■はろいんだかんね。
TrainBannerForum '12/10/31 UP
Tc111-301syonan_2.gifM110-1syonan_2.gifM111-1syonan_2.gif
■[10398]111系 vol.1
■[10399]111系 vol.2
■[10400]111系 vol.3
「かぼちゃ」って事です。なんと安直な。
湘南色がかぼちゃ色でジャックランタンなら、スカ色はジャックフロストか?なんちて。
 
実車は401系をベースに直流区間専用の近郊型電車として登場。MT46モーターを搭載する新性能国電黎明期のグループに当たります。
401系から変圧器を降ろしただけと言っても過言ではないような機器配置になっていて、偶数モハにはパンタグラフと、流石にスペースが空き過ぎて重量が稼げず?コンプレッサも搭載。その分、奇数向きのクハ0番台からはコンプレッサを下ろしていますが、偶数向きクハ300番台は変らずに搭載する形をとっています。C1000では容量的に1基で賄えるのは3両くらいまでです。奇数モハには抵抗+強制風冷機もMGも制御器も搭載されていて、何もかんも積まれてるような印象です。
言うなれば、電気系統と空気系を分けて搭載するというポリシーに生真面目に則ってるワケですが、後継の113系や115系では電気系統容量の増大で奇数モハの艤装スペースがギッチギチになってしまう等、諸々の理由でMGは偶数モハに移っています。それ以降は通勤型の103系や新製冷房が当たり前になった201系や211系、JR世代の209系やE231系でも偶数モハ=空気系とサービス電源(MGもしくはSIV)という流れになっているのは、日向車両の読者諸兄に於かれては御馴染みの事かと思います。とか鼻にかかったことを言いたくなった。(爆
続き
2012/10/31 01:47 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■鉄道模景#2
たまには鉄道模型の写真でも・・・その2です。(前回)
今回はぜんぶNゲージです。
 
img20121023_020-.jpg
img20121023_026-.jpg
このレイアウトは、過去に製作記的なものを晒していました。名前は保管(放置)場所に由来する「窓際線」(笑
人形は固定してありましたが、ミニカーは置いていただけだったので、今回は居ません。
img20121023_028-.jpg
その頃より、アングル次第では奥行き感が出るという評価を頂いてましたが、
img20121023_030-.jpg
少し視点を上げると、奥行き感がなくなって箱庭感モリモリ。各々の好き々々かもですが。
 
img20121023_049-.jpg
このレイアウトは窓際よりも以前・・・中2か中3の頃に初めて作ったレイアウトで、「奥武蔵鉄道」と呼んでました。
微妙にスペースをケチったので450mm×600mmにR190~150くらいの曲線で、走れない車両が多数(笑
img20121023_053.jpg
秩父鉄道に感化されて平べったい線路を再現すべく、無謀にもフレキ線路を使ってみたり。
緑のもさもさ棒はオイラの地元狭山とか入間辺りにある「茶畑」のつもりです。
レッドアローも一応「山の電車」ですから、緑には似合います・・・よね?
img20121023_063.jpg
藁葺農家はTomixのカタログ掲載レイアウトの刷り込み?と言うか、
農村とかローカル風景のアイコン的な感じで、特に意味は無いです。
何気に屋根に茶色のパウダーを塗してある点は、我ながらエライと思います。
img20121023_070.jpg
こちら側はシナリーがスカスカ気味かも。農道の脇にあるベンチの裏には木が1本あったハズなんだけど、自室の端っこで乱雑に保管・・・放置してたから、折れてどこか行っちゃったです。
窓際もそうですが、10年近く放ってあったのでホコリとか色んな毛とかで㌧でもない事になってます。
 
img20121023_051-.jpg
このレイアウトは電柱刺す事を考えずに作ったので、秩父/西武辺りがモチーフなのに非電化であります。
だから気動車が似合うね。
img20121023_071-.jpg
緑色の気動車はシナリーの緑と同化しちゃいそうだけど、これも似合うね。
 
img20121023_088-.jpg
img20121023_093-.jpg
img20121023_094-.jpg
緑が似合うといっても、農村に山手線はちょっと強引だね。
続き
2012/10/26 22:01 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■鉄道模景#1
たまには鉄道模型の写真でも。
まずは16番
img20120518_011-.jpg
img20120519_102-.jpg
といっても2つだけですが。
100円均一の300円展示台2段タイプを駅に見立ててみました。
線路のバラストは「懐かしい」と感じる方がどれだけ居るかわかりませんが、
Tomix初期の青みがかったグレーのバラストです。昔ちょっと憧れてた(笑
 
Nゲージ
img20120531_028-.jpg
きららは既出でしたね。
img20121022_026-.jpg
img20121022_028-.jpg
img20121022_043-.jpg
写真がちっちゃいのは、手持ち撮影でISO感度が高くてノイジーなのを誤魔化すためです。(笑
 
つづくです。
2012/10/26 02:10 | 模型 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
■古いなら同じと思ったら違ったでござる。
img20121019_008-.jpg
9mmゲージの西武レッドアローの動力車の車輪ゴムが1こ無いので、
補修部品でカバーしようと思って随分放ってたのですが、たまたま良さげなモノを見つけたので買ってみました。
 
img20121019_005-.jpg
これ。Lカプラー付きのDT21なので、キハ58用ですね。
 
だがしかし。台車を見比べてみたら、ギアの大きさが全然違ったでござる。
 
つい最近発行されたTOMIXのキロポスト100号の巻末にかけてTOMIX年表があり、西武レッドアローがエポックメイキングなアイテムだったと紹介されてます。故に、台車の構造から何から全て見直されたのでしょう。
と言っても動力車内は動力ユニットで埋め尽くされてる古い構造ではあるのですが。
 
ちなみに、DT21にはゴム付き車輪も無いのでした。車輪ゴムだけでも入れ替えればな、とは思ってたのですが、それも無理。とりあえず現行の5.6mm車輪用を強引に引き伸ばしてハメておこうかな・・・。
2012/10/19 19:56 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■小江戸色
img20121010_008-.jpg
鶯と臙脂
img20121012_087-.jpg

img20121012_092-.jpg

img20121012_103-.jpg
青と黄
2012/10/17 17:07 | 実物 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑