■Tomix 2軸貨車(国産)
img20160119_009-.jpg
Tomixは初期の頃に香港製の2軸貨車を多くラインアップしていましたが、最終的に香港製品は'87年版カタログにて一気に廃盤扱いに。その後釜として同年版カタログから登場したのが国産版の新2軸貨車製品群です。この中で唯一ヨ8000に関しては他より早い'81年に登場しているので、カタログ写真等では香港製貨車との組み合わせも見られました。
左から、
#2731/#2750/#2701 ヨ8000
#2751/#2703 ワム80000
#2716/#2705 トラ70000
#2754/#2707 コム1(普通型)
#2756/#2709 タム6000(ブラック)
#2752/#2710 チ1
また、写真には映してないですが以下色違いバリエーションもありました。
#2781/#2704 ワム380000
#2753/#2706 コム1(冷蔵型)
#2755/#2708 タム6000(シルバー)
品番はヨ8000を除き、'90年代前半にプラ車輪→金属車輪化で品番が変更されたもので、新旧を併記しています。
 
○ワム80000(香港製含め通算2代目)
香港製のワム80000は'80年代に入ってからの登場で、280000番代として屋根も樹脂塗装表現がされていたのですが、国産になると同じく軸距の長い280000番代のフォルムながら、屋根含めて鳶色1色塗りで尚且つ試作車の89003番を名乗るというやや尖った仕様でした。'83年版カタログから姿を見せるファーストセットA(#20010)にて、国産の新型Cタイプディーゼルと一緒に登場していますが、単品として登場するのは'87年版カタログから。('83カタログ写真の時点では香港製で代用されていました。)
 
○トラ70000(初登場)
ワムハチと同じくファーストセットAで登場。香港時代には無かった形式です。足回りは国産ワム80000の流用となっていて、以降全てに共通することですが、実物に比べて軸距が長いほか、足ブレーキのステップ表現が車端にあります。ボテッとした香港製トラ55000等とは異なり、無蓋車特有の車体の薄っぺらい雰囲気が良く出ておりシャープな印象です。香港製品廃盤以降は唯一の無蓋貨車だったので、色んなシーンに引っ張りダコでしたね。単品は他よりも僅かながら早く'86年版カタログにはもう掲載されています。(登場年は未確認です。)品番も国産グループと違って香港製品の続き番が振られています。
 
○コム1(香港製含め通算3代目)
香港製廃盤後に登場したアイテムです。香港製品は初期の頃から存在していましたが、一度モデルチェンジしてワム80000の足回りを流用するようになると実物より大柄な印象になってしまい、国産版でもそれを踏襲してしまっています。台枠の色は香港製はどちらも実車に倣って茶色でしたが、国産版では真っ黒な上に台枠の表現が乏しくズンドウで、より分厚く見えてしまいます。
香港製は旧規格の小さなコンテナ(10ft)が接着されていましたが、国産版では着脱可能な代わりに、12ftサイズにC10タイプのマーキングが為された「もどき」になっています。冷蔵型(白)と普通型(緑)がありますが、どちらもC10になっています。
 
○タム6000(香港製含め通算2代目)
同じく香港製廃盤後に登場したアイテムです。実在しない形式を名乗る製品として一部では有名でした。香港製の初期の頃より製品名はタム6000で、サイズ的には一回り小さかったのですが、国産版では例に漏れず足回りをワム80000と共通化したため車体長が伸びています。ただし、フットブレーキの位置は実車と同じく車端であるという点については正しいです。(厳密には、両端には無い様です。)
タンク体の色違いでシルバーとブラックがありました。KATOのタキ3000と同じようにカラーリングでバリエーションを持たせた製品です。ちなみにタム6000という名称は、エンドウのブリキ製貨車にも同じ名前がありました。本来このサイズのガソリン用であればタム500形式なのですが、たまたま手頃なサイズの2軸タンク車が6000番代を名乗っていた…つまり本来はタム5000形式…その勘違いをTomixが踏襲してしまったのでしょう。因みにシルバーなタムとしては近い数字ではタム8000があります。 
 
○チ1(香港製含め通算2代目)
これも香港製廃盤後に登場したアイテムです。コム1とよく似ていて、やはり台枠がズンドウですけども、表記板の位置を変えるなど変化を持たせています。香港製では積荷をプラ製の材木としていましたが、国産版の積荷はホンモノの木材が使われており、同様に針金を捻って止められています。国産グループでは一番組み立てに手間が掛かっている印象を受けます。車体長に関してはやはりワム80000の足回りに合わせて伸びています。実物は貨車の上回りを引き剥がした台枠だけの小さな車両であり、香港製の方が車長含め実物の雰囲気には近かったようにも思います。
 
○ヨ8000(当初から国産モデル)
デッキ上にLED素子を丸出しにしてテールランプが灯るというスゴイ製品。従って値段も貨車にしてはスゴいことになっていて、初代'81年時点で¥1,600、最期の頃には¥2,000となっていました。品番はLED素子の変更・輝度向上、室内ウェイトの小型化や、デッキ手スリの表現改良、車番変更によって#2731('81/ヨ8018)→#2750('92/ヨ8018)→#2701('97/ヨ8324)という変遷をたどっています。
 
*)#2731と#2750の比較。クリックで拡大します。
img20161224_9008-.jpg img20161224_9006-.jpg
カプラー成型色は当時製品と同じく濃灰色でしたが、他と同じように'80年代中頃に真黒色に変わっているようです。実はカプラーポケットも天地逆転していましたが、早い段階で直されています。また外箱は#2731がフタ付きの上等な箱ですが、#2750以降は香港製2軸貨車と同じサイズの、小さなセロハン窓付きの紙箱となっています。#2750と#2701では車番が違うだけだと思われます。
現行品の#2702は完全に新規で作り直されたもので、全くの別物です。旧製品は登場が割りと早かった事もあって、作りにはやや独特の味があるように思えます。
 
現行の2軸貨車製品では足回りの改良だったり、香港製以来のワム23000(ワム90000)やレム5000といった車両が新規製作で復活していたり、或いは香港製時代にもなかった車種まで含めてバリエーション豊かに展開しています。が、やはり長いこと不遇だった時代を見ていた者としては、愛着を感じるのは、そんな乏しいバリエーションの製品たちなのでした。
2016/01/24 00:00 | 模型 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
n e w < < コンテナ貨車2種 | H o m e | 最近の書庫から > > o l d
コメント
TOMIX第二世代のワム80000は
記事の通りハワム89003になっています。
実在しないと書かれていますが
実は実在します。
当時最新のワム280000番台がフォークリフト作業等でアルミドアが破損するので問題になっておりその対策としてドアを鋼製にし、重くなった分屋根材をさらに軽量化した試作車が作られました。
形式はなぜか初代ワム89000の続き番号としワム89003としました。
結局貨物を取り巻く環境の変化で量産には
至らず天王寺局所属として割と早い時期に形式消滅したそうです。
by:くろしお | URL | #-【2016/05/10 10:55】 [ 編集] | page top↑
くろしおさんツッコミありがとうございます。ワム89003実在していましたか。
ワムハチについて諸々調べたのが随分前だったので、勘違い&記憶違いしておりました。
実はトラ70000も古いカタログ見てたら勘違いを見つけたので(汗)併せて訂正しておきますです。
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2016/05/10 14:31】 [ 編集] | page top↑
記事が今年初めでしたのでまだ良いかなと
レスしました。
TOMIX ワム89003は外観上280000ですので形態上間違いではないですがたった1両しか存在しないものを選んだのは謎ですね。
by:くろしお | URL | #-【2016/05/10 17:52】 [ 編集] | page top↑
推測ですけども、'83年のファーストセットに組み入れるワムを香港製(量産車)とは違う題材にしよう…として選んだのが試作車89003で、フリースタイルの牽引機と併せて特殊な感じを狙ったのかもしれません。で、'87年以降の一般販売分も同じスタンプを流用してしまって89003のまま続いてしまった…のかなぁと。
模型趣味を始める前どころか、まだmokoが生まれてない頃の話なので、古本などで得られる情報以外は知る由もないので歯がゆいですが…。
 
ところで、実車ワム89003の屋根の色ってどうなんでしょう?車体と同じトビ色なのか、ポリエステル樹脂の薄茶色なのか…白黒写真で屋根が見えづらい角度の写真が唯一、画像検索で釣れたんですけど、屋根の肩部分がトビ色に見えるので、屋根上面もトビ色なのかもしれませんが、如何せん判別し難いです。。
仮にトビ色で塗られてるなら、当時であれば280000番台は全て樹脂塗りだったでしょうから(上塗りなのか樹脂が剥げたのかトビ色の個体も居たみたいですけど)、ただ単に模型の屋根塗り分けを省略したいがために、ウソにはならない車番を選んだという理由だったりするのかな、とも勘ぐってみたりします。
 
参考:
http://www.bekkoame.ne.jp/~tomoki/jrf/JRYUHGAI/JRYUHGAI.html
http://homepage3.nifty.com/kiha/cl/cl121123.html
by:moko | URL | #uBfUABJ6【2016/05/11 18:48】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














トラックバック