■TB3D(超軽量版) JR205系
相変わらず配布の目処は立ちませぬ。結構面倒なんだぜ。(
 
211系の次は205系と相場が決まっているのです。いや、実物の登場順は205系のほうが先でしたが、界磁添加励磁制御自体は元々211系での採用を目指して開発検討されていた技術で、ソレを205系に転用して先に出してしまったのだと云います。同じような例としては189系も耐寒装備だけ抽出して183系1000番代として先に出てしまいましたが、本来は横軽協調の189系がオリジナルなんだそうで、その関係に似ていますね。
その205系です。拙作立体物TB3Dとしては3代目になります。211系と同世代の通勤型として並べたかったというのもありますが、何だかんだで好きな車両なもので、そして前回同様VRM初代ラインアップにも205系が居ます。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181104_001.jpg
先頭部の寸法は実物から抽出、というのは軽量版209系、101系でも実践しています。ドット絵そのままの側面に引っ張られてどうしようもない時もありますがね。パノラミック窓とか帯とか。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181105_002.jpg
既存の211系のパーツが大部分で流用可能なので、新たに作る箇所は限られます。とりあえず外枠の出来上がり。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181106_003.jpg
先頭部ランプの表現は、流石にコレではなぁ…。そう言えばプラレールのギンギラメッキの205系はテールランプこそモールドでしたが、ヘッドランプは帯とともにシールだったような。全身オレンジ色で中央線というのが昔家にあったような。ニシキのミニ電車(顔から後は103系だったけど)は、どうだったかな。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181107_006.jpg
という事でランプ類を立体化して先頭車両の完成。連結器胴受けから下に向かって生えてる1pxの線はATC車上子フレームのつもりでしたが、余計な表現と思い最終的には消しました。ただでさえ薄っぺらい表現の足回りで、スカート無しだともう少し工夫が必要だったかなぁとは思います。後で少しイジリますかネ。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181107_007.jpg
山手線の205系といえば6ドア車は外せません。受信アンテナも一応表現しています。屋根にも一応配管を描いています。他の箇所はビードが伸びているだけなのでテクスチャはストッレチさせていますが、モハ205のパンタ周り同様にこの辺りは等倍で描いています。


trim_jr_205-51x11_1-rq2.jpg
trim_jr_205-51x11CurveR_0-rq2.jpg
編成してレンダリングしたものです。11両編成で2228△。JRマークが無いのに6ドア車連結なんて…という実物忠実至上主義は遠の昔に捨ててしまったので、個人的にはどうでも良いことです。JRスカートを作るだけのテクスチャの空きはありますが、とりあえず先延ばしにしています。
 
■ピクシブ
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71704918
▲ニコニ立体
https://3d.nicovideo.jp/works/td51146
 
続き
2019/08/01 02:30 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D(超軽量版) JR211系
いい加減配布再開しろよという意見があるのかも知れませんが、知ったことか。
 
前回国鉄101系の翌月、つまり10月頃ですが、何を血迷ったか更なるローポリ指向…3桁以内じゃ飽き足らず、500△以下へと目標を変えました。485系の時に触れた試作版(207系)に産毛を生やした程度で完成とせよ、元がドット絵なんだからもっとドット絵感強めで立体化するべし、という謎の''脳内御達し''です。
 
img_Mc211-1001_nuv_20161006_002.jpg
これが2016年時点、JR207系と、何故かE233系と並んで作ってみていた211系の試作版。E233の方は完全に頓挫中です念の為。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181020_003.jpg img_Mc211-1001_nuv_20181022_004.jpg
2年経って作成再開したボディ。側面はTBそのまま、前面もヘッドランプ以外は解像度が同じ。前面貫通扉窓がこの頃は大きいのですが、あとで修正しています。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181028_014.jpg img_Mc211-1001_nuv_20181025_009.jpg
クモハ211の完成。装備の関係で雛形とするため最初に作りました。屋根上は解像度そのままでは表現がツライものが多かったので、それでも2倍程度ですからパンタグラフはとってもギザギザしてます。真正面から見ると消失するヤツです。畳めはしませんが、ポリゴン数はかなり削減できています。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181026_012.jpg
暖地仕様も一緒に作っています。2階建てサロの製作途中。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181028_013.jpg
サロ213の完成。平屋の車両よりも少ないポリゴン数で出来ており、最も少ないサロ212で168△です。その分、連結器もありません。連結位置の目安に頂点だけ配置しています。ポリゴン数云々という時にはこの頂点(1ポリゴンに換算されるっぽい)は含まない数値です。特に意味はありません。
 
trim_jr_211-1001x5_2-rq2.jpg
trim_jr_211-1x15CurveJR0-rq2.jpg
編成にしてレンダリングしたものです。東海道線の15両編成でも3295△ですから、軽量版209系の10両編成(4258△)よりも少ないポリゴン数で出来ています。その分色々とペラペラではあるのですけど。
 
■ピクシブ
0番代→https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71567825
1000番代→https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71428722
▲ニコニ立体
0番代→https://3d.nicovideo.jp/works/td51121
1000番代→https://3d.nicovideo.jp/works/td51125
続き
2019/06/18 03:21 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■生存報告
更新が滞りました。ツイッタに魂が持って行かれています。
tarumi-haimo180-UV-A03-EDITs.png
■Pixivで見る
▲ニコニ立体で見る
●BOOTSで買う(¥500)
 
コレ最近の新作デス。樽見ハイモ180。この夏は樽見が熱い?
(気温の話ではないぞ…実際大垣は今月初旬頃には猛暑だったみたいですが・汗)
今夏は電車でGOが約10年ぶりにゲーセンに帰ってくる!なんて話題(情報発表だけで稼働は来年以降)もありまして、まぁソレもほぼ関係ないのですが、TB3Dシリーズ通しても最も室内を作り込んでいます。吊革とか運賃箱とか。ただ、一部は再現を見送って違う形状で済ましたりしてます。
電車でGOの影響があるとすれば、全体的に簡単に済ます予定だったものを車体の解像度を2倍化、窓が大きいぶん見えてしまう室内のパーツ作りこみ増加といったところです。(感化されまくっとるww)いやぁ、新電GOのスクショは漸くハイスペックな時代を取り入れたスゴイ出来だったもので(相変わらずバランスが何処か悪いが。)前時代的表現方法しか無いけどmokoも頑張ってみようかと思ったんですよ。3Dは久々なのでリハビリのつもりでしたが、作り終わったら何だか燃え尽きてしまってマス…意味ねぇ。
実車の解説はもう何度も繰り返していますので、過去記事(■1■2)を参照くだされ。
同じLE-Carの成れの果てであるキテツ1を作ろうかと思ってたんですが、共通点が在るようで無いので結構面倒でした。カタチが同じ有田ハイモは色違いとしてならテクスチャを弄れば済むのですが、車番見てもらえば分かる通り200番台=ロングシート車なのです。一方有田に譲渡されたのはクロスシートの100番台なので、そういうのを抜きにしてしまえば楽なんですが、コチラも何だかなぁという感じです。続編は気が向いたらやります。
 
データは有料ダウンロードとします。500円に見合う内容か?と言われると…そういう意見は御尤もなんですが、
カンパということで、買ってやってもいいぞという人は是非…。
2016/08/19 05:08 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D規格の送電鉄塔
TB3D特別企画として、送電鉄塔を作りましたゾ。
まぁ、前回2D化してあったワケですから、自然な流れ(?)ですかね。
 
水野線旧29号
Tower-Mizuno29-.jpg
Pixivで見る
ニコニ立体で見る

水野線旧30号
Tower-Mizuno30-.jpg
Pixivで見る
ニコニ立体で見る

蘊蓄は前回を参照。データがほしい人は日向車両(仮本家)のTB3Dページの一番下からGetしてね。
3D化に際してはディテールの省略や、そもそもテクスチャ解像度が低い=ドット感が強いため「実感的」とは対局にあるのは毎度のことですが、メタセコなりニコニ立体では、作業者や巡視員でない限りは普段見上げるだけの鉄塔を、全く別の視線から観察できるのでちょっと愉しいかもしれません。
 
…あぁ、間違っても実物を同じように観察しようなんて思わないように(笑)
非常に危ないので無闇に近づいてはいけません。高電圧ゆえ、触らなくても感電するので。
2016/07/19 21:19 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■まだまだ黎明期?
ニコニ立体のトップページ下にある「最近人気のタグ」にまあまあデカくTB3Dが載っておりますが、
 
犯人オイラですけぇ
 
当然ですけど、追従してくる人が居ないうちはTB3Dタグはオイラの占有物と化すわけで、ニコニ立体とかPIXIVとかその他諸々でそのタグを検索にかければオイラのよく解かんない世界が広がるって魂胆です。広げるか否かの選択権は無論皆様方の手に委ねられてる訳ですけどね。オイラは扉の向こうで肌タイ一枚で待機してるだけです。
2015/02/03 00:57 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑