■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑
■(TB3D)AlphaContinentalExpress
アルコン6R
■Download
本当はTB描いた翌々日にモックアップ着手、そんで翌々月くらいには3D画像は世に放っていたのですけども。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=61872565
その時点では4連、キロ26迄は仕上げてありましたが、キハ56タイプが一向に作る気になれずに放置していました。臨時増結6両分が出来たら公開しようと思っていたので、こんなイミングです。地味に旧作キハ58とは足回りと連結器くらいしか共通点はなく、完全に別物です。
あくまで、TBをベースに3D化するとこんな感じ、という強烈デフォルメなので、実物との差なんて知らぬ。例によって似顔絵の世界です。解像度はTB等倍ですが、灯具やヘッドサインは解像度が低いと顔にならないので、メリハリはつけているつもりです。また、各車連結器下にはブレーキホース等表現をアルファチャネルで透過して表現しました。コレこそ解像度低めですが(TB2倍相当)テクスチャに余裕が無いので妥協且つ作風維持も兼ねています。ポリゴン数は概ね先頭車△4000弱~中間車△3000ほど。実は台車周りだけで△2500超なんですけどね。(笑
 
今回は6両セットでアーカイブしています。オブジェクトファイルとテクスチャファイル名はリンクしています。テクスチャはTGAファイルです。GinpなりPictBearなりで開けばPngやBitmapに変換することも可能です。
 
AlphaContinentalExpress6R_S.jpg
…結局、キハ56-213が増結された6連の情報にはありつけなかったので、キハ56増結6連は国鉄色の増結編成を参考に繋げてレンダリングしてます。基本的に車両向き、連結位置はあまり変わっておらず、5連はキハ56を抜き、4連ではキハ56、キロ26を抜くか、キハ59-100登場前の増結4連でもキロ26の連結位置は同じ側になります。この画像でテールランプを灯してるのはキハ59-2です。
 
以下、'17/7/6追記。
続き
スポンサーサイト
2017/06/17 13:31 | TB3D配布 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■超虹
TrainBannerForum '17/5/1 UP
EF81-95rainbow.png
■[6066]JR SUPER EXPRESS RAINBOW vol.1
■[6067]JR SUPER EXPRESS RAINBOW vol.2
 
個人的には一番好きなジョイフル客車だったりするんですがスーパーエクスプレスレインボー。紅白のストライプカラーが眩く可憐であり、同じく鮮やかな赤色を身に纏い何故か型式名がデカデカとペイントされた牽引機指定機も含め、そのインパクトは今以って褪せない存在に思えます。
実車の登場は国鉄民営化を直前に控えた'87年3月、要は民営化後の活躍を見込んで計画されていた車両の1つでした。同時期にデビューした車両にパノラマエクスプレスアルプスがありますが、どちらもJR'90年代を彩ったジョイフルトレインとしては話題には欠かせないでしょう。
タネ車は形式通り14系…と思いきや、編成中央に連結される「Rainbow」の大ロゴが入った真っ赤な展望ドーム付きイベントカーは12系がベース。この車両だけ車体断面が異なります。TBで屋根高さ1px差と言うのはオーバーかもしれませんが、web上の前面がちに望遠圧縮した構図の写真では1段高い屋根が見て取れました。
両端の緩急車は連結面側を展望室へと改造しており、要はひっくり返して連結されるワケです。サロンエクスプレス東京に始まる、同じ700番代を名乗る国鉄時代からのジョイフル客車では定番の改造メニューで、本来車掌室側の折妻が連結面に入ることになるため独特な雰囲気を醸します。
難点としては、折妻である上に特に移設改造が行われなかっただけかも知れませんが、特急車両には定番装備である車端ダンパが省かれています。一方で同様にひっくり返して展望室を設けている「サロンカーなにわ」は折妻を切妻に改造して車端ダンパを装備させているので、単に気合の入れ所が違うと言うだけかも知れません。
展望室は屋根肩上部まで張り上がった窓が特徴的であり、それまで角ばったデザインが多かった中で、曲面を取り入れ「カド」の取れた滑らかなデザインとなりました。その塗装も相まって最早「可憐」と表現するに至るワケであります。
展望室側のテールランプはヘッドランプを併設できるようなケーシングデザインとなっていて、夢空間に同様の手法が用いられたのは以前も言及したところです。
客車は2000年頃に廃車となりましたが、牽引指定機は塗装もそのままに近年迄現役だったのは知っての通り。EF81-95とEF65-1019が当初用意され、EF65は1118号が代替で登場するも、客車との併存期間は数年だけだったそうで。
また牽引指定と言いつつも毎回ソレが登板していたワケではなかったようで(客車列車としては本来正しい姿と言えましょうが。)古記事からは、上越線でのEF58、EF55や、碓氷峠でのEF62、63辺りが、特にパッションを感じられるように思えました。地味ではありますが、EF65-501やPF等も牽引実績はあります。基本的には「何でも御座れ」です。
*参考までに似合いそうな機関車(個人的偏見)をPickUp
■[6993]EF81-95
■[8990]EF65-1019
■[8997]EF65-1118(冷改後の姿なので厳密には時代が合いません)
■[7131]EF62
■[3859]EF63
■[8987]EF65(501号機Hゴムがグレーの姿を代用)
■[7869]EF65-501(Hゴムが黒くなってからの姿)
■[9559]EF55(一番右が復活後の姿)
 
今回も夢空間の付帯シリーズというテーマだったりします。客車ゆえに機動性が高いというか、TV番組の企画列車として夢空間、レインボーとその中間に電源車として14系座席車、寝台車を連結したトンデモナイ列車が過去に運転されたとの事で、その画像をネットで見てタマゲたのですよ。
MeguriAiExp1993.png
再現してみました。(クリックで拡大)どちらも単体で十分派手なのに、合体したら最早カオスですよ。
要するに、コレをやりたいがために描きました。(笑
2017/05/01 00:00 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■最近の創作物から
trainswitch_bellswitch.jpg
↑発車ベルスイッチ風の何か
 
trainswitch_doorswitch.jpg
↑車掌スイッチ風の何か
 
trainswitch_speaker.jpg
↑ユニペックス小型スピーカ風の何か
 
…何やってんの、という感じでしょうが、これ等の3D作品は「ボタン」用の素材として作りました。
発車ベルのスイッチは首都近郊のJR駅で見られる春日電機製の防雨型動力開閉器…だったかと思いますが、スイッチがそれぞれ押された状態の画も作ってあります。同様に車掌スイッチも、上下スイッチが押された状態のコマを用意していて、ボタン付近をクリックするとjavascriptで画像が切り替わるぞ…というのを作っていました。素人が齧った程度なのでコーディングはクソですけど、一応動きました。加えて、HTML5に於けるAudio機能タグを絡めてjavascriptで制御してやると、ボタン押下のアニメーション(2コマですが)に連動して「音」が鳴るのですよ。コレは愉しい。
 
trainswitch_170409.jpg
組み合わせて、なんかカオスですけど、こういうのが作りたかったんですよ…。
音声はCD等から勝手に拝借してるので公開配布はできませんが、

↑こんな音が出てます。というサンプル。
(プレイヤーが出ない場合はコチラ)
背後にMG音が連続再生中、コンプレッサは手動で起動して30秒後に勝手に終了します。スピーカをクリックで接近放送、扉の開閉、発車メロディと戸閉放送です。これをNゲージの横でやります。(笑
 
ちょうど、Tomixから「TCSホーム用サウンドユニット」が発表され、加えて以前にあったKATOのポケットラインのサウンドバッテリーパックや、鉄道コレのサウンドユニットというようなアイテムが色々と頭を過り、自分に都合のいい内容のモノをデジタルで作れないかな…と、ぼんやり思っていた所にHTMLのAudio機能を見つけ、色々と試してる内にアレよソレよとJavascriptの泥沼に片足を突っ込んでしまいまして。今はマーキーの代わりにJavascriptを使ってTBを走らせる方向に脳味噌をコネコネしています。
あ、ちなみに、耳の良い人は判ったと思いますが、車両の音の正体は205系です。
 
img20170409_9002-.jpg
(特に意味はありませんが挿絵。)
 
以下のページはmokoの環境で動くかどうかテストしていたモノにちょっと手を加えました。他環境での動作を保証するものではありませんので、動いたらラッキー程度に思ってください。
 
JavaScriptで発車ベルスイッチごっこ-日向車両
 
JavaScriptで車掌スイッチごっこ-日向車両
 
「ファイル選択」の上下は、概ね判ると思いますけど、そのボタン付近をクリックした時にボタン押下アニメーションと連動して再生したいオーディオファイルを選択してください。
スライダは音量調節用です。デフォルトでは音量50%くらいになってるので、各々、適宜調節してください。
プルダウンメニューの内、車掌スイッチにある「車両型式」はmokoが用意したサウンド素材のプリセットです。基本はユーザ選択ファイルを参照するようになってますが、選択されてない場合は直前に選択されたプリセットを呼び出す仕組みです。初回は205系になっています。
「切替時間」はアニメーションのコマ切り替えまでの待機時間です。最大で0.6秒待機します。これはmokoのモバイル環境に於いては画像の表示が遅延したための措置です。マウス操作なら0.2秒(デフォルト選択)或いはそれ以下が気持ちいいと思います。
「ファイル形式切替」はデフォルトで用意してあるサウンドのファイル形式をwav、mp3、oggから選択するものです。先述のプリセット音源や、発車ベルで言えばスイッチのラッチ音(操作音)になります。ブラウザによって対応してる形式が違うんだそうで、デフォルトではwav形式を選択済みですが、再生されない場合は切り替えてみてください。それでもダメだった場合は残念ですね。
 
…そう、スイッチのラッチ音については少し周りを巻き込みましたけど、身近にあるものの中ではKATOユニトラックのポイントスイッチの音が一番ソレっぽいかな、という事に。あくまでmokoの主観ですけども。
AKAGI君からは「スイッチ自体は実物が売ってるから買ってきて録れば良いのでは?」と言われましたけども、ソレじゃデジタルで作る意味(場所を取らない、金が掛からない)が無くなってしまうので(笑
また、まつでん君からは「構造が近いんでは?」と、ラジカセのスイッチ音を厚意に甘えていくつか録って貰ったのですが、筐体の大きさ起因の反響具合の差であったり、録音機性能が良すぎて逆に誤魔化しが効かなかったりで、協力してもらっといて不採用というゲスの極みでした。まつでん君、本当ごめん。
2017/04/11 21:32 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■寝台特急北斗星
TrainBannerForum '17/3/3 UP
hokutosei.png
■[6068]北斗星 vol.1 カニ24-500 マニ24-500
■[7464]北斗星 vol.2 オハネフ25 オハネフ24-500
■[7465]北斗星 vol.3 オハネ25 オハネ24-500
■[7547]北斗星 vol.4 オハネ25-550 オハネ25-560
■[8826]北斗星 vol.5 オロハネ25-500 オロハネ24-500 オロハネ24-550
■[8827]北斗星 vol.6 オロハネ25-550
■[8828]北斗星 vol.7 スハネ25-500
■[8829]北斗星 vol.8 オハ25-500 オハ25-551
■[8965]北斗星 vol.9 オロネ25-500
■[8966]北斗星 vol.10 オロネ25-551 オロネ24-501
■[8967]北斗星 vol.11 スシ24-500
■[8968]北斗星 vol.12 北海道編成旧塗装(オロハネ25-550,スハネ25-500)
 
その昔、ブルートレインは宇宙だった…。(何のこっちゃwww
列車名に星の名を関したブルートレインは過去にもいくつかありましたが、夜と共に走る性格上、或いは群青の車体を闇夜に見立て、流るるラインは星の瞬きの如く…そして国鉄民営化の翌年、海峡を超えて北の大地へと繋がった青函トンネルを走る一本の流れ星…北斗星です。豪華寝台特急の名を欲しいがままに、真紅の機関車と群青のコントラストも美しく、スターダムを駆け抜けました。そんな時代もあったよな…ちょっと美化し過ぎですかネ。
夢空間の随伴用のハズが、気づけばかなり手が掛かってしまいましたが、ウィキペディアに記載されてる北斗星客車形式は全て網羅しました。前回作品のような中途半端さはありません。ほぼ全時代の編成に対応できるハズです。Hゴムの灰色/黒色は時代により変動はありましょうが、比較的初期の頃を目指しています。
 
以下解説。
続き
2017/03/04 05:17 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■夢空間
TrainBannerForum '17/3/1 UP
EF81-95a.png
■[10970]夢空間
浮世離れしたカラフルな外観に、車内は高級デパート等によるプロデュース、まるで夢のような空間が広がる…当時既に豪華と謳われた寝台特急「北斗星」の好調、そして'88年にイベント来日したオリエント急行にも影響され、次世代の豪華寝台特急の模索のために'89年に試作されたのが「夢空間」ことオロネ25-901、オハフ25-901、オシ25-901です。実は民営化後に新造された24系客車としてはこれらが唯一のものでした。(改造車は数多くあれど。)
 
Osb25-901_1.gif
オロネ25-901デラックススイーパ
A寝台の2人個室が3部屋だけ…昨今でこそクルーズトレインとしてこの手の車両は見慣れてしまった感がありますが、登場当時としては唯一無二の破格な存在だったことは言うまでもないでしょう。
 
Of25-901_1.gif
オハフ25-901ラウンジカー
外観はオリエント急行のプルマンカーにインスパイアされたオシャレな配色。車内はソファにバーカウンターそしてピアノまで。知性と品格の空間がテーマだったそうで、ニューオリンズの音楽でも聞こえてきそうな、そんなイメージです。
 
Or25-901_1.gif
オシ25-901ダイニングカー
大きな窓によって優れた眺望、開放感を演出した食堂車。車両中程には個室もあります。厨房部分の外観意匠は国鉄時代のオシ24に通じる部分が見受けられます。厳密には緩急車ではありませんが、編成端となる食堂室側には標識灯が備えられています。上野推進時の前灯?と一体ケーシングされたデザインで、従来客車の顔つきとはやや異なる印象も受けました。
 
これ等は既存の24系寝台や14系などに連結して運用するのが前提になっており、「夢空間」単体では運用できません。最低限「電源車」は必要です。(笑)また1編成しか仕立てられないので扱い上はジョイフルトレイン等と同じく不定期に運用されていましたが、そもそも車両の性格上、運用頻度は低かった印象です。ただし、各種イベントに於ける展示では特別な存在感を放つため常連でしたネ。
次世代「北斗星」としての計画は後年のカシオペアに繋がり、そして現在では北斗星もカシオペアも定期運用を終えましたが、そのイズムは昨今のクルーズトレインへと受け継がれています。夢空間自体も既に引退しましたが、幸いにも3両とも線路から降りて静態保存されているとの事です。
続き
2017/03/01 01:37 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。