■TB縮尺の送電鉄塔
何を思ったか、ほぼTrainBanner縮尺の送電鉄塔です。(厳密には極僅かに小さくしています。)
最初は何の気なしに、特にモデルも設定せずにテキトーに描いた角錐2回線鉄塔が、意外と様になってるじゃん…と自画自賛。調子に乗って紅白鉄塔(グレースケールからRGB度合い調整という暴挙)、更にドラキュラタイプと描いてみたものの、折角なら実在する鉄塔をスケールモノとして描いてみたいねぇ、なんて思いつつ、過去に撮った写真を参考にして、mokoにとって鉄塔興味の原点で思い入れのある水野線の旧鉄塔を描いてしまった、という訳です。
 
以下、実物との対比。
 
 mizuno29.jpg mizuno29a.jpg
水野線旧29号(23m・147px・昭和43.1)
所謂ミニドラキュラ型と言われるものです。1、2段目の腕金に装架されていた導線を3段目腕金にジャンパ線で降ろして、上流の縦並びから下流は横並びに変換しています。自衛隊入間基地アプローチコースの関係で30m程しかない狭山線をアンダーパスしており、下をくぐる水野線の導線はかなりの低空を走っていたのでした。そのため、「昆虫採集時 送電線注意」という珍しい(らしい)看板が付いていました。
■参考:http://members2.jcom.home.ne.jp/tettou-mama/page079.html(ページ中盤)
特に意識せずとも、moko家のスグ前に突っ立っていたもので、見ながら育ったと言って過言ではないです。ほぼ直上を電線が通っていたせいもあってか、ラジオやテレビの電波の入りが極端に悪かったのでした。
 
 mizuno30.jpg mizuno30a.jpg
水野線旧30号(25m・161px・昭和43.1)
丘を降りた先にある、29号と対を成していたドラキュラ型鉄塔。高低差が大きいのでダイナミックな佇まいです。路地の奥に鎮座しており、季節によっては夕刻の光線が真正面に当たり、すごく幻想的だったのですよネ…。
mokoが鉄塔にのめり込んだキッカケがこの鉄塔でした。
 
 mizuno35.jpg mizuno34.jpg
水野線旧35号(15m・97px・昭和43.1)
2回線ながら腕金が2段しかないドナウ型と呼ばれるスタイルの鉄塔です。意識して撮影した最初の鉄塔でした。高さは15mしかなく、実物を見上げると腕金が眼前に迫っていて、迫力というよりも感電の恐怖を覚えるレベルです。何故そんなに低いのかといえば、自衛隊入間基地のアプローチコースの真下にあり、滑走路も目前(1km手前)に迫る位置にあり、飛行機が低く飛んでゆくためです。流石に鉄塔スレスレを飛んで行くということではありませんが、完全真下となる34号(写真右)の前後に低いドナウ型が茶畑の中に連なっており、水野線の名物風景の1つとされているようです。
 
…説明が過去形なので判ると思いますが、これらは全て建て替えられてしまって現存しません。現30号は基礎及び角錐部分は旧鉄塔の流用ですが腕金は新調されて原型を留めません。また、どれも淡い水色に塗装されていました。
不思議なタイミングで、mokoが鉄塔に興味を覚えた年の冬頃から撤去及び建て替えが始まったもので、旧鉄塔をギリギリで拝めたのでした。欲を言えば、もう少し色々観察しておきたかったですがネ。
 
キミ達が想い出になる前に、ただもう一度、会いたかった。
TBで過去の時代への再会を果たせるなら、それは多分、少しだけ幸せなコトです。
2016/06/28 18:16 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■診断メーカー
いや、実はこの3ヶ月ほどツイッタに魂を持っていかれつつあるもんでコッチが疎かになってたワケですが、ツイッタで未だにやや流行ってる「診断メーカー」を利用してちょっとしたネタをシコシコと仕込んでいました。
 

意味もなく貨物列車が通りますよっと。
 
診断メーカーというのは、名前欄に打ち込まれた文字列に反応して結果を示す面白系アプリであり、作り手側が予め用意した選択肢をランダムに並べてヘンテコな文章を作ったりして笑いを誘っているものです。
当初、診断結果は文字のみでしたが、何時頃からなのか正確には知らんのですが、反応を見るからに機能実装から間もないようですが、近頃は診断結果に画像を埋め込むことが可能になったようで。
かく言うmokoもドット絵ガチャうにガチャを見てから画像対応してることに気づいたもので。
で、それを見てたら「TBでも似たようなの出来んじゃね?」と思い立って、よく見る「連ガチャ」スタイルとして作ったのが1作目E233系5連続ガチャでした。要はパクリです(笑
mokoが把握してる範囲で、画像の仕様は大雑把に述べると、
 1、画像は5個まで埋込できる。2個まではオリジナル状態を保つが、3個以上は画像を並べて1枚のJPEG画像に合成する。
 2、各画像の解像度に差がある場合、1枚目の画像サイズが適用される。
→縦並びの場合、車体長方向のサイズが1両目の長さで適応されるので、車体長が違う車両では伸縮された上で合成されていました。
 3、合成後の画像の上限は899pxで超過すると縮小。大幅に上限を超える場合は途中で処理を投げるっぽい。
と言った感じです。
画像のサイズ違いに関しては、大きい方に合わせて小さい方は余白を追加して対処しています。とってもアナログですけど、これ以外に方法はないでしょう…。
画像の並び方向は縦と横が選べるので、2作目(貨物列車版)以降では画像を横並びとして、診断結果ではあたかも編成を組んだような表示としています。画像の上限が5個なので機関車含めた5両編成とボリュームには欠けるんですが、如何にもNゲージの基本セットみたいで可愛い…と、一部にはヤヤウケして頂いてた様子です。
 
まぁ、そんなワケで。
TrainBanner 5連続ガチャ E233系ver.
TrainBanner 5連ガチャ 貨物列車ver.
TrainBanner 5連ガチャ キハ58系ver.
TrainBanner 5連ガチャ 20系寝台ver.
TrainBanner 5連ガチャ キハ80系ver.
 
お暇な時にでも遊んでみてください。ツイッタユーザじゃなくても参加は可能です。
(ツイッタと提携して診断結果をボタン2つで呟ける、という程度のアドバンテージでしかありません。)
ガチャと言ってもただ回すごとに結果が毎回違うのではなく、名前欄の文字列を毎回変える必要はありますが、名前に限らず毎回ユニークなワードを適当に打ち込み続ければ無限にガチャを回すことが出来ますぞ。
 
まぁ、IDの桁数から察するに、生まれては飽きられ退れの繰り返しなのだろうなぁと思うので、一過性でもいいですヨ。
以下、ネタバレ含む解説。(これからチャレンジする人は見ないでね。)
続き
2016/03/03 03:03 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■今更ながらトンデモナイことに気がついた件
まぁ、大袈裟なタイトルに反して至極どーでもいいコトなんですけども。
dmc58-400,1exp
<現行(と言っても'06年作)のTB キハ58-400>
 
窓1こ多くね?
 
本来側窓はドア直近に戸袋窓(或いはトイレ窓)、客室の開閉窓は10こが正しいんですが、
mokoのTBでは何故か11こなのですね。テキトー過ぎ。

いつからエラーだったのやら…と思って旧作(一番古い'05年作)に遡ってみたら、ご覧のとおり既にエラーです。
なんだ、最初からか。(爆
msq20100602_001-.jpg
また、当然ながらそのTBをテクスチャに流用しているTB3Dでもエラーです。
ソレに気づくってことは、現在TBはシコシコと新しいのを描いてる途中なのですが、TB3Dは当分直す気はないです。
 
そんな訳で、新しいのは発表迄待て。多分今年中のいつか、です。
2016/01/09 03:16 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■10th
moko 10th Anniversary!!
 
mokoというハンドルネームを名乗りだしてから10年という意味で御座い。(中の人の年齢じゃないよ)
moko及び日向車両と言えばTrainBannerという印象を持たれているんじゃないかと思いますけども(自意識過剰っすか・笑)、H.Kumaさん主宰のTBForumにクリエータとして参加させてもらった時にタイポした「moko」が、現在までのハンドルネームになっています。それが10年前。
つまり、TBを描いて10年
節目ですね。
 
moko 10th Carnival!!
 
TrainBannerForum '14/10/04 UP

10年経過記念ってことで、TBFデビュー作だった西武101系を特別リニューアル。
HS836Nrbと語呂合わせで #10836#10837 にUPしますた。(既存車は存置。)
 
tb_seibu101-ver1.gif
更に10年前のデビュー作そのものをここに復元しました。8両で編成で1枚画像です。(画像クリックで等倍表示)
昔のバックアップに残っていたものですが、最終更新が2004/10/04となっていて、まさに10年前の今日なのです。
 
tb_jre209-ver1.gif
おまけで2作目の209系も初代作品をお目に入れます。10両編成で1枚画像です。
手前味噌ながら、この頃の作風のほうが今よりも妙な情熱みたいなものを感じるんですけどね。
上手く行かないものです。
 
更に更に、現在はTBFで公開していないmokoTB海外車をどどーんとzipにまとめたよ。
今後TBFに再投稿することは多分無いと思うので、自前のサイトでも作らない限りは日の目を浴びないでしょうから、欲しい人は今回の再配布をお見逃しなく。(何様だよwww
 
それと、
moko 10th Finale
今月以降は更新頻度を下げ、「最低でも月イチ更新」の目標を終了します。
 
そんな訳で、10年経っても迷走中。むしろ悪化してる?
今後とも日向車両とmokoをよろしくお願いしますです。
 
2014/10/04 00:00 | TB:その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
■E233系 Coming soon
今月中にE233系のTBをフルコンプリートします。手元では既に揃っていますので、後は出すだけなんですが。
 
実車は飛ぶ鳥を落す勢いで増備されています。なんせ201系、203系、205系、207系900番台、211系、209系の6形式のほぼ全てを第1線(新製配置線区)から降ろそうというわけですから、その数たるや。
ラインカラー以外に差異が無いのかと思いきや、床下機器の配列パターンは2種類に大別でき、細かい部分を見ると路線ごと番台ごとまたはロットごとにも差があるらしいのですよ。統一性が無いと見るか、同一形式のマイナーチェンジで差異が生まれていった国鉄形式にオーバーラップさせるか、楽しみ方は人それぞれでしょうな。
2013/11/03 03:08 | TB:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑