■R.A.C.!
数日前です。
○カラオケの後、電車無くなっちゃってみんな帰っちゃって一人寂しくAllした翌日(悲壮感以外の何も無い・爆)
人の居ない西武球場行きの狭山線でTK-4DとNrbを堪能した後、戻って西所沢で電車を待ってたら、目の前をスゴいものが通り過ぎたので、帰った後に300mmを持って再度出撃。
 
とりあえず車庫に入ってしまっても大丈夫なようにと、チャリで20分強、小手指で狙ってみる。

ホームの影からそいつは現れた。


Red Arrow Classicです。全く何て事してくれたんだ西武よ。
 
クラッシックと名が付く由縁は、現行のレッドアローがNRA(ニューレッドアロー)という愛称である事から想像付くかもしれないが、現行の紫色の10000系レッドアローは2代目なのである。

↑これね。
この2代目レッドアローに、先代の5000系レッドアローの塗装まとわせたので、NewではなくOldでもなくClassicなのです。
 

今度は場所を変えて、武蔵藤沢~稲荷山公園の豊岡カーブにて。ピント甘ぇ(汗
 

意外にも側面だけ見てると、5000系レッドアローを髣髴とさせるものがある。
実はこの前日に、小手指車庫にて電車の窓越し(手前に30000系が居た)にこいつの存在を確認した時、本当に5000系が復活したんじゃないかとさえ思えたくらい。
といっても最近のmokoの目は誤魔化されやすいのですよ。伊豆箱根の元701系が赤電に復活したというニュース、塗り別け線の違いに気づけなかったし。。
 
流石に全面はデザインが違いすぎるのでは、と思ったけど、5000系でいう窓下の飾り帯部分が、10000系でも窓と連なった意匠であるため、ステンレスリブにような塗装にしたら意外とカッコイイではないかっ。
ただ、5000系ではランプケースがあった部分は単なる曲面であり、かと言って腰部の赤帯を巻いてしまうとダサいからだろう、乗務員扉のあたりでカットされている。無理に再現しなくて正解だと思う。
 
正直、紫というか暗色系で見慣れてしまった目には、鮮やかに映りすぎる感は否めないんだけど、でもE31が居なくなっちゃった今、再びこの塗装をまとってくれてるという事実。嬉いよね。
続き
2011/11/30 11:45 | 実物 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■vrm4ビュアーのカメラ挙動
前回に続いて。ではその変更後のvrm4のカメラはどういう動きなのかという話です。
 
じつは、変更点は1箇所だけでした。
 
vrm3のカメラでは、上下首振りの後に回りこみ旋回でオレ迷子(涙)が発生していたのに、vrm4中盤からカメラ挙動が変更になり、その現象がみられなくなりました。ゆえに、便利だとかいう書き方をしてしまいましたが、今になってみるとどちらも一長一短なのかもなぁって感じです。
とりあえず以下はvrm4の最終版であるver.4.1.0.3での挙動を示します。ver.5なんて知りませんもの。(爆
 

例によって断りを入れておきますが、図解に於いての便宜上、上の図のように名称します。
カメラ及びフィールドの転地方向をY軸、前後方向をZ軸、それぞれ矢印向きが+の値です。
カメラそのものの位置をローカル座標(オレンジ)、カメラが向いている先をターゲット座標(ピンク)とします。
文中の[数字or記号]はテンキーのボタンです。
続き
2011/11/15 16:53 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■vrm3 Dx9ビュアーのカメラ挙動
まさか日向車両でvrmの文字列がまた出てくるなんて夢にも思ってみませんが(笑)それは言い過ぎ。
 
vrm3の一番新しいビュアー(Directx9Type)では少なくとも、カメラの動き方が最新版vrm4以降vrm5等とでは大幅に違っています。
ついったで文字だけで書いてみたら、自分の文章力の無さも手伝ってワケ若布だったので、昨晩~今朝にかけてしこしこと図を作ってみました。
 
そもそも、何故こんな事を書いているかと言うと、V3のカメラの使用感がV4以降のそれに比べて格段に劣るからです。いや劣るんじゃなくてちょっと不便。上手く扱うにはコツが要る、上級者向けなのかなぁと。ただし使いこなせればかなり自由度があります。
V3から始めたオイラでさえ、今になってようやく仕組みが分ったのですから、今までなんだったのって話ですけど(笑
特に上下に首を振る操作の後に、左右の回りこみ操作を行った時にエラいスピードでカメラが振られてしまって、迷子になってしまうという事がしょっちゅう起きるんですが、こうなった時にフライスルー以外の、デフォルト座標情報を持ったカメラならテンキー[5]を押せばアングルごと元に戻ってリセットがききますが、フライスルーカメラがこうなってしまうとビュアー再起動しかリセットの手段が無いんです。そんなワケあるか(爆
 

先ずは断りを入れておきますが、図解に於いての便宜上、上の図のように名称します。
カメラ及びフィールドの転地方向をY軸、前後方向をZ軸、それぞれ矢印向きが+の値です。
カメラそのものの位置をローカル座標(オレンジ)、カメラが向いている先をターゲット座標(ピンク)とします。
文中の[数字or記号]はテンキーのボタンです。
続き
2011/11/13 18:15 | 電波 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑