■さくらあっかんべ
今年の花見成分はこれくらいですかねぇ。
img20130322_9007-.jpg
img20130322_9013-.jpg
 
以上、秋葉原でした(笑
続き
2013/03/31 14:23 | 写真 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■長野松本の115
TrainBannerForum '13/03/25 UP
Mc115-1020_1nagano.gifM114-1020_1nagano.gifTc115-1020_1nagano.gif
■[4423]115系長野色
初出は3代目画風の頃で今回は3代目の絵です。前回作品では実際には存在しない「サハ」がありました。
モハ114はシングルアームタイプのパンタグラフを搭載したもののみであり、モハ115がある割にはクハ115-1100しかない(奇数向きがない)というなんとも中途半端な構成でした。
なにせ知識不足。115系といえば高崎線~上越線の印象しかなかった(4連には両端クハと、片方がクモハで中間にサハを含む編成があった。)のと、同じく長野色の169系には同色のサハが存在していた事、また中央線のスカ色115系・・・以前は快速むさしの号に充てられていた6両編成がクモハ・サハを含んだ6連であったため、長野地区でも同様なのだろうと勘違いに勘違いを重ねておりました。そもそも、長野色の色を剥いだらスカ色だと思ってた時点で大間違いでしたです。いやぁ、お恥ずかしい。
 
今回は素直に3連として、国鉄時代に長野地区に配属された冷房準備車がAU75系で冷改された車両をイメージ。パンタグラフはひし形のPS23タイプです。
湘南色は・・・もう少し待ってほしいのじゃ。
続き
2013/03/29 03:45 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■吊り掛けっぽいもの
日向車両miniから「VRM」の文字が消えて久しいですが、消えた後なので電波カテゴリ扱いです。
先日まつでん君に会った時に、若干触発されたので御座い。
と言っても、昔造りかけてたヤツを少し手直しした程度なんですが。

YOUTUBE
 
久しぶりにイジるのでScriptなんてすっかり忘れてましたが、マニュアルを所々見て、昔書いたスクリプトを眺めていたら意外とすらすら出て来ました。外付けのHDDに当時のままゴチャゴチャしたフォルダが残っていて、中途半端に試作してある値度の成果をあげてもまとめずに放ってあったのですが、今回はそれをまとめたに過ぎません。
上の動画では、m4gサウンドギミックを利用した吊り掛け電車の音を表現、自家製トラコンでブレーキ緩解音に加えて、ノッチオフしたときの高速シャ断器の音を入れてありますが、どれも近代の車両の音を寄せ集めたものなので、「再現」ではなくて「表現」と言うほうが良いかなーと。
 
背景は思いっきり「作りかけ」のモノだったりしますが、作るのが面倒だったのでそのままです。(爆
 
動画の中盤でコンプレッサが勝手に鳴り始めてますが、これは仮想のエア残量を設定して、数値が0を下回ると車両の常時再生音をコンプレッサ音に切り替える、というものです。VRMシステムに実装されてるデフォルトのコンプレッサ音ではありません(笑)
毎秒少しずつ抜けていく分と、ブレーキ操作や扉開閉などの空気を使うアクションでエア残量数値を減らしていき、コンプレッサ作動時は毎秒プラスしていきますが、マイナス(消費)要素は並行して実行されるので、ブレーキをイジリまくってるとなかなかコンプレッサが鳴り止まない点は実物に近い表現かなと。
開発順序としては自家製トラコンの方が後なので、トラコンの試作版はこのコンプレッサギミックが積まれた状態で作られていました。この時点ではノッチクリック音が無かったり、編成最高速度から相対的な「電圧」を割り出すギミックが未搭載状態だったりしてましたので、ある筈の構文がなくて頭の中がハテナでした。
ちなみにトラコン実装前のコンプレッサは、m4gの速度変化感知機能を利用して、減速中だけ多めに減るようにしてあったり、Turnさせるときに毎回非常ブレーキがかかる想定にしてあったりしてました。この頃まではエア残量をDraw Varしてログウィンドウに延々と数字を表示させてましたが、トラコン実装後はハンドル位置を書く必要があってこっちはオミットしました。
ヘッド/テールランプも、TurnさせるときにOFFして、5秒後くらいにONするようなギミックが入ってます。
 
と、饒舌に語っても、この辺の出来事はオイラのパソコンの中でしか起こってませんもので、読者にとってはなんの事っちゃ、でしょうけども。
続き
2013/03/28 23:59 | 電波 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
■のるるんじゃないほう。
SN3V0371-.png
東急のポスターに描かれてた駅員ちゃん・・・っぽいもの。顔だけ。画力ねぇw
このエントリの写真2枚目を参照
  
のるるんよりも、こっちのキャラを可愛く立体化したほうが喜ぶ人は居るんじゃないかなーと思う。思うだけです。
2013/03/26 02:25 | 電波 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
■栄光のブルートレイン
TrainBannerForum '13/03/17 UP
EF65-502,2Kl21-11_2.gifNsb20-11_2.gifNsb21-111_2.gif
■[10682]vol.1
■[10683]vol.2
■[10684]vol.3
■[10685]vol.4
■[10686]vol.5
■[10687]vol.6
■[10688]vol.7
■[10689]vol.8
■[10690]vol.9
 
TBFでは当初よりH.kumaさんの作品があり、以前はcolumboさんも描いてたと思いましたが、今やアメ車に御執心のようで(?)日本車は公開されていません。少し前には白兎さんが北陸仕様の格好いい作品を描いていて、負けじと(そもそも勝ち負けは無いけど)描こうと思って数年経ちましたというお約束のパターンです。
とりあえず必要な形式は揃ったと思います。RF93年の20系最後の特集が役に立ちました。
 
・・・元々は、カートレインを目標にしていたので、末期の2本帯仕様でロネとハネと緩急車、電源車だけあればあとはワキ10000の色違いを用意すればそれで良いかな、と思ってたのですが、折角なら本に載ってる形式すべて描いてしまえば本棚がスッキリするなぁ、と思ったので。・・・結局晩年仕様はワキと共に未だ描いてないのですが。
 
20系は有名すぎる形式ですが、製造は日本車両と日立が請負。基本的に日車が0番台、日立が50番台で区分されていて、両者間では同一形式内でも微妙な差があったようです。
特に顕著だと思ったナロネ20とナロネ22は、0(100)番台と50(150)番台として表現を変えてみてます。
車体長は本来20.5mですが、20m電車と同じ133pxとしてます。間違ったのではなく、ワザと短くしてます。
 
牽引機はEF65-500Pとか、EF58とかでしょうかね。(偏ったイメージ・笑
F級の5~60番台直流機が揃ったぞー、なんて喜んでいましたが、ディーゼル機と蒸機がまだまだ半熟でござる。
2013/03/20 04:07 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■まつでん君と飛行機を。
まつでん君が、入間基地のYSを見に来るという事で、ご一緒させてもらったです。
というか、地元民だからガイドせねばならんところを、使えないクソ野郎だという印象を植え付けただけで終わった気がしますが。スマン。本当にスマン。orz
 
今回は動画撮影を主にしてみました。というのは、まつでん君は音がメインだったため、コチラは邪魔をしないようにシャッター音のうるさい一眼ではなくコンデジである必要があった事もありますが、何よりこの場所では、静止画だけじゃなくて音が必要と感じたからです。

Youtubeで見る
 
3カット目(1:06)以降は、空路の真下にある公園で撮影しました。まつでん君の住んでる地域も、そこそこ飛行機な場所(何ちゅう表現だww)だそうなのですが、そんな飛行機な環境(w)に慣れている彼を以ってしても、思ったより近くて恐怖さえ抱くようなロケーション・・・若干の脚色はありますが、そんな場所なのです。
個人的に気に入ってるのは5:44秒頃からのカットです。普段ちょっとだけ空路から外れてるmoko住処からでさえうるさいC-1ですが、真下近距離ではまさに「耳をつんざく」レベルです。
・・・じゃなくて、飛行機が飛び去った後に、遅れて同じような音が聞こえてくるような現象があることに気がつきました。ヤマビコ的な。それに続いて上空では衝撃波?による突風が、枯れ木の枝にも当たってブンブン言ってます。
今までは何気なく見てるだけで、空気の流れを意識することはありませんでしたもので、面白い発見でした。
 
img20130314_9005-.jpg
T-4のお尻。いかにも戦闘機って感じで。羽根下と本体下のミサイルみたいなものはチップタンクですかね。
img20130314_9017-.jpg
YS-11EA 実はこんなに近くで見たのはmokoも初めてでした。
いつも上空のは見て聞いて二十余年経つのですけども。
img20130314_9022-.jpg
航空ファンなら、オレンジ色のランプが何を物語ってるかお分かりでしょう。
img20130314_9025-.jpg
振り返ると調整池兼テニスコート。昔の拙作VRMレイアウトで掘り下げたテニスコートやら学校横のアンダーパスの元ネタはこの近辺だったりします。(基地手前の道を右に進むと新宿線を潜る。さすがにプールは無いですが。)
img20130314_9020-.jpg
C-1が並んでおる。
img20130314_9021-.jpg
煤煙けむけむ。
真下って事は、オイラたちはアレを被ってるんじゃないか。目が痒いのは花粉じゃないのかもねー。
なんて話をしておりました。
img20130314_9024-.jpgimg20130314_9027-.jpg
上空を飛ぶ飛行機の確認にもカメラは役に立ったりします。YSはいつもの赤いFCだと思いきや、レジ番から調べたら美保のPでした。青いぜ。
img20130314_9028-.jpg
まつでん君曰く、夕焼けのグラデーションが北陸新幹線のE7みたいだ、とのこと。上手い喩えだなぁ。
松本では山に囲まれていて夕焼けとは無縁なんだそうです。そういえば秩父等の山に行くとそんな感じだったかも。
ここまで全くの真平らなのは基地くらいですが、田舎なんで高い建物が無く、割と全体的に平たいんでございます。
img20130314_9029-.jpg
日も暮れて恐怖の大魔王、飛来。(笑 この日はレアなEC-1が暫くグルグルしてました。
いつもは、上空の光が視界に入った時点で空路近辺の時は、とりあえずダッシュで逃げます。耳が痛いので。
img20130314_9033-.jpg
飛行機がいないタイミングであれば、夕暮れの赤色と並ぶランプの輝きが非常に格好いいのですけどね。
 
おまけ
img20130314_9014-.jpg
日向車両にとってはいつもの構図ですが、この場所は今回のエリアの近辺だったりして。
折角なのでお連れして、実際にも見てもらいました。
 
頼りないmokoおじさんで申し訳なかったけども、個人的には飛行機の話、鉄道の話も含めて、色々お話しできたのが嬉しかったりしました。有難う御座いました。(´∀`*)
2013/03/18 03:13 | 写真 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
■をーくいんざれいくさいど。
最近、東京に行く時の目的地は概ね秋葉原なんですが、電車賃を少しでも浮かそうと悪あがきをして、上野くらいまで歩いてます。御徒町でも良いのですけど、30円浮きます。田端まで歩けば40円浮きます。当然ながら往復なら倍です。
まぁ、値段的にはそんなもんなんですけど、得られるのは適度な爽快感と、そして今まで知らなかった景色との遭遇です。花粉の時期にやるもんじゃないなぁ、とは思うのですが。(笑
 
img20130312_004.jpg
桜でしょうか。上野公園にて
 
img20130312_034.jpg
フラミンゴ立ちのゆりかもめ。不忍池の畔。
img20130312_050.jpg
白い羽は寒い時期限定なんだそうで。白いほうが可愛い。
img20130312_056.jpg
水辺をかすめる。
img20130312_076.jpg
水辺に群がる。
img20130312_083.jpg
手摺にわんさか。・・・可愛いものもいっぱい居ると気持ち悪いの法則ですが。
人に慣れてるのか、結構近づいても逃げないので、写真撮るにはありがたい。
 
img20130312_067.jpg
振り返れば陸にはスズメが居りました。
img20130312_066.jpg
チュンチュン言っております。両足で飛んで移動する様子がまた可愛い。
 
都内ではスズメは珍しいんだとか言う話をどこかで耳にしたような気がします。
烏に食われてるとかいう理由だったような気がしますが、それこそ気のせいかもしれません。
続き
2013/03/12 23:59 | 写真 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑