■(走行音)JR 201系 中央線

(静止画+音)JR 201系 モハ201-66 八王子~武蔵境
 
我々世代にとっては、中央線といえば201系。ですよね?
国鉄時代、オイルショックに端を発した省エネブームの煽りを受けて、これまでの全熱損失から電力回生の道を模索した電車です。
電機子チョッパ制御、要は電動機の駆動用電力を電気抵抗で調節するのではなく、トランジスタによる高速での電流ON/OFF(チョッピング)を行い、無断階的に電圧を制御するというもの。現在主流のVVVFインバータ制御の始祖の始祖って感じです。だがしかし、機材が高額過ぎて財政状況が芳しくなかった国鉄にとっては痛手であり、大量生産には至らず、より安価な界磁添加励磁制御方式の205系/211系にシフトしたのは御存知の通り。
 
サウンド面ではサイリスタトランジスタから発せられるビープ音のようなノイズ、原理はアナログシンセサイザと同じようなものですが、モーターへの電制(加速減速とも)を行ってる間は、常に一定音階でノイズを奏でています。
モーターはMT60。外扇タイプながらMT55に比べると少し静かでしたが、全く静かだったわけではなく。また、摺動部分の摩耗によるものか、MT61共々「ジェット異音」と揶揄される異音が低~中速域で発せられる個体があったのも特徴といえましょう。個体と言いつつ、実は晩年の頃はむしろ異音のない車両のほうが珍しかったんですが、今回紹介しているモハ201-66は異音を発しない、割とプレーンな音でした。マイクを制御器真上にしてしまったので、モーター音があまり目立ちませんが、201系の特徴であるチョッパ音をお愉しみ頂ければと思います。
収録は07年初旬であり、後継のE233系が登場して間もない頃。置き換えられて数が減ってしまう前に押さえておいたものです。
本当は西八王子から録ってあるんですけど、キリ良く八王子からにしました。武蔵境で降りて西武多摩川線を見に行ったのか、記憶が曖昧ですが、ちょっとキリが悪いですな。(三鷹まで録っときゃよかったのに。。)
 
ちなみに京葉線の201系には、大音量で且つ高速域まで異音を引きずるというトンデモナイ状態の異音車が居ました。京葉線の201系も、そのうち作って掲載しようと思います。
2015/01/15 17:12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■航空ショー

2014入間基地航空祭 ブルーインパルス(音だけ)
 
動画だと思った?残念。音だけなんですなぁ。(殴
自室の窓から録音していました。全行程(飛び立つ前のエンジン吹かし音から着陸前まで)収めたので38分程あります。暇な時にテキトーに聞いてください。
ハイライトはYoutubeのキャプションに列挙してあります。定点で撮ってますから常に飛行機の音が聞こえてるわけではありません。映像がないと、ただ単に荒ぶってるT-4の音を聞いてるような感じですが、そうなると最早航空ショーでも何でもないただの日常の音ですネ。(汗
正直、いつも低めに力行して来る時の方がえげつない音になっています。ある意味普段からショーを見させられているようなものです。無論、ウチよりも空路、滑走路に近いお家では、もっとえげつない訳ですけども。(ネタに出来るくらいなんで、ウチはまだマシな方なのです。スミマセン。)着陸時はまっすぐ入ることが多いので、我が家は空路からズレているのでそこまで煩くはないです。
というか、例年ならもっと低空を飛んでいくシーンがあったような気がするのですけど、最近よく聞くバード・ストライクを避けているのか、もしくは水野線の鉄塔が10m大きくなったせいなのか。(低く飛んで行くシーンはだいたいその鉄塔の真上を飛んで行くため。)
まぁ何にせよ、落っこちてこないでくれればそれで良いです。
 
また、キャプションにも書いてますが、クルマとか犬とか近所の爺さんとか(笑)雑音も色々入ってしまっていますが、非日常的な光景が日常の中で繰り広げられているその雰囲気・・・と言うことで、堪忍願います。訳ワカメ。
 
動画に使ってる静止画は一昨年に撮影したものです。冒頭の青空はやや遡って06年撮影の写真を使っています。
イメージのお供に。
2014/11/04 03:21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(走行音)JR東 115系 武蔵野線


(静止画+音)JR 115系 クモハ115-318 大宮~新秋津 快速むさしの4号
快速だった頃のむさしの号。収録は'06年4月で、利用客が割りと疎らだった頃の音です。現行の各停むさしの/しもうさ号が武蔵野線の一般車で共通運用なのに対し、'10年12月ダイヤ改正前はご覧のとおり山スカ色の115系が使われていました。'05年頃には東北線/高崎線の115系も引退していましたから、それ以降は大宮駅で唯一、ほぼ定期的に見ることの出来た115系でした。
収録区間は大宮出発から新秋津=西武線ユーザ下車駅ってな感じですが、列車自体は八王子行き。新秋津を出ると貨物連絡線を通って中央線の立川に至ります。今のように新小平には停まらないのです。
車両が通常と違っていため、誤乗防止に一役買っていた面もあったように思います。現行では中央線内ではややオンボロとはいえ同じオレンジ帯のステンレス車、武蔵野線内では通常の列車と全く同じで見分けはつきにくく、ややこしいのではないかと。まぁ、イレギュラーな存在ですし、1日中頻繁に起こる事象というわけでもないのですが。
 
この列車の前身は国鉄時代の新幹線リレー号。新幹線起点の大宮へのアクセス利便性を高めるべく、貨物連絡線を駆使して大宮~武蔵野線~横須賀線に直通して横浜方面とを結んでいました。この豊田区115系(山スカ)が使われるようになる以前は、なんと三鷹区の波動輸送用169系が使われてたという・・・もう7~8年早くこの電車を知っていたら、ぎりぎり169系に乗れていたのかも。ちょっと悔しいです。その他、田町のアコ改167系とかメルヘン編成とか、昔は面白い電車が色々あったんですよね。全て紙面上でしか知らないんだけど(汗)
現行及びこの音の頃のルートは、大宮~与野付近-武蔵浦和付近の連絡線~武蔵野線~新小平-国立間の連絡線~中央線~八王子というもの。普段旅客列車が踏み入れない区間を走ることもあって、鉄道ファン的には外せない列車であることは今も昔も変わってないと思います。
 
ちなみに、豊田にはスカ色の6連貫通編成はこのM40編成1本しか居なかったので、検査時などには別の色の115系だったり、189系が代走したりすることがありました。かつての特急電車に特別料金ナシで乗れるんだから、これも当たればラッキーでした。
・・・自分は過去に一度、ホリデー快速河口湖号で乗ったことがありましたが、それが最初で最後になりました。
武蔵野線一般車共通運用の今では、代走で変な電車が入ることも先ずありませんからね・・・変て何だよww。
2014/10/20 23:45 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(走行音)JR東 205系 埼京線

(静止画+音)JR 205系 モハ205-264(外扇) 中浦和~大宮
 
埼京線の205系は、大別すると開業後数年で投入された生え抜きの後期型(客扉大窓)と、増発用及び転用分補充として山手線から玉突きで転属した前期型(客扉小窓)がありました。残念ながら今となっては後継のE233系に置き換わってしまったので、過去の話です。
今回のサウンドはモハ205-264=大窓車で録音しましたが、外扇モーターです。同一仕様ながら外扇/内扇の差があるモーターの場合、検査時にモーターが入れ替わることはよくあることで、山手線の古い前期型車両に内扇モーターが載ってることもありました。
埼京線の武蔵浦和→大宮、言い方を変えると末端区間は、朝時間帯の下りなら割りと空いてました。速達列車に抜かれた直後の各駅停車では特に。ベットタウン路線ならではというべきか、当然ながら逆方向(上り)の混雑具合は、郊外の時点でも結構なものでした。
mokoは高校時代、大宮までの通学に埼京線やら京浜東北線の末端区間を利用していました。これも通学時に録音したものです。以前に公開していた音源の範囲拡張版で、収録区間は中浦和→大宮です。与野本町辺りまで、手元の準備が整わずにガサゴソと雑音が入って自滅してますけども、ご了承ください。
走行音収録日は'07/12/02、逆算するとアレ?ってなりますけど、mokoが通っていた高校は特殊でしたので。
写真撮影日は'13/08/22です。随分最近ですけど、以前のOFF会(205系巡り回)の時のものです。埼京線もなかなか良い写真が撮れていませんでしたが、末期になって漸く撮れたなぁという感じ。機会を与えてくださったお二方には感謝していますとも。
2014/10/01 00:00 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■(走行音)JR東 E231系

(静止画+音)JR E231系 モハE231-49 御茶ノ水~新宿
 
総武線の201系等の黄色い車両を期待して階段を駆け登った秋葉原駅で、初対面した時は何事だろうと思いましたが、その理由は情報に疎くて幅の広い通勤電車なんて知らなかったし、唸る風のようなインバータノイズ音が衝撃的過ぎたからでしょうか。そんな衝撃的な初対面から、もう少しで15年が経とうとしてるわけで、困ったもんです。
 
どうも総武緩行線といえば近年(E231系等に替わって以降)は秋葉原から西側の印象が強く、また、個人的には'07年頃によく秋葉原に出かけては緩行線の電車に乗っていた事も在って、サウンドと共にその頃の記憶がふわっと蘇ってくるのですよね。主に模型関連ですけど。
 
収録区間が御茶ノ水からになっているのは、乗り込んだのが例によって秋葉原で、乗ってからマイクを入れたためです。新宿で収録が止まってますが、コレはキリが良かったからというだけです。同日の写真を見たら行き先は東中野で、例によってこれも模型関連ですけど。
 
動画に使ってる写真は08年の夏に御茶ノ水で。この日は松屋銀座の模型ショーを見た後、この辺に寄っていたように思いますが、何というか、ことごとく模型関連なのね。困ったもんです。
 
何気にこの電車はVVVFの音量が小さめで目立たず、かと言って床にマイクを近づけると走行中の衝撃などを拾って音が割れます。今回は貫通幌の中にマイクを突っ込んで録っています。貫通幌は渡り板の下辺りに小さな穴が開いているので、音量的には客室よりも大きく録れますし、何気に開放的なんですが、走行中は絶えず渡り板が摺動していますから、その音は確実に拾います。結果としてはいつもの神経質なサウンドよりも、乗客の雑踏も相まって、何気に面白い作品になったかもなぁ、なんて自画自賛してみたり。
続き
2014/07/30 22:50 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑