■Tomix 2軸貨車(国産)
img20160119_009-.jpg
Tomixは初期の頃に香港製の2軸貨車を多くラインアップしていましたが、最終的に香港製品は'87年版カタログにて一気に廃盤扱いに。その後釜として同年版カタログから登場したのが国産版の新2軸貨車製品群です。この中で唯一ヨ8000に関しては他より早い'81年に登場しているので、カタログ写真等では香港製貨車との組み合わせも見られました。
左から、
#2731/#2750/#2701 ヨ8000
#2751/#2703 ワム80000
#2716/#2705 トラ70000
#2754/#2707 コム1(普通型)
#2756/#2709 タム6000(ブラック)
#2752/#2710 チ1
また、写真には映してないですが以下色違いバリエーションもありました。
#2781/#2704 ワム380000
#2753/#2706 コム1(冷蔵型)
#2755/#2708 タム6000(シルバー)
品番はヨ8000を除き、'90年代前半にプラ車輪→金属車輪化で品番が変更されたもので、新旧を併記しています。
 
○ワム80000(香港製含め通算2代目)
香港製のワム80000は'80年代に入ってからの登場で、280000番代として屋根も樹脂塗装表現がされていたのですが、国産になると同じく軸距の長い280000番代のフォルムながら、屋根含めて鳶色1色塗りで尚且つ試作車の89003番を名乗るというやや尖った仕様でした。'83年版カタログから姿を見せるファーストセットA(#20010)にて、国産の新型Cタイプディーゼルと一緒に登場していますが、単品として登場するのは'87年版カタログから。('83カタログ写真の時点では香港製で代用されていました。)
 
○トラ70000(初登場)
ワムハチと同じくファーストセットAで登場。香港時代には無かった形式です。足回りは国産ワム80000の流用となっていて、以降全てに共通することですが、実物に比べて軸距が長いほか、足ブレーキのステップ表現が車端にあります。ボテッとした香港製トラ55000等とは異なり、無蓋車特有の車体の薄っぺらい雰囲気が良く出ておりシャープな印象です。香港製品廃盤以降は唯一の無蓋貨車だったので、色んなシーンに引っ張りダコでしたね。単品は他よりも僅かながら早く'86年版カタログにはもう掲載されています。(登場年は未確認です。)品番も国産グループと違って香港製品の続き番が振られています。
 
○コム1(香港製含め通算3代目)
香港製廃盤後に登場したアイテムです。香港製品は初期の頃から存在していましたが、一度モデルチェンジしてワム80000の足回りを流用するようになると実物より大柄な印象になってしまい、国産版でもそれを踏襲してしまっています。台枠の色は香港製はどちらも実車に倣って茶色でしたが、国産版では真っ黒な上に台枠の表現が乏しくズンドウで、より分厚く見えてしまいます。
香港製は旧規格の小さなコンテナ(10ft)が接着されていましたが、国産版では着脱可能な代わりに、12ftサイズにC10タイプのマーキングが為された「もどき」になっています。冷蔵型(白)と普通型(緑)がありますが、どちらもC10になっています。
 
○タム6000(香港製含め通算2代目)
同じく香港製廃盤後に登場したアイテムです。実在しない形式を名乗る製品として一部では有名でした。香港製の初期の頃より製品名はタム6000で、サイズ的には一回り小さかったのですが、国産版では例に漏れず足回りをワム80000と共通化したため車体長が伸びています。ただし、フットブレーキの位置は実車と同じく車端であるという点については正しいです。(厳密には、両端には無い様です。)
タンク体の色違いでシルバーとブラックがありました。KATOのタキ3000と同じようにカラーリングでバリエーションを持たせた製品です。ちなみにタム6000という名称は、エンドウのブリキ製貨車にも同じ名前がありました。本来このサイズのガソリン用であればタム500形式なのですが、たまたま手頃なサイズの2軸タンク車が6000番代を名乗っていた…つまり本来はタム5000形式…その勘違いをTomixが踏襲してしまったのでしょう。因みにシルバーなタムとしては近い数字ではタム8000があります。 
 
○チ1(香港製含め通算2代目)
これも香港製廃盤後に登場したアイテムです。コム1とよく似ていて、やはり台枠がズンドウですけども、表記板の位置を変えるなど変化を持たせています。香港製では積荷をプラ製の材木としていましたが、国産版の積荷はホンモノの木材が使われており、同様に針金を捻って止められています。国産グループでは一番組み立てに手間が掛かっている印象を受けます。車体長に関してはやはりワム80000の足回りに合わせて伸びています。実物は貨車の上回りを引き剥がした台枠だけの小さな車両であり、香港製の方が車長含め実物の雰囲気には近かったようにも思います。
 
○ヨ8000(当初から国産モデル)
デッキ上にLED素子を丸出しにしてテールランプが灯るというスゴイ製品。従って値段も貨車にしてはスゴいことになっていて、初代'81年時点で¥1,600、最期の頃には¥2,000となっていました。品番はLED素子の変更・輝度向上、室内ウェイトの小型化や、デッキ手スリの表現改良、車番変更によって#2731('81/ヨ8018)→#2750('92/ヨ8018)→#2701('97/ヨ8324)という変遷をたどっています。
 
*)#2731と#2750の比較。クリックで拡大します。
img20161224_9008-.jpg img20161224_9006-.jpg
カプラー成型色は当時製品と同じく濃灰色でしたが、他と同じように'80年代中頃に真黒色に変わっているようです。実はカプラーポケットも天地逆転していましたが、早い段階で直されています。また外箱は#2731がフタ付きの上等な箱ですが、#2750以降は香港製2軸貨車と同じサイズの、小さなセロハン窓付きの紙箱となっています。#2750と#2701では車番が違うだけだと思われます。
現行品の#2702は完全に新規で作り直されたもので、全くの別物です。旧製品は登場が割りと早かった事もあって、作りにはやや独特の味があるように思えます。
 
現行の2軸貨車製品では足回りの改良だったり、香港製以来のワム23000(ワム90000)やレム5000といった車両が新規製作で復活していたり、或いは香港製時代にもなかった車種まで含めてバリエーション豊かに展開しています。が、やはり長いこと不遇だった時代を見ていた者としては、愛着を感じるのは、そんな乏しいバリエーションの製品たちなのでした。
2016/01/24 00:00 | 模型 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
■最近の書庫から
「書庫」なんて格好つけてますが、実のところダンボールなんですけどね。
自重が重く、ページがヤワな本は「平積み」が基本ですぞ。元・本屋さんからのアドバイス。
 
SN3V2672-.jpg
#7005 Tomixカタログ'81
#7007 Tomixカタログ'83
表紙がトミックスブルーに白線画という、ブランドイメージを表面に出していた頃のカタログ。どちらもアイテム数が未だ少なく、現行キロポスト数冊分といった感じのボリューム。年代からも想像がつく通り、掲載されてるアイテムはどれも骨董品レベルですが、ストラクチャはこの頃のアイテムが現行品だったりするものもあり、何だか感覚が狂います。
尚、手前の#7304 レイアウトプラン集vol.4は'83年初旬の初版なので、'83カタログとは時期が近いということで添えてみたものです。
 
SN3V2722-.jpgSN3V2724-.jpg
#7015 Tomixカタログ1991
#7016 Tomixカタログ1992
#7017 Tomixカタログ1993
#7018 Tomixカタログ1994
#7019 Tomixカタログ1995
#7020 Tomixカタログ1996
#7021 Tomixカタログ1997~1998
#7022 Tomixカタログ1998~1999
#7023 Tomixカタログ2000
あとは'90年があれば'90sが揃います。この年代は表紙絵がイラストだった時期のもので、コレより古い'80s後半('84~'89)は実車写真をモノクロでポスタライズしたもの、一方'01年以降は'02年を除いて模型の写真をフィーチャした表紙デザインになっています。
また写真には撮ってないですけど、'01年以降は'02年が未入手な以外は、こちらも'09~'10年版までは揃っていたりします。アホですねぇ。
SN3V2943-.jpg
追記:'90年版、'10~'11年版も手に入れました。
 
SN3V2721-.jpg
#7402 Tomixディオラマワールドスペシャル
電車でGO亜種ゲーム「ガタンゴトン」の素材撮影用に設営された巨大レイアウトの写真集。ページ数的には#7401の半分程度ですが、1カット静止画撮影に特化した「ジオラマ」と、周回する「レイアウト」とでのスタンスの違いや、工期の都合か作りがラフな面も垣間見れるんですが、そこが妙に生々しかったり。
何より、先述した通り巨大ながらNゲージ列車が''周回''する「レイアウト」であるという事実が、かつての入間レールパークへの憧れを甦らせるような、何か不思議なものがあります。
 
SN3V2720-.jpg
最近は見なくなりましたが、以前はTomixカタログ巻末に広告が掲載されていた機芸出版の「Tomixの使い方」。そのうち'92年版巻末から掲載されていた2代目と、'01年カタログ巻末から掲載されていた3代目です。'91年版までギリギリ掲載されていた初代(多分)は未入手ですが、表紙=EF66+14系寝台から察するに早くて'86年頃でしょうか。
表紙に映るパワーユニットから世代が垣間見れますが、3代目でも最早15年前のモノです。NecstNeo登場および移行からワンテンポ遅れており、#7306レイアウトサポートブックと同期です。不憫なことに、その約2年後にはファイントラックが登場し、置き換えられていくのでした。…NecstNeoの茶系道床時代の短さよ。
 
SN3V2888-.jpg
ネコ・パブリッシングの「Tomixのすべて」は'02年版までの車両モデルがほぼ全て写真付きで網羅されたデータブック。コレでさえ最早10年以上前のものになってしまいましたが、仮に'02年以降現在までの全集がを作ったとしたら、ページ数が凄いことになりはしないかな…と。ちょうど今年でTomixは40周年らしいので。特に通勤電車にあまり積極的でなかった'90年代迄と、E231系列から徐々に火がついた'04年頃以降とでは、その傾向の違いも歴然となりましょう。
ちなみに右のレイアウト本は有名でしょう。単にサイズ比較のために添えましたが、現行版は表紙写真が飯田線の旧国から碓氷峠に変わっています。
そういえば、KATOアーカイブってのもありましたけど、アレも一度は読んでみたいかも。
 
SN3V2889-.jpg
まさかの児童書ですが、これが意外と侮れない。というのも、時折不意打ち気味にディオラマワールドにも収録されないようなカタログ、キロポスト或いは雑誌等広告用のカットが転用されていたりするもので。また、巻末の車両紹介にもEF65-1000が掲載されていたり…。1100番台(国産)ではないのですよ。お判り?
まぁ、そういうヨコシマな視点で愉しむというのは文字通り「邪道」なんでしょうけども。(笑
続き
2016/01/19 16:43 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■Tomix JR209系vsJR207系
img20150806_001-.jpg
img20150806_004-.jpg
Tomix'94年の製品であるJR東日本209系(上)と、翌'95年の製品であるJR西日本207系1000番台(下)です。
どちらも民営化後の次世代通勤形電車としてデビューしたもので、Tomix'96年のベーシックセットはこの2形式をフィーチャしたEX207(#90011)とEX209(#90012)がラインアップされていました。
しかし時は経ち、実物の209系は既に京浜東北線からは引退、207系は今でも古巣である東海道線を含む区間で活躍中ですが、片福連絡での改造や福知山線脱線事故以降は車体カラーが変わっているため、既にこの姿ではなくなっています。
 
模型は基本4両セットと単品が同時展開しており、セットを中心にしてもオール単品でもフル編成が目指せるものでした…問題は、在庫が揃ってるとは限らないという点でしょうかね。
207系は当初6+2編成だったため、先頭車には電連表現付きTNカプラを標準装備しています。基本セット相当の4両編成を揃える場合、207系の方がTNカプラやパンタ基数が多い分、価格が少々高くなりましたが、先述のベーシックセットでは双方とも同じ¥25,000に揃えられていました。
207系で得をしたのか、209系で損をしたのか…(汗
 
moko所有分は209系が4両セット(#92057)に単品サハ209を加えた5両、207系は単品(#2918~)で4両分揃えています…モハ207-1000はT車でしたが、動力ユニットを追加しています。
207系は編成中間も全てTNカプラ化されていた=台車のアーノルドカプラはポケットごと切除されていたため、これを直すためにNHK「あまちゃん」に便乗(ぉぃ)生産された三陸36型(#2654、2656)を集めました。これらは「台車更新」された姿を表現しており、現行品でこそ本来のND-1が用意されていますが、当時は空気バネボルスタレス、円錐積層ゴム軸支持の台車ということで、近似するWTR239(207系用)が流用されていたのです。既に207系新塗装の生産後で、補修部品も全てヨーダンパ付きとなっており、ヨーダンパのないオリジナルスタイルを手に入れるためには36型から部品を取る必要があったのです。

この写真の時に所持していた36型は先述の#2654…冷改且つ新塗装のモノで、足回りは部品を取り、ふらっと立ち寄った中古屋に激安で放られてた動力ユニットを追加したものでした。この時の動力は調子が良かったのでモーターだけ今でも残っていますが、車体は当初の非冷房時代のモノ(#92103相当)が手に入ったので、代わりに小銭に化けてもらいました。
福知山線脱線事故以降、アホみたいに高値をつけていた207系でしたが、moko所有分は当初新品よりも安い適正な中古価格で入手したのでした。その後の追加投資…動力ユニット、台車、破損させたクハ206の代替が嵩んで、結局高騰してた当時の中古価格に迫るくらい額をかけてしまいました…我ながらアホですが、それだけコダワリたい車両ではあったのです。
 
mokoの臨界期に於けるステンレス製通勤電車は、Tomixに於いてはこの2形式がある程度でした。実世界では209系500番台やE231系が登場していましたが、模型が登場するのはそのもう少し後の事で、'03年頃から現在に至るまで、漸く通勤形にもスポットランプが当たるようになった感じです。
理想を言えば、今を走る車両だけでなく、過去のスタイルも考慮して欲しいと思うワケです。例えば交換されたスカートの場合、製品には新型を装備しても、別売りで旧型スカートを用意しておく、とかね。
続き
2015/11/24 04:44 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■Tomix 485系1000番台
img20141206_001-.jpg
Tomixの485系は先ず'81年頃に電気釜スタイルの当時最新版だった1000番台が登場し、後にボンネット型クハ100番台を含むキノコ型クーラ(AU12)搭載のモハユニットが追加されています。Tomix国産モデル初の特急形…ではありません。その前年に381系が先んじて登場しており、さらに言えば特急型電車の第一号は'77年頃登場の香港製の月光型581系です。この485系からはそれまでの国産製品に見られた床下の成型色が「透け気味な濃灰色」から現在に通じる「真っ黒色」に改良されたのでした。
初代の品番は単品が2323~2328、セット品番は香港製581系セットを上書きして2代目の#92001となっています。先頭車キャブ上の独立ヘッドランプはダミーとなっていて、点灯しない代わりに形状は忠実です。動力ユニットは'80年代前半に見られた全室ダイキャストで占められたタイプです。
これが後年には改良され、先頭車キャブ上のヘッドランプ点灯化(運転室内に導光パーツが貫通…光漏れが激しく光量は申し訳程度。)、先頭車特急シンボルの別パーツ化、室内灯対応動力ユニット化('91年頃からは更にシャフトドライブ化)などが行われています。
 
ラインアップにはサシ481が含まれていました。1000番台としては新造されていませんが、既存車両を改造して連結対応化させたものがあったため間違いではありません。妻面の回送運転台の表情も愉しく、充分ではないにしろ赤帯塗装が行われてるのは評価ポイントでしょう。後年、'91年版カタログを最後にサシ481はいち早くラインアップから消えてしまいました。一説によれば北斗星/トワイライトExpに含まれるスシ24を作るために金型をイジってしまったために犠牲になった…なんて言うウワサもありますが、果たして。
 
'90年代になるとJR化後に増加した実車のカラーバリエーションを追って、1000番台ベースの色違い製品が増えていきます。スーパー雷鳥のパノラマクロ481、上沼垂カラーの1500番台風や、ひたちカラーのボンネット車はカプラーカバー無しでダミーカプラーを差し込んでいたり(実物は開口部が大きく胴受けが露出する)、九州タイプでは200番台からの改造車の表情を再現するなど、単なる色違いに終わっていない部分もあったようです。そういう意味では純粋な色違いはかがやき/きらめきカラーだけだったのかもしれません。
'97年頃には碓氷峠シリーズとして489系タイプが登場しますが、先頭車は200番台貫通タイプの顔を再現しつつも、顔から下は地井武男1000番台という''なんちゃって状態''からは抜け出せていません。並んでTNカプラ対応化が行われており、EF63との併結を再現していました。次いで'99年頃には正統派?特急色の貫通タイプが入門用3両セットに含む形で製品化されました。さらに西日本地区で交直流機器を降ろした183系「北近畿/はしだて」もありました。
旧製品の最終製品は「さよなら白鳥」で、ボンネットクハ481はスカートをガバッと開口して密連を備えた姿になっていました。以降は現在に通じるHGシリーズとして旧製品には無かった各番台も新規製作で網羅されています。当然ながらサシも復活していますネ。
 
また、同車をフィーチャしたベーシックセットが何度か登場しており、初登場は'84年頃のファーストセット3(#90012)、次いで動力改良後の'91年のベーシックセットSD(#90101)、更に旧製品末期の頃には1500番台タイプとしたベーシックセットEX485(#90144)がありました。EX485のみ6両、他はベーシックなモノクラス4両。
国鉄~JR初期にかけて、大雑把に言えばこの色このカタチの特急電車が全国で走り回っており、L特急という名前とともにアイコンとして認識されていた面もあるように思え、国鉄特急のド定番形式として「最初の一歩」には相応しい題材だったと思います…が、実はベーシックセットの題材としてはブルートレインの方が登場回数が多く、更に言うと100系新幹線も485系よりちょっとだけ多かったりします。
(ブルートレインは新24系金帯+旧EF66の組み合わせで4回、旧製品や銀帯、機関車違いを含めると凄い数に…。)
 
上の写真は初期製品6両を並べて一見すると#92001風…ですが、本来モノクラス6連のところ、サロとサシ( 左から2・3両目)を含んでいます。実物だったら過負荷で使い物になりませんが、必要最低限の車種で見た目の変化が愉しい模型ならではの編成ってヤツです。まぁ、mokoの手元では6両でも長いので、結局モノクラス4連に落ち着くんですけども。
また、写真では判りにくいですが塗装が部分的に異様な艶が発生しており、恐らく革ケースとの接触で化学変化してしまったものだと思われます。これが悪化すると、フタに塗膜を奪われる悲劇に繋がるんでしょう。
例によって特定の列車の再現は行わないので、ヘッドマークは何も貼っていませんが、導光材が丸出しでヘッドランプよりも眩しい…という困った状態になっています。(笑
続き
2015/11/18 00:04 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■Tomix 113系2000番台
img20150806_016-.jpg
Tomixの113系は国産製品黎明期に1000番台(#2301~)がありましたが、細密傾向が強くなってきた'85年頃に新規リニューアルして登場したのがこの2000番台(#2381~)を始めとする一連のシートピッチ拡大タイプ近郊型電車の製品群です。113系湘南/横須賀/関西/阪和快速、115系湘南(6両セットのみ)、115系身延(セットのみ)、屋根上違いの415系新色/旧色(共にセットのみ)が当初のラインアップでした。
先頭車はヘッドランプ/テールランプ点灯となり、スカートはプラ製でダミーカプラーと共にシャープな造形 、シールドビームランプのキリッとした顔つきと伴って実車の表情に迫っています。車体は厳密には115系2000番台(身延線)がベースとなっているようですが、その基本設計は30年経った現在でも生き残っています。
床下はクハ・サロ・クモハ(115系身延のみ)は新規に起こされていますが、モハは奇数/偶数とも1000番台から基本部分が、サハは103系からの流用となっています。動力ユニットはスプリングウォーム式でモーター以外が窓下に収まった室内灯対応タイプです。
先頭はダミーカプラー化したため、先頭車同士で連結する場合にはスカートごと床板から外し、アーノルドカプラー付き台車に取り替える必要がありました。'98年頃からはTNカプラーを前面に標準装備したリニューアル版が登場し、見た目と機能を両立させて、そのまま連結することが可能になりました。充分に小さく出来てるとはいえTNカプラーでも厳密にはオーバースケールであり、先頭に立たせるなら旧来のダミーカプラーの方が「模型」的には良い、というような気が個人的にはしています。ダミーカプラーは厳密には密連の空気管表現が上下逆転しているエラーがあり、'80年の西武レッドアロー以来放置されていました。勿論、西武が逆というワケではありませんが、まぁ、よく目を凝らさないと判らない部分ではあります。
 
実は、ほぼ時を同じくしてKATOからも似たような布陣で同グループ製品が発売されていますが、加えて115系山スカ等が含まれていました。KATOの場合、ダミーである割に似てないダミーカプラー及び153系から流用した形状違いのスカート(要は設計が古い)、シールドビームと言うには大きすぎるヘッドランプなど、ややルーズな面があるように感じられ、個人的には安かろう悪かろうと思っていますが、妙に惹かれる面があるのも確かです。コチラは登場時から何も変わらずに'05年頃まで生産されていました。近年のマイナーチェンジ版では塗装工程での不都合解消のため?ランプケース、タイフォンケース等、前面の目立つモールドは別部品になりましたが、基本的に寸法は変わってない様子。
 
mokoの臨界期に於いては、既にTNカプラー対応版が登場した後なもので、2階建てサロを含んだ湘南色7両セット(#92710)は憧れでした。が、上の写真は旧製品を単品で集めて似たような並びにしただけです。(笑
車体のオレンジ色は前面と側面で処理方法が違うためか、発色が全く異なっており(経年劣化かもしれない) 、またmokoの所持してる個体は何故か先頭車だけ色のノリが極端に悪く、他の車両も含めて塗り分けラインや発色具合がバラバラですが、恐らく製造年次による差もあると思われます。クハの塗装乱れは他製品(湘南色、スカ色)でもその傾向があり、115系の6両セットでも両端クハだけ塗料の乗りが悪いのでした。そういう意味では、古い製品である1000番台の方がキレイである、という極端な見方もできるかもしれません。
2階建てサロの正体は211系のサロ212です。TNカプラー対応以前のサロ124型製品は、見た目に新しかった横須賀線カラーと東海道線転属後の「新湘南色」が用意されていましたが、従来の湘南色は211系のソレと同じ配色であるため、模型に於いてはサロ212で代用してネ、という時代でした。サロ125に至っては、そもそもサロ213が製品化されていなかったハズなので再現しようがありませんが、現行のサロ124も模型的にも車番が違うとか、初期車の場合は台車が違うだけで、車体部品はサロ212と全く同じ(貫通幌の差異は除く)ですから、目を凝らさないと見えないような小さな車番を気にしなければ何にも問題がありません…唯一気になるとすれば、カプラーポケットの構造上の都合で連結間隔が揃わない(サロ212だけ狭い)ということぐらいでしょうか。この頃のカプラーポケットはスペーサモールドが未だ無かったので、連結間隔が現行品より広いのです…広い方が見た目はルーズですが、実用上は扱いやすくて、個人的には好きなんですよ。(笑
2015/11/12 23:48 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑