■GMエコノミーキット西武101系
去年は新2000系を作ってましたが、今年の春頃にソレを見た模型仲間から「10年寝かせた塗装済みキット組んでくれない?」と、タミヤの流し込み接着剤(緑キャップ)をお駄賃に頂いて、ソレ以降チョットだけ工作熱に火が点いてるっぽいmokoです。今までプラモの接着剤はオレンジの六角瓶しか知らなかったので…。ちなみに、その寝かされていたキットも奇しくも新2000系でした。あの透けたような黄色の塗装が懐かしくありましたが、10000円近いのに妻面などに吹き残しが多くてゲンナリしますな…外箱が共通タイプでしたので後年のものと思いますが。

img20191221_8003-trim-edit.jpg
で、一応moko的にはGMエコノミーキットの編成モノの2作目になります。前回以上にボッテリ筆塗りで、とても近くで見れたものではないですが、肉眼で遠目に走ってるのを見ている分には、ギリギリ誤魔化せるかなぁという感じです。多分、眼が悪くなってきたのでしょう。(笑) 模型を始めて間もない頃、今はなき(お惣菜屋になってしまった)オカノホビーのショーケース中段に飾られていた西武101系に焦がれ、当時(20年くらい前)はメーカー完成品が出る雰囲気は全くのゼロでしたから、欲しくともキット自作しか入手する手段は無かったワケです。出来はどうであれ、今回ようやく手に入れることが叶いました。嬉しいなぁ。長かったなぁ。

SN3V7328-.jpg
前回同様、定石を無視してランナー状態で一通り塗ってしましました。この「塗装済みキット」感がスキなんですよ…。側面には塗り分け線がモールドされていますが、妻面にはないので、適当に塗っておいてハコにした後でタッチアップして辻褄を合わせました。使用色はタミヤのアクリル瓶、XF-3フラットイエロー、X-11クロームシルバー、窓まわりはちょっと濃いなぁと思いつつXF-57バフをチョイスしました。実物はもっとグレーっぽい感じなんですよネ…大袈裟に言うと、XF-20ミディアムグレイでも良かったくらいに。屋根色は前回使ったダイソーのダークグレーに近くなるように、いろいろ試した挙げ句にXF-54ダークシーグレイ(20年モノ・爆)とXF-19スカイグレイを3:2くらい(多分)でテキトーに混ぜました。床下はダイソーで売ってるグレーのラッカースプレーですが、吹き方をやや斑にすると梨地若干ツヤ程度に抑えられます。無線アンテナは若干青味というか緑味のあるようなXF-66ライトグレイで塗ってみましたが、あんまり効果ないですね…。屋根上の塗り分けは、こんなんじゃなかったっけ?と思いながらぼんやりとテキトウに塗ってしまった後で実物の写真を確認したら全然違っていたでござる。まぁ良いや。
続き
2019/12/23 20:28 | 模型 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■ニュースーパーあずさ
TrainBannerForum '19/10/20 UP
jrE353x12_1.gif
この数年、TB新作が年1ペースになってしまってますが。(
■[10998]JR E353系 vol.1
■[10997]JR E353系 vol.2
■[10996]JR E353系 vol.3
 
今般の台風は各地に甚大な被害をもたらしていますが、伴って鉄道も不通になったり運休になったりしています。中央線も特急が運休になっていましたが、何でそんなタイミングで絵を描いてるんだよ…一応、お見舞いのつもりです。どうにか頑張って復旧して下さい。中央線に限らず、というか鉄道に限らず全般です。
ニュースで見る限り、一番ヤバそうなのって箱根登山鉄道じゃないかなぁと思うんですが。まぁ、今の技術なら昔ほどの「難工事」にはならないのかも知れませんが、線路を通すのに適した地形ではないことだけは確かです。他の被災した地方ローカル線も含めて、このまま廃止になっちゃうと寂しいですが。
 
閑話休題、E353系も新型特急だと思っていたら、いつの間にかE351系もE257系もこれに置き換わってしまったというので、どんだけ疎いんだよ。E351系に倣い振り子…ではないにしろ車体をバンクさせて曲線でも高速走行するタイプの電車です。空気バネによる車体傾斜を行うもので、潤沢に圧搾空気を使うからと、スーパーあずさ運用のフル編成時、つまり12両編成中11両にコンプレッサが装架されています。何じゃそりゃ。床下機器を眺めてみれば空気タンクばかりです。床下の艤装が中々にギチギチなので空気タンクは殆どが枕木方向に付いてます。また、モハ車床下でひときわ目立つ網カゴはブレーキ抵抗器のようです。
 
編成は基本9連と付属編成3連からなります。増結時はE351系と同じ12連ながら、基本編成単独ならE257系基本編成と同等になるため、E351系の中途半端さが解消されたという感じですかね。付属編成は単独での運用も可能で、かいじ号にくっついて大月で切り離し、富士急行に乗り入れるのだとか。もう大糸線乗り入れとかやらないんですかね。
近年の車両にしてはちょっと格好いいかも知れない、と思ってしまいました。高運転台で前面貫通構造という「エル特急」の系譜であり、その共通項を持つハズのE259系ニュー成田EXPが格好良くなればこうなるんだろうな、という感じです。塗装の妙もあるのでしょうけどね。鉄道車両のデザインなんて紙一重ですから。まぁ、E259系も見慣れてくると何とも思わなくなってくるので不思議なもんです。
2019/10/22 05:57 | TB:近作紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D(超軽量版) JR205系
相変わらず配布の目処は立ちませぬ。結構面倒なんだぜ。(
 
211系の次は205系と相場が決まっているのです。いや、実物の登場順は205系のほうが先でしたが、界磁添加励磁制御自体は元々211系での採用を目指して開発検討されていた技術で、ソレを205系に転用して先に出してしまったのだと云います。同じような例としては189系も耐寒装備だけ抽出して183系1000番代として先に出てしまいましたが、本来は横軽協調の189系がオリジナルなんだそうで、その関係に似ていますね。
その205系です。拙作立体物TB3Dとしては3代目になります。211系と同世代の通勤型として並べたかったというのもありますが、何だかんだで好きな車両なもので、そして前回同様VRM初代ラインアップにも205系が居ます。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181104_001.jpg
先頭部の寸法は実物から抽出、というのは軽量版209系、101系でも実践しています。ドット絵そのままの側面に引っ張られてどうしようもない時もありますがね。パノラミック窓とか帯とか。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181105_002.jpg
既存の211系のパーツが大部分で流用可能なので、新たに作る箇所は限られます。とりあえず外枠の出来上がり。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181106_003.jpg
先頭部ランプの表現は、流石にコレではなぁ…。そう言えばプラレールのギンギラメッキの205系はテールランプこそモールドでしたが、ヘッドランプは帯とともにシールだったような。全身オレンジ色で中央線というのが昔家にあったような。ニシキのミニ電車(顔から後は103系だったけど)は、どうだったかな。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181107_006.jpg
という事でランプ類を立体化して先頭車両の完成。連結器胴受けから下に向かって生えてる1pxの線はATC車上子フレームのつもりでしたが、余計な表現と思い最終的には消しました。ただでさえ薄っぺらい表現の足回りで、スカート無しだともう少し工夫が必要だったかなぁとは思います。後で少しイジリますかネ。
 
img_jr_Tc205-51_nuv_20181107_007.jpg
山手線の205系といえば6ドア車は外せません。受信アンテナも一応表現しています。屋根にも一応配管を描いています。他の箇所はビードが伸びているだけなのでテクスチャはストッレチさせていますが、モハ205のパンタ周り同様にこの辺りは等倍で描いています。


trim_jr_205-51x11_1-rq2.jpg
trim_jr_205-51x11CurveR_0-rq2.jpg
編成してレンダリングしたものです。11両編成で2228△。JRマークが無いのに6ドア車連結なんて…という実物忠実至上主義は遠の昔に捨ててしまったので、個人的にはどうでも良いことです。JRスカートを作るだけのテクスチャの空きはありますが、とりあえず先延ばしにしています。
 
■ピクシブ
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71704918
▲ニコニ立体
https://3d.nicovideo.jp/works/td51146
 
続き
2019/08/01 02:30 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■TB3D(超軽量版) JR211系
いい加減配布再開しろよという意見があるのかも知れませんが、知ったことか。
 
前回国鉄101系の翌月、つまり10月頃ですが、何を血迷ったか更なるローポリ指向…3桁以内じゃ飽き足らず、500△以下へと目標を変えました。485系の時に触れた試作版(207系)に産毛を生やした程度で完成とせよ、元がドット絵なんだからもっとドット絵感強めで立体化するべし、という謎の''脳内御達し''です。
 
img_Mc211-1001_nuv_20161006_002.jpg
これが2016年時点、JR207系と、何故かE233系と並んで作ってみていた211系の試作版。E233の方は完全に頓挫中です念の為。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181020_003.jpg img_Mc211-1001_nuv_20181022_004.jpg
2年経って作成再開したボディ。側面はTBそのまま、前面もヘッドランプ以外は解像度が同じ。前面貫通扉窓がこの頃は大きいのですが、あとで修正しています。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181028_014.jpg img_Mc211-1001_nuv_20181025_009.jpg
クモハ211の完成。装備の関係で雛形とするため最初に作りました。屋根上は解像度そのままでは表現がツライものが多かったので、それでも2倍程度ですからパンタグラフはとってもギザギザしてます。真正面から見ると消失するヤツです。畳めはしませんが、ポリゴン数はかなり削減できています。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181026_012.jpg
暖地仕様も一緒に作っています。2階建てサロの製作途中。
 
img_Mc211-1001_nuv_20181028_013.jpg
サロ213の完成。平屋の車両よりも少ないポリゴン数で出来ており、最も少ないサロ212で168△です。その分、連結器もありません。連結位置の目安に頂点だけ配置しています。ポリゴン数云々という時にはこの頂点(1ポリゴンに換算されるっぽい)は含まない数値です。特に意味はありません。
 
trim_jr_211-1001x5_2-rq2.jpg
trim_jr_211-1x15CurveJR0-rq2.jpg
編成にしてレンダリングしたものです。東海道線の15両編成でも3295△ですから、軽量版209系の10両編成(4258△)よりも少ないポリゴン数で出来ています。その分色々とペラペラではあるのですけど。
 
■ピクシブ
0番代→https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71567825
1000番代→https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71428722
▲ニコニ立体
0番代→https://3d.nicovideo.jp/works/td51121
1000番代→https://3d.nicovideo.jp/works/td51125
続き
2019/06/18 03:21 | 3D雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
■レイワ最初の投稿
と言っても生存報告だけなんですけども。
SN3V6605-.jpg
残念ながらこの写真は去年の撮影です。
あからさまに何かビョーキってワケでもなさそうながら、絶好調とは程遠い体調でこの数ヶ月を過ごしています。
医者からもらったレシートに「平成」ではない年号の元年と記されているくらいしか、改元の意識もないのです。
 
我ながら何やってるんだろうなぁ、という事がここのところ多くて、情けないようなツライような日々です。
頑張らなくてはいけないのです。
 
趣味サイドでは相変わらず過去のみを追っています。今の事象には相も変わらずとんと疎い状況にあります。山手線は205系じゃないのか、とか言い始める始末です、というのは嘘ですが、もうそろそろE231系も置き換わっちゃうんですかね。またどこか放浪したいけど、お目当てのデンシャが居ないんじゃなぁ…という堂々巡り。
 
行きたい場所は概ねまわってしまったなら、荷物を置いて虹の向こうへ行かねばなりません。
そんな歌が昔にあったのです。
続き
2019/06/16 05:47 | 電波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑