■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑
■TB3D(軽量版) JR209系
お知らせ:TB3D軽量版の配布は暫く見合わせます。先行配布物は再配布禁止としますので従ってね。
trim_jr209x10R-3Shdw-rq2-.jpg
○Pixivで見る
△ニコニ立体で見る'18/6/2公開しました。
前作207系から半年ほど経ちますが、ようやく209系が出来ました。(というのが1ヶ月前の話なんですが・汗)
これらを併せて「JR東西次世代通勤型」の並びが出来るのです。次世代っても25年も前の話になるんですけど(笑
 
209系としての前回作は、当時の感覚では頑張って似せたつもりでしたが、今回は実車(八高線)を正面から撮ってトレースしています。所詮縮尺もクソもないデフォルメ数値で作っていますけど、前よりは似せられたかなと思います。側面は相変わらずTBのままですが、ほんの少しだけ表現に手を加えました。
テクスチャの割り方は最早室内表現は全く考えていませんが、そもそも需要ないですね。
ポリゴン数は先頭車で634△、中間車はモハ209がパンタで嵩んで491△、モハ208とサハ209はテクスチャ内容が違うだけなので同じ336△で、京浜東北線の10両編成を組んでも5000ポリゴン以下…今ドキの1車両のポリゴン数よりも少ないと思います。その分床下の表現がスカスカなのですが…。
jr209xjr207-.jpg
模型ではTomixがこの両形式を'94年(209系)、'95年(207系)にモデル化しています。(以前にそんな記事も書いてます。)揃ってベーシックセットにも起用されていましたが、単品でもセットでも品番が続番なんですよね。
…当時は、209系が205系に代わって大量増備されていくものだと信じて疑いませんでした。つまり205系同様にラインカラー違いが、いずれは大量に登場していくのだろう…と。既に京浜東北線の他には南武線や八高線、常磐線にはエメラルドグリーン帯の交直流電車(E501)が登場していましたから、次はオレンジ帯の中央線、カナリアイエローの総武緩行線などが生まれゆくであろう…と。
結局、車体の幅が広くなったE231系やE233系によって埋め尽くされた首都圏を見るに、似たようなモノではあるけれども、やっぱり最初のあのデザインが格好良かったんだよなぁ、と改めて思うわけです。ただのローガイです(爆
スポンサーサイト
2018/04/10 04:09 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■生存報告
更新が滞りました。ツイッタに魂が持って行かれています。
tarumi-haimo180-UV-A03-EDITs.png
■Pixivで見る
▲ニコニ立体で見る
●BOOTSで買う(¥500)
 
コレ最近の新作デス。樽見ハイモ180。この夏は樽見が熱い?
(気温の話ではないぞ…実際大垣は今月初旬頃には猛暑だったみたいですが・汗)
今夏は電車でGOが約10年ぶりにゲーセンに帰ってくる!なんて話題(情報発表だけで稼働は来年以降)もありまして、まぁソレもほぼ関係ないのですが、TB3Dシリーズ通しても最も室内を作り込んでいます。吊革とか運賃箱とか。ただ、一部は再現を見送って違う形状で済ましたりしてます。
電車でGOの影響があるとすれば、全体的に簡単に済ます予定だったものを車体の解像度を2倍化、窓が大きいぶん見えてしまう室内のパーツ作りこみ増加といったところです。(感化されまくっとるww)いやぁ、新電GOのスクショは漸くハイスペックな時代を取り入れたスゴイ出来だったもので(相変わらずバランスが何処か悪いが。)前時代的表現方法しか無いけどmokoも頑張ってみようかと思ったんですよ。3Dは久々なのでリハビリのつもりでしたが、作り終わったら何だか燃え尽きてしまってマス…意味ねぇ。
実車の解説はもう何度も繰り返していますので、過去記事(■1■2)を参照くだされ。
同じLE-Carの成れの果てであるキテツ1を作ろうかと思ってたんですが、共通点が在るようで無いので結構面倒でした。カタチが同じ有田ハイモは色違いとしてならテクスチャを弄れば済むのですが、車番見てもらえば分かる通り200番台=ロングシート車なのです。一方有田に譲渡されたのはクロスシートの100番台なので、そういうのを抜きにしてしまえば楽なんですが、コチラも何だかなぁという感じです。続編は気が向いたらやります。
 
データは有料ダウンロードとします。500円に見合う内容か?と言われると…そういう意見は御尤もなんですが、
カンパということで、買ってやってもいいぞという人は是非…。
2016/08/19 05:08 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D規格の送電鉄塔
TB3D特別企画として、送電鉄塔を作りましたゾ。
まぁ、前回2D化してあったワケですから、自然な流れ(?)ですかね。
 
水野線旧29号
Tower-Mizuno29-.jpg
Pixivで見る
ニコニ立体で見る

水野線旧30号
Tower-Mizuno30-.jpg
Pixivで見る
ニコニ立体で見る

蘊蓄は前回を参照。データがほしい人は日向車両(仮本家)のTB3Dページの一番下からGetしてね。
3D化に際してはディテールの省略や、そもそもテクスチャ解像度が低い=ドット感が強いため「実感的」とは対局にあるのは毎度のことですが、メタセコなりニコニ立体では、作業者や巡視員でない限りは普段見上げるだけの鉄塔を、全く別の視線から観察できるのでちょっと愉しいかもしれません。
 
…あぁ、間違っても実物を同じように観察しようなんて思わないように(笑)
非常に危ないので無闇に近づいてはいけません。高電圧ゆえ、触らなくても感電するので。
2016/07/19 21:19 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■まだまだ黎明期?
ニコニ立体のトップページ下にある「最近人気のタグ」にまあまあデカくTB3Dが載っておりますが、
 
犯人オイラですけぇ
 
当然ですけど、追従してくる人が居ないうちはTB3Dタグはオイラの占有物と化すわけで、ニコニ立体とかPIXIVとかその他諸々でそのタグを検索にかければオイラのよく解かんない世界が広がるって魂胆です。広げるか否かの選択権は無論皆様方の手に委ねられてる訳ですけどね。オイラは扉の向こうで肌タイ一枚で待機してるだけです。
2015/02/03 00:57 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■へぇ。
ニコニ立体というものが在る事に気づいたので、とりあえずTB3DをUPしてみたんですが。
HK100 上信デキ1 キハ110 キハ52
ブラウザ上に3Dビュアーが展開されて、ぐるぐると眺める事が出来ます。
ただ、テクスチャの色合いはメタセコver.4のリアルタイムレンダリングと似た、やや変な色になってしまいます。
閲覧にはUNITYというソフトが必要なので、持ってない人はダウンロードしてください。
 
まぁ、個人的にはメタセコで見たほうが愉しいと思うのですけど(パーツの表示切り替えや操作性で秀でる)、わざわざダウンロードするのが面倒って人にはニコニ立体が手軽でいいのかもねぇ、とは思うんですけど、如何せんオイラの意図通りの表示ではない(色や光源)ので、ちょっと不満。一方でメタセコでは出来ない、カメラモーション機能でくるくる回転させながら手放しで眺められるので、実は見ていて愉しかったりもします。
2015/01/28 02:36 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。