■西武FS40&FS342
TrainBannerForum '15/4/29 UP
とりあえずリストアップ。
[8648] 西武411系vol.2
[7744] 西武551系vol.2
[7743] 西武551系vol.3
[7742] 西武551系vol.4
[7741] 西武571系vol.1
[7740] 西武571系vol.2
[7739] 西武601系vol.2
[7738] 西武701系vol.5
[7737] 西武801系vol.3
[7736] 西武601系vol.1
[7733] 西武411系vol.1
[7732] 西武701系vol.4
[7731] 西武801系vol.2
[7730] 西武701系vol.3
[4799] 西武701系vol.2
[4009] 西武801系vol.1
[4008] 西武701系vol.1
全て台車のみ改良&修正しただけで、車体は'08当時のソレを維持しています。
ただし、描画方法…というか、Bitmap→Gif変換方法が当時とは違うので、MSペイントで開いた際の背景色が近年の作品同様に白→黒となります。
 
…異常拡大による解説(笑
TB-FS40.gif
FS40は当初、FS067(クハ1801の台車)と同じ絵を使っていましたが、これは実物が従来の吊掛式の台車よりもホイルベースが短いため、TBで近似させるには偶数表現となる事を避けた結果だったのですが、'12年の総武流山の譲渡車で描いたロングホイルベース版FS40「改」が意外と違和感なかったので、今回は数年越しに種車に逆輸入したような形になりました。シルエットの都合と総武流山との辻褄合わせで、M台車/T台車の描き分けは行いません。
ちなみに改良版を描くキッカケになったのは、実は鉄道コレクションでした…。それまで西武の台車といえばFS372がTomixの修理部品とGreenMaxから造形の甘い「西武FS」があった程度で、801系用のFS067としては勿論、吊掛車のFS40としても西武FSを代用する他に手立てがなかった時代が長かったですよね…まぁ今でも単品販売されてるわけではないし、入手性に優れない事に変わりはありませんけど。
*追記…FS067はFS372の枕梁部分をイジっただけなので、ホイルベースの短い実物の主梁の窮屈そうな感じがあんまり出てないな~と今更ながら思いました。が、それをTBでやろうとするとシルエットが狂うのでやってません。また後述するホイルベース表現について追加修正しており、現行のクハ1801はFS067「改」となっています。
 
TB-FS342.gif
FS342は国鉄DT21と同等品ですが、西武の灰色足回りを表現するため概ね1段階ずつ使用色を明るくしています。が、今回修正したのは網掛の部分。
近作の傾向として、この部分の有無によるM台車/T台車の描き分けをしているのですが、想定しているのはモーターのシルエット、或いはモーターにつながる冷却風導蛇腹だったりします。後者は国鉄新性能電車特有のアイテムのようで、西武の場合はこの部分は省略するのが正しいのです。さらに言えば、701系列は台枠がやや薄い=車体裾が高いので、より台車上面の空間が見えて低重心な印象になるように、国鉄版でいうT台車と同じシルエットにしています。
残る部分は車輪を表現しているのですが、接地面より1pixel大きいのはホイルベース2100mmを表現しているもの。2200mmの場合と、使い込まれて車輪径が減ってる印象或いは軽快感を表現する場合は2100mmでも、接地面と同じ大きさで表現するポリシーが一応あります。
 
とまぁ、理屈を捏ねてみましたが、基本的には描いてる時の気分(笑)に左右されることが多いのですけども…或いは、総合的な仕上がりを見た上で、その台車の特徴を表現出来てるか否かで判断しています。
2015/04/29 18:05 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■西武3000引退記念
TBForum '15/1/11 UP
seibu_3011_1.png
■[3892]3011F 銀河鉄道999塗装 (New)
seibu_3015_1.gif
■[10275]3015F L-Train
 
ついに3000系が完全に引退してしまったらしいので、最後の仕掛品だった銀河鉄道999ラッピングを描きました。
非常にカラフルな塗装で、画一的に真黄色の西武電車の中に在ってはとても目立っていました。まぁ、個人的にはあんまり好きじゃないんですけど(爆)
 
有井からNゲージ製品が出ていて、ご丁寧にも側面から撮った写真が8両分掲載されてるサイトがあったので、その写真からトレースして線画を作成。ペイントでなぞるだけなんですが、この時点の絵はとてもじゃないけど見せられる出来ではありません。幼稚園児の絵みたいな感じです。
それをギュギュッと縮小すると、不思議な事に誤魔化せてしまうんですねぇ。J-Trimが一番の立役者です(爆)
seibu_3011F_1.gif
だがしかし、この時点では24Bitなので、Gifにするには色数を減らさねばなりません。乗算することで色数が増えてしまうので、結局乗算前で60色くらいまで減色しています。グラデーションがガタガタになった部分もありますが、まぁ仕方ないですね。8両分で256色に収めたがゆえに大幅な減色になってしまったんですが、1両ごとに256色ずつ許容した場合はもう少し使える色が多かったと思います。ちなみに、一番上の1両だけは24BitPNGなので減色なしです。お暇な方は見比べてみてください。
 
全体的にメーテルの髪がウネウネと伸びているようなデザインですが、髪の部分の大半はラッピングではなく元々の地色です。一方、前面や客扉はステンレスなので地色は使わずにラッピングによる黄色としていますが、色味が異なっていました。また、メーテルの顔の付近の黄色もラッピングによるものだったようなので、その辺を表現しています。本来想定していた黄色がコッチだとすると、全体に配されていたら非常に毒々しかったような気がします。ただ単にラッピングをケチっただけだったんでしょうけども、正しい判断だったような。(笑
 
同時にL-Train(3015F)も更新していますが、999塗装同様に8両1枚絵に変更したものです。
引退に際して、登場時のツートンカラーが復活したりしないかなぁ・・・とか思っていたんですが、残念ながらそんなこともなく、この派手な2編成(L-Trainは広告が無いと地味だけど)以外は、地味な最期でした。
続き
2015/01/11 18:18 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■西武101系 肆 VVVF試験車
拙作TrainBanner西武電車を大量に作成していた時期がありまして・・・具体的には'08年頃のハナシなんですが、今更ながらその補完です。
 
TBForum '14/12/13 UP
seibu_145_1.gifseibu_146_1.gif
■[8669]モハ145+146 VVVF試験車
 
実車は1988年に、4000系に足回りを取られた101系初期車の車体を活用したVVVF試験車。
seibu101vvvf.gif
(*画像はクリックすると2倍に拡大します。)
普段TBForumに投稿してる奇数側(moko基準:池袋線飯能行き左先頭の側面)が上段、投稿していないけど作画作業の都合で出来上がる偶数側が下段です。
実はこの車両についての資料が乏しすぎて、唯一2両とも揃って資料が手に入ったのは偶数側だけでした。奇数側はモハ145については入手出来ましたが、モハ146は皆無でしたので、奇数側(右上)は妄想で描きました
たかだかTBですし、いつもデフォルメをぶっカマしてますから常に実物に忠実ってことはないんですけど、一応その旨は開示しておかないと気が済まないので明言しておきます。絶対に鵜呑みにしないでください
 
その妄想についての言い訳と考証をダラダラと書いていこうと思います。
307vvvf_2.gif
(*画像をクリックすると正規サイズになります。)
301系1307Fのサハを引っこ抜き、代わりに試験ユニットを挿入して試験に供されていました。モハ301-7/301-8(上の絵では左側ユニット)は走行機器の回路をカットして、編成内のMT比は1:1とされていました。ただし、おそらく空気系およびMGはモハ301-8のものを作動させていたのでは?と思うのです。よって、モハ145/146共に自車駆動制御用の機材のみを艤装していたものと思われます。そして走行中はズララと6パンタが立ち連ねていたハズ・・・これも妄想ですが。(汗
VVVFはモハ145が日立GTO、モハ146が三菱GTOだったようです。写真を見る限り、モハ145の日立VVVFは6000系のVVVFと筐体がソックリなので、TBでも6000系から流用しています。
一方モハ146三菱VVVFはコントローラ側(偶数側側面)しか写真がありませんでしたが、同時期に三菱GTOを採用している小田急1000系と筐体がソックリであり、パワーユニット側の意匠はそれをモデルにして妄想しています。ちなみに同じ三菱GTOを採用している西武2000N系モハ2197のVVVF筐体は、どちらかと言えば6000系のソレに近いです。
フィルタリアクトルは縦筒型であり、モハ145では両側面から見えていますから2つ艤装されているのでしょう。モハ146も縦筒型であり、サイズ的に似通っており、容量が同じだとすればこれも両側に1つずつ見えるはず。
ブレーキ装置は301系(=新101系)に連結する関係で基本部分はHSC、ただしカバー無しなので内部のコックが晒されてるように見えます。HSCから電制の信号をキャッチしてVVVF装置を作動させていたのでしょうか。
サーキットブレーカは比較のためか違うタイプが採用されています。モハ146のサーキットブレーカはアークシュートの形が大きく、どこか国電チックな印象を受けます。ということで103系のサーキットブレーカを少しイジって流用しています。6000系ではモハ145で採用した従来タイプのサーキットブレーカが使われています。
その他の機材は完全に妄想ですが、モハ145が意外とアッサリしているので、モハ146もアッサリ気味にしています。モハ145の奇数側についてる、「パーマン」みたいな顔に見える機器箱が妙に気になって、何とかその雰囲気をTBで描けないかと思ったんですが、難しかった。この機材が何なのかが判ればモハ146も妄想しやすいんですが、何だろね。ブレーキ関連かな。
試験期間が1991年までだったとする記述もあれば、90年には小手指車庫に切り離されて廃車寸前という写真もあり、どちらか判りませんが、これと92年製2000N系VVVF試験車モハ2197の結果を受け、満を持して6000系が登場するワケでした。ソレがもう20年以上前のハナシです。怖ぇ。
 
・・・そんなようなことを考えながら描いていました。
'08年頃の一連の作品群の補完であり、'08年頃の画風に極力近づけています。この前の10th記念は全くの別枠として捉えて下さい。これで赤電から08年までに登場した西武電車のTBが完遂した・・・ハズです。何か漏れがあるような気がするけど、面倒くさいのでもういいや。
2014/12/13 03:48 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■西武5000系改
TrainBannerForum '12/12/25 UP
seibu_5502_2seibu_5002_2seibu_5001_29 seibu_5501_2
■[4167]vol.1
■[7576]vol.2
■[7590]vol.3
西武5000系レッドアローといえば、知らない人の方が少ないんじゃ無いかと思うほどの名車ですが、西武で初めて幅広裾絞りの車体を採用した同車。国鉄の特急型に範を採ったのか、屋根の高さが他の車両よりも低いんですねー。と言うわけでそれを表現すべく描き直した次第です。
ついでに偶数モハの床下も、恐ろしいくらいに作りこまれてるTomixのNゲージをお手本に修正して見ました。今回車高を下げたのも、TomixのNゲージがそんな雰囲気を醸し出していたからなんですがね。
調査漏れがあるかもだけど、5000系は最期までCPはAK-3だったみたいなので、前回作品に紛れ込んでたHB-2000タイプはエラーだったようです。また末期仕様のダクト、ベンチレータ配置は前回同様にGMキットのハコ裏の解説を元に描いてますが、そのGMキットは作る気が完全に失せちゃったなぁ。。非常にどーでも良いですな。(w
各仕様は前回と同じ。vol.1は逆側の絵を追加しました。
続き
2012/12/25 00:00 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■西武801系
TrainBannerForum 08/11/08、08/11/18 UP
*例によって、File名と実物車番は関係ない時もあります。
seibu_1805_1.gif
[4009]vol.1
seibu_1803_1.gif
[7731]vol.2
seibu_1801_1.gif
[7737]vol.3
続き
2010/04/01 00:00 | TB:西武特集 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑