクトロニクスを駆使した結果、とても未来的なノイズ音を発する電車の出来上がり。黄色い車体がトレードマークの西武の中にあって、青い帯は強烈でした。なんといっても補色ですし。
西武は補色の配色が好きなようで、現西武バスの絶妙な緑色とベージュ色の配色は、西武電車旧塗色(赤電)のラズベリーレッド色を逆転させた色なんですよね。101系の黄色は結局どこから来てるのか判りませんが、赤電以前は茶色と黄色の塗色でしたから、そこからかな?
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプを選択できます。
・先頭車のスカート幅を選択できます。オマケ設定というより作者の迷いです。一応幅広を推奨。
・先頭車屋根上ラジオアンテナを選択できます。(偶数側先頭車に装備)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
有楽町線仕様ですから顔は銀色です。行き先は「普通/新木場」としています。
個人的には白顔も銀顔も好きです。仕様の云々は関係なく、6000系が全て好きです。重症ですねww
2014/01/22 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 営団7000系

■先頭車奇数(7100)
■先頭車偶数(7000)
■中間車奇数IGBT(7900)
■中間車偶数(7800)
 
TB3D電車シリーズ 営団地下鉄7000系です。
営団というのは略さないで書くと「帝都高速度交通営団」、言うなれば地下鉄版の国鉄みたいなものだったようですが、2000年代半ば頃に解散して今の「東京メトロ」になりました。国鉄からJRに変わったのと同じようなものです。
 
西武鉄道は東武に遅れて'90年代後半より営団地下鉄有楽町線と直通を開始。地上に居ながら地下鉄の電車を見ることが出来るようになって、幼いmokoは狂喜乱舞していました。が、当時は西武6000系に執着していたらしく、地下鉄の電車は乗った覚えがあんまりありません。VVVF音は好きだったけど、一定音しか発しない電機子チョッパには興味がなかったのかもしれない。
地上の車両に比べると、非常に奇っ怪な顔つきです。この車両自体は'70~'80年製だったと思いますが、その後'90年代前半は、営団6000系やこの7000系に端を発する、向かって左に非常扉(または小窓、モチーフ)を寄せた左右非対称なデザインが流行るのです。
 
有楽町線オンリーの時代は、ゴールド色の帯を巻いていました。ただ、金ラメがあるわけでもなく、黄色というかやや黄土かかった「カラシ色」にしか見えません。この配色は、西武線のイエローに配慮したという話も在るようです。
副都心線が開通すると、小竹向原をベースに共通運用となるため、新車メトロ10000系と同じ配色の帯へと変更されたり、一部を除いて8両編成へと短縮されたり、なかにはアスベスト問題で廃車になった車両もありました。
 
このモデルは1次車の三菱IGBT改造車をモチーフにしています。営団時代最末期の頃です。
同じ制御装置を千代田線6000系でも使っていたようですが、誘導障害対策でノイズ周波数を微妙に変更していたようで、「お化けインバータ」と揶揄されていました。あ、三菱と言っても、昨今のシュルシュル・・・という励磁音になる以前のものです。オイラの記憶では7002Fと7007Fがこのタイプだったハズです。(ファイルネームは7001になっていますが、制作の都合上そうしただけです。)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプを選択できます。
・先頭車は屋根上の2本の逆L字アンテナ、パンタ撤去跡等も表現。
・中間車はパンタを片上げ/両上げから選択できます。
・前面テクスチャは'10年製作時よりも実物に似せた描写へと変更。行き先は「普通/清瀬」
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スカートがない代わりに連結器下の車上子などでゴチャゴチャ感を演出していますが、クーラーは国鉄AU75を流用で済ませています。アンリアルで終わらせておかないと、mokoの脳味噌が沸いてしまうので。
2014/01/18 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) TWR70-000系

■先頭車
■中間車
■中間車パンタなし
 
TB3D電車シリーズ りんかい線70-000系です。
りんかい線は京葉線(貨物線)として大井まで伸ばす予定だった地下路線を利用した第三セクターなのですが、今のように全線開通するまでは時間がかかっており、1次開業時点では新木場から東京テレポートまで、2次で天王洲アイルまで伸びていたと記憶します。その当時の臨海副都心は開拓前で、商業施設も点在する程度。唯一集客が見込めるであろう施設は国際展示場(ビックサイト)くらいなものだったので、編成は4両編成と短く可愛かったのです。
この車両はJR209系をベースとしたもので、車体設計や足回りは全く同一でしたが、車内装はいくらか独自性が現れており、寒色系に違いはないですが、極寒質素な色イメージであるJR車に比べると、壁の暖色、シートモケット色もマリンブルーである点で、いくらか温かみを感じるものでした。
オイラが最初にりんかい線に乗ったのも、そのビックサイトに行くためでした。2次開業の状態で、新木場に停まってる電車の行き先は「天王洲アイル」この頃は未だ幕式でした。駅名にカタカナが付くことが西武線に閉じこもっていたオイラにとっては新鮮すぎて、同じ4連の八高線209系よりも俄然加速度が高く、まるで早回しのカセットテープを聞いてるような感じがした起動音、聞きなれない「東雲」駅、トンネルの残響・・・その後のイベントも含めて、全てにワクワクしていました。
 
全線開業後は直通相手の埼京線205系と共に方向幕はLEDに改められ、編成は4連、6連が混在した状態から10両編成に統一され、加速度も落ち着いてしまいました。ここ数年、JRの同世代車と同様にじわじわと制御器更新が行われており、三菱GTOの小気味良いサウンドが聞けなくなる日もじわじわと近づいています。(ペースは他に比べるとちょっと遅いようです。そんな気がするだけかもしれないけど。)
 
このデータは2010年製ほぼそのままです。テクスチャは'10年当時レンダリングの直後に前面のみ方向幕を追加描画していますので上のイメージとはちょっと異なります。
今回唯一改良した点は、スムージングの影響でとんでも無い事になっていた前面のポリゴン配置を変更した程度です。完全には解消していませんが、いくらかマシになっているのですよ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプを選択できます。
・先頭車のスカートを外すこともできます。オマケ設定です。
・中間車はダブルパンタの原型仕様。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2014/01/14 00:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 西武101系

■クハ1101奇数/先頭車
■モハ101奇数/中間車
■モハ101偶数/中間車パンタなし
■クハ1101偶数/先頭車
 
TB3Dの電車シリーズ。第1弾は西武101系を配布しますよ。
西武の電車といえばこの顔しか居ないというくらいにヒットした時代もありましたが、西武の湘南顔は旧501系から始まり、701系でこの顔が生まれ、801系、101系と引き継がれてきました。オイラが物心ついた頃には701系列は切妻の401系も含め、新宿線に集って末期の様相でしたが、101系はまだまだ元気でした。
小手指の車庫の奥では重機がバリバリと廃車体を壊していましたが、幼いmokoには「戦争で焼けた電車」と写ったのでした。ニュースで湾岸戦争の話題がしきりに伝えられていたからでしょうか。小手指車庫の奥での解体は、2003~4年頃まで行われていたように思いますが、車庫線の見直し等がなされた際に解体線が消えたようです。中学生当時、自転車を飛ばして見に行った時の衝撃は相当なものでしたが、当時の写真を見返してみると、無造作に転がってる部品のなかに連結器やAK-3コンプレッサ等、普段全容を窺い知れない部品のオンパレードで、当時もっと撮っておければ・・・と、たまに悔やみます。
 
そんな思い入れの深い電車です。TB3Dでも電車設計基準用の103系(笑)の次に作りましたが、さすがにコレはリファインした2代目です。
実物は本線引退は2004年、西武線と接続のない多摩川線で最後の活躍を見せて2010年まで頑張りました。現在クハ1222が横瀬に保管されてるハズです。割りと近年まで活躍があり、この顔の電車は譲渡先の地方私鉄で現役ですから、印象に残ってる人も多いかな?
ただし、101系が譲渡されたのは総武流山鉄道だけだったので、彼の地でも101N系に追いやられた今、101系は完全に消滅したことになります。
秩父路~武蔵野にこだました、HS-836-Nrbが奏でる魂の咆哮は、我々の記憶の中では色褪せることなく、鳴り続けるのです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
○このモデルの特徴
・先頭車はヘッドランプ/テールランプを選択できます。
・先頭車の電連カバーは灰色/黄色を選択できます。(黄色=抑速ブレーキ回路カット。701系列併結対応。)
・モハ偶数の床下はAK-3*2基の原型仕様。
・鼻筋の通った前面マスク。配布にあたり改良したポイントです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2014/01/11 22:39 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
■正月らしい絵も欲しいよね。
もう三が日も終わってしまって何が正月だ、という感じですが。
SN3V1195-.jpg
やはり正月は御召を飾ってこそかなーとか思うわけです。
TBForumではここ数年恒例行事だった御召TBの投稿、今年はやらなかったんですが、描くの忘れてた上に、間に合いそうに無かったから止めたんですけどね。来年はリベンジを誓うのだよ。だから代わりにNゲージです。
TomixのEF58は車高が高すぎて不格好だとよく言われます。スプリングウォームですから走りも昨今のモデルのように音もなく滑らか、なんてことは全くありません。ジァーという独特な音、走りは滑らかではありませんが、当たりを引ければ「安定した堅実な走り」です。モーターの調子とスプリングウォームのピッチが重要です。
 
SN3V1198-.jpg
コレはオマケでED75。実物の1001号機は御召予備指定だったことがありますし、121号機はED77と同じ回の御召牽引機でした。
・・・よく見たら脱線してるんですよね。今気が付きました。
今年1年脱線しないように気をつけますだ。
続き
2014/01/04 20:00 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(TB3D) 秩父の貨物列車
あけまして \めでてぇな/ もう3日ですけどね。
mokoからお年玉プレゼント!ダヨー。

■(TB3D)秩父デキ500(506,507type)


■(TB3D)秩父ヲキフ100

■(TB3D)秩父ヲキ100

 
皆大好き(笑)秩父鉄道の貨物列車です。
毎度のことながら、我がTB3Dシリーズはデフォルメが強烈なのでリアル派の人にはウケが悪いです。作る楽しみいっぱいですが、直す苦しみもいっぱいというわけです。
この3形式は新規格車輪を先行投入しています。(上記レンダリング画像は従来車輪のままです。)車輪だけスリムになるとバランスがやや崩れますけど、台車周りだけ見てると少し実感的になってます。自分で言うなw
新規格車輪はオブジェクト名「車輪F」となります。面倒なので旧作品に新規格車輪を投入する予定はありませんが、新作は一部を除いて新規格車輪オンリー、または旧規格と同居して切り替え可能な仕様にしようと思っています。
 
そんなわけで、日向車両は今年もシコシコと車両を作りますぞ。
2014/01/03 20:00 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑